錆との格闘・・・・MBX50F復活への道 #6

August 21 [Tue], 2012, 15:23
あついに夏休み終わってしまいましたね今日からまた普段の日常生活皆さん夏バテしてませんか今週もがんばりましょうこの連休ホントどこにも行かず、TLすら触らず乗らず乗れず行ったのは、ホームセンターくらいひたすらMBXやってましただって、TL乗ろうにもこの状態文字通り足の踏み場すらない状態当然TLを引っ張り出すには20分くらいかかりますこの状態を回避するには、MBXを片付ける必要大有りなのですほぼ朝一からきっちり日暮れまで、8日間我ながらあきれるほどやりましたここらは、まだ梅雨どき仕事後にチマチマ進めてたヤツステム廻り修正ホイルハブ塗装写真ないけど、FRフォークボトムケースの錆との格闘再塗装も本体の修正と同時進行でやってた小部品修正ウインカーもこの通り他にもほぼ全てのパーツ類の錆との格闘蚊とも格闘しながらやってましたスイングアームリンク廻り元の状態26年の歳月がココにこんな状態から、よくぞココまで感慨ひとしおなのですスイングアーム錆落とし防錆塗料注入サフェーサースイングアーム完成つぶやきで披露した部分ですが、皆さまの暖かいコメントが作業への活力になりましたありがとうございますレストア着手前のフレームとエンジンの状態酷すぎる一見大した事ないかなとも思ったけど、溶接痕やブラケットなど細かい部分は悲惨エンジンもアルミ錆と鉄錆の融合なかなか芸術的なヤレ方ですこいつらを修正していきますフレーム錆落としフレーム防錆塗料注入純正カチオン塗装の皮膜は丈夫なので、使える部分はそのまま残し錆が浸入した部分は徹底的に削り落とし、防錆塗料特にブラケットの隙間や溶接痕には丹念にフレームサフェーサーフレーム再塗装こんなお手製塗装ブースも作ってみました丹念にやったつもりですが、あせる気持ちから厚塗りになったりボツボツが出来たりまぁそこそこの出来ですエンジン錆落としと塗装準備エンジン塗装外せるパーツは外してマスキングして、ブラシサンーとワイヤーブラシでガリガリゴシゴシ後は耐熱塗料をプシュっと粘度が高いので、乾燥に4日でもまだ芯まで乾いてないので、完成したらエンジン回して完全乾燥せねばキャブレターBeforeAfter当時のKEIHINのロゴってこんなだったのね中身もちゃちゃぁって洗っておきましたさて連休最終日さよなら夏休み気分で組み立てに移りますスイングアーム完成ステム廻り小組リンク廻りがエエ感じパー歳の差結婚も新同新品のステムレース打ち込んで、ベアリングも新品MBXは普通のボールベアリングですが今回は、NSRのガイド付きを入れてみましたこれでバラバラになりませんスイングアーム取付FRフォーク取付フレームに外傷つけない様吊るし作業物干し竿だけど実際の組立ラインもフレームをハンガーに固定し組立てていきますFRホイル取付RRホイル取付ようやくバイクらしくなってきました写真の日当たりというか日陰な感じに時間の経過を感じる足廻りは事前に仕上げてたので、ほぼ組み込むだけと思ってたらアクスルシャフトやカラーの錆落としをやってなくて大慌てでギュイィンエンジンドッキングとその代償バラす時は気を使わなくて済むけど、フレームにエンジン載せるのは大変でしたCB系みたいに下から入れれないので、どっこいしよと抱えて横から入れて腰が悲鳴をあげます気を使いながらやったけど、塗膜の厚さでブラケットの隙間入らず案の定外傷発生そしてなんとなくバイクの形になりましたまだまだ完成には程遠いけど一週間でここまで出来たのでヨシとしましょうせっかくここまでキレイになったけど、倉庫保管ができないのが辛いところです他にもまだ問題山積なので、一つづつ解決しながら完成を目指しますパィインと走り出すのはいつになるやら今回も長くながくなってしまい申し訳ありません写真1不動のXE75と共にこいつも復活させねば写真2小部品修正地道な作業です
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:xvasbt172b
読者になる
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/xvasbt172b/index1_0.rdf