一般的に葉酸を摂るのが一番必要な時期は妊娠して最初の3ヶ

April 28 [Thu], 2016, 9:29

大学の友達と久しぶりに集まったのですが、その時に葉酸サプリの話題が出ました。







一番良いのはどこだろうという話になって、その友達はベルタが販売している葉酸サプリが一番良いらしいって教えてくれました。







葉酸サプリは、妊娠中だけじゃなくて妊娠前から飲んだほうが効果が高いと知っていたので、その友達に教えてあげました。







友達には、いつも笑っていてほしいから、赤ちゃんを無事に出産してほしいと思います。







知ってのとおり、葉酸はDNAの合成をするほか脳や神経を作るとされ、赤ちゃんには必要な成分とされているのです。







今現在、先天性の異常の危険を減らすとして、世界の中でその摂取について指導勧告しているのです。







妊娠時、必要量は、0.44mg、授乳中0.34mgとしていますが、過剰な摂取は注意しなければなりません。







妊娠活動を始めたその時に私(女性)に効果があるという事で葉酸とマカを夫は(男性は)マカと亜鉛が良いという事で、二つのサプリを飲むようになりました。







葉酸という栄養素は妊娠した場合に、妊娠初期の赤ちゃんの神経を育てるのに役立つ大切な栄養素で、マカは生殖機能を助け、活力を増進させ、亜鉛を取り入れることで精子が増えたり活力増強の為に効果があったので、スタートしました。







サプリを飲み続けて6か月で、自然妊娠成功です!ところで、葉酸とはどのような栄養素なのでしょう。







葉酸は、ビタミンBの一種で、ほうれん草やブロッコリーに多く含有する栄養素として知られています。







妊娠初期の妊婦にとって、葉酸は大変重要な役割をもっている栄養素です。







流産や赤ちゃんの先天異常といったリスクを下げてくれるとの研究成果が出ています。







厚生労働省が推奨するように、妊娠初期の女性は一日当たり400μgの葉酸摂取が推奨されています。







また、厚生労働省が推奨するようにサプリメントを活用するのも良いと思います。







葉酸は食品の中に含まれる栄養素ですから、妊婦の方の中でも自然な食べ物を通して摂取しようと葉酸をふんだんに含んでいる貝類やホウレンソウ、またはレバーといった食品を、積極的に食べているという方もいらっしゃると思います。







ところが、葉酸は加熱すると溶け出してしまう性質を持っています。







そのため熱を加えてしまいますと葉酸が流れ出して無くなっていることもあるため、一日の理想的な葉酸の摂取量を食べ物で補おうと思っても、調理の方法によっては葉酸が不十分かもしれませんので、気を付けてください。







葉酸は、妊活中や妊娠初期の女性に不可欠な栄養素だという事は、みなさんご存知かと思います。







しかし、どれだけ大切な栄養素でも、摂取する量には気を配ってください。







なかでも、サプリによって葉酸の摂取をしている方は特に注意が必要です。







なぜならサプリは普段の食事から得られる葉酸よりも、はるかに高く入っているため、既定の容量を厳守するようにしてください。







葉酸が過剰に体に蓄積されることで、胃腸が影響を受けるために、主に食欲不振や吐き気といった副作用があらわれることがあります。







胎児は喘息を発症するリスクが上がるという報告があるようですから、適切な量の摂取を守るようにしましょう。







実は妊婦にとっての必要な栄養素は葉酸なのです。







葉酸が不足していると子供の脳や神経系に障害が残る危険が格段に大きくなります。







実際、いつまでに葉酸を摂取すればよいかとなると、脳や神経を作る時期は妊娠してから3ヶ月以内となっているため、この時期に葉酸を摂ることが必要です。







私が以前友人に教えてもらったピジョンの葉酸サプリは大変良いサプリです。







妊娠中に摂取しなければいけない栄養素を補給してくれるのです。







さらに、ずっと困っていた冷え性も改善してきたようなのです。







葉酸サプリは赤ちゃんにいいときいて、飲み始めたのですが、私の体調にも良い影響が出てきたので、産まれた後も飲み続けるつもりです。







いまは待望の赤ちゃんを妊娠していますが、半年前までは不妊治療で通院していました。







不安に思い始めたのは結婚から2年目くらいですね。







タイミングがわかるよう基礎体温アプリを使ってみましたが、一向に妊娠の兆候が見られなくて、同年代のご夫婦が子供を連れてる姿を見るたびに、焦ったり悲しかったりでした。







ウィメンズクリニックでは多嚢胞性卵巣症候群と診断され、担当医の指導を受けて排卵誘発剤を使ったのですが、嬉しいことに基礎体温表をつけていたのもあり、比較的早く赤ちゃんを授かることができました。







薬も効きましたが、原因がわかってホッとしたおかげもあるでしょう。







お腹の中で、胎児は目覚ましいスピードで細胞分裂を繰り返しながら成長します。







ここで葉酸が大切な働きをするので、妊娠初期に葉酸が必要不可欠だと言われるのです。







葉酸は食品に含まれているほか、葉酸のみを抽出したサプリ等も販売されています。







ですが、この葉酸は単体では吸収率が低下するという特徴があるために、様々な栄養素を含有した、総合サプリメントによる栄養補給がお勧めですね。







しかし、不足しがちな栄養素を考慮した時に、葉酸のほかに一体どのような成分が必要なのか判断の基準がつかず、困ってしまうという方も居ますよね。







総合サプリで何を選んだらよいのか分からない、という方は、信用できる赤ちゃん用粉ミルクの成分を目安に、総合サプリを選んでみることをおススメします。







今の時代、不妊に悩む夫婦は、夫婦の10%ほどと言われています。







不妊治療にチャレンジしようというときに、悩むのが金銭面です。







地域によっては、助成金を請けられる例もあるので、ぜひ申請しましょう。







申請事項が異なりますから、住所を置いている都道府県のサイトなどをチェックしてみてください。







妊娠の初期に葉酸が不足しがちになると、胎児が育つ上で影響が出ることは広く知られるようになってきています。







ですが、取りすぎてしまった場合のことは思ったほど知られていないように思います。







どうも蕁麻疹や発熱を起こしやすくしたり、子供が成長したときに、喘息で辛い思いをする確率を高めてしまったりするようなのです。







今後は葉酸の取りすぎにも、注意が必要になりますね。







皆さんは「妊娠したら、まず葉酸」という言葉をご存知ですか?近年、胎児の成長に重大な働きをもたらす葉酸に注目が集まっています。







厚生労働省が推奨するように、妊娠における葉酸は重要な働きをする栄養素なのですが、もし葉酸が不足してしまった場合、どのようなリスクがあるのでしょうか。







葉酸の働きとは、細胞分裂を促すものです。







これが赤ちゃんに不足してしまうと、先天異常を発症する可能性があるという研究結果が報告されました。







また、葉酸の摂取は、ダウン症予防にも効果があるので、葉酸の摂取が十分に行えるよう、気を付けてみてください。







妊婦が積極的に摂るようにすすめられる葉酸ですが、熱により栄養素を失われてしまうので、調理をする場合には気をつけることが求められます。







調理するプロセスで長い時間熱を加えてしまうと、ミネラル分、栄養素は半分に減ってしまいます。







熱を通す時はぱっと湯通しするだけにするなど熱の加えすぎに注意することが重要だとされています。







私自身、毎日葉酸のサプリメントを飲み続けています。







少しも難しくありません。







サプリの大きさは飲みやすい大きさなので、多めのお水と一緒に飲むだけで良いんですね。







ニオイなども飲みやすいものですし、忘れてしまわないように気をつければいいのが気に入っています。







赤ちゃんのために葉酸を摂取しているのですが、体のためにもなるということなので、今後も続けて飲んでいきたいです。







一般的に葉酸を摂るのが一番必要な時期は妊娠して最初の3ヶ月です。







ですので、妊娠したのに気づいてから、「葉酸とれなかったわ。







」と後悔する母親も多々います。







そんなことにならないように、妊娠を望んでいる方は日々葉酸を摂ることを推奨されています。







「葉酸」はビタミンの一種ですから、ビタミンを多く含んだ食べ物には「葉酸」も多く含まれています。







フルーツの中では、イチゴが有名です。







あまり耳馴染みが無いかもしれませんが、ライチも葉酸の含有量が多いと発表されています。







それ以外では、アセロラや柿、キウイフルーツもそうですね。







柑橘類も葉酸が豊富な事で有名です。







十分な葉酸を簡単に摂取するためには、ジュースになったオレンジを飲むなどして葉酸を補っても良い方法だと言えますね。







妊娠したその初期段階で摂ることを勧められる葉酸。







ですが、この時期は胎児の成長(細胞分裂)が活発に行われている時期であるため、欠かせません。







足りないと胎児の背骨の形に異常が出てしまう二分脊椎など胎児の成長に大きな作用を与えてしまう可能性があります。







1日の摂取量はおよそ400ugと言われています。







妊娠中だけでなく、妊活中の方に対しても、厚生労働省の勧告により、葉酸の適切な摂取が求められています。







細胞分裂が行われる、妊娠初期に葉酸が欠乏してしまうと、細胞分裂が正常に行われず、胎児に神経管閉鎖障害などの先天異常があらわれるリスクが高くなるという話があります。







こうした事を踏まえ、妊活の段階から妊娠初期の、葉酸が不足しやすい時期には、食事で摂ることの出来る葉酸が不足しないよう、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。







不妊治療そのものに疑念を抱く人もいることでしょう。







また、不妊治療は特別に不安がなかったとしても、不妊治療にかかるお金が負担になってスタートさせられなかったり、長期に渡っては不可能なこともあるのではないでしょうか。







それが、タイミング治療の場合には、それほどコストがかかりませんが、人工授精や体外受精を受けるとなると、沢山の費用が必要となってしまいます。








三十路チャイルド
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:xupv37z
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/xupv37z/index1_0.rdf