背後

July 30 [Tue], 2013, 11:53


重苦しい六時間の授業が終って、侃は一人で校門を出る。アシックス スニーカー
午後三時の秋の陽光(ひざし)が、静かな狭い小路の屋根や柳に懸ってゐる。アシックス シューズ
ここまで来ると、彼は吻とするのだ。アシックス ランニングシューズ
或る家の軒下には鶏が籠に入れられて、大根の葉を啄んでゐる。向ふの日棚では赤い縁の蚊帳が乾してある。アシックス オニツカタイガー
だが侃が今歩いてゐる左側には、昨日の雨に濡れたままの、苔をつけたコンクリートの壁が、まだ暫くは続いてゐる。壁越しに見える校舎の亜鉛の棟の尖端が、まだ彼の視野にある。さうして、彼がまだすっかり解放されきらないうちに、意地悪く背後から三人の同級生によって追付かれた。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:xuex730
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/xuex730/index1_0.rdf