幸福とは? 

June 24 [Tue], 2008, 16:46
つい先日ダウンタウンを何の気なしに歩いてたら、劇場の前のポスターに釘付けに。

そう、そこには、我がアイドル、神、カリスマ・・・のALICE COOPERのポスターが。



なんと、9月にバンクーバにSHOWをしにやってくるんですよ。

生きててよかった〜〜〜!!!

なんて、織田ゆうじばりに感激しています。

アリスのことを考えるだけで今からウキウキしてしまいます。

そういえば、こんなウキウキ感最近経験してなかったなぁ。

つい先日も、シャギーと「年を取るにつれて、ウキウキしたり感激したりすることが少なくなってきた」なんて話していたばかりでした。

なのに突然降って沸いたこの幸福感(はたまた恍惚感)。この心を動かすパワーの秘密に迫りたくなってきました。

話は変わり、昨日友達と話していて、彼女が私に聞きました。
「貴方にとっての幸せとはなに?」

ちょっと考えたのですが、やはり答えは、アリスのショウが見れること。と答えました。

なぜなら、たくさんの幸せの元、例えば、お金を得ること、いい仕事を得ること、いい友達と出会うこと、旅行にいけること、おいしいものを食べること、パートナーといい関係でいられること、知識を得ること・・・などは、幸せの元であっても、アリスほどの即効性のある、幸福感(高揚感)を作り出すとは、別のモノのような気がします。

そう考えると、私が定義する「幸せ」とは、即効性のあり、感覚的に経験するモノのようです。そう定義すると、ドラッグに近いような気もします。ただ、ドラッグは、完全に感覚に頼って、恍惚感を味わうものなので、そこに核となる幸せの対象物(アリス)がない。思うに、核(アリス)がなければ、私の今の幸福感は作り出せないと思います。
いわば、ドラッグを使わず、ドラッグのことを考えるだけで、幸福な気分にはならないということです。

ちなみに、その友達の幸せとは、「チキンと愛」だそうです。
だから、自分の愛する人がKFCの袋を持ってたたずんでいたら最高なんだそうです。

これまた、私とは全く違う、もっと複雑そうな幸せの定義のような気がします。

私の幸せの元、アリスのショウを見れるのはめったにないのに比べて、彼女の幸せのチキンは、近所のスーパーで簡単にいつでも手に入ります。 そんな幸せの元が手の届くところにいつもあってうらやましいなと思う一方、そんなに簡単に手に入るなら、幸せの定義自体が、チープになってしまわないかとも思いました。

それに、彼女の幸せの定義をもっとも複雑にしているのは、この「愛」です。これもまた、幸せの意味自体あいまいなのに、それの100倍くらいあいまいな「愛」が彼女の思う幸せとは・・・難しすぎてそれ以上は突っ込むことはできずじまいでした。

anyway、結論としては、

幸せの定義は人それぞれ違うということ。

私が定義する幸せとは、理想とか論理的に説明できる状態ではなく、もっと感覚的・体感的なもののようです。

発見

私の幸せの定義はわりかしはっきりとしているので、意識的に幸せの状態を作るように努力することが可能なのかな?と思いました。

SMAPの「そのまま」 

April 07 [Mon], 2008, 6:49
http://ca.youtube.com/watch?v=H_d0eSWCguY

SMAPの新曲、「そのまま」。もう聴きました?
私なんか初めて聞いたときから気に入って何回聴いたかわかりません。
めちゃめちゃ、あったか〜い曲じゃあーりませんか。
山崎まさよしの「セロリ」以来の、SMAPの大好きな曲です。


音楽ビデオも、水色にハートが飛び交って雰囲気ぴったり。
SMAPメンバーでない男優さんをメインに使っているので、曲のイメージの普遍性が保たれててマル。(メンバー使っちゃうと個性が強すぎて、キムタクの歌・香取君の歌とかになっちゃうから。)
最近、気がつくと鼻歌交じりに、「そのままぁ〜あなたがぁ〜」と歌っています。

5人それぞれの声の個性が違っていいなと思う。
私のお気に入りは、つよぽんのささやくような優しい声。
中居君・・・も、彼なりにがんばってるよ〜(笑)

まぁ、SMAPもこんなステキな曲を歌うためには、「Dear Women」のような駄曲もガマンして歌わなきゃいけないのよねぇ、なんて(笑)
今年の結婚式なんかでたくさん聴くことができるんじゃないでしょうか。

男の子が恋人を想っている状況が唄われていますが、「僕が・君が」と唄ってても、性差を感じさせないなぁと感じました。つまり、女の子が男の子を想って歌ったとしても、しっくりいく気がするんです。

私はもっぱら「そのまま」を鼻歌まじりに、猫のブラッキーにささげています。「そのまま〜、ブラッキーが〜傍にいるなら〜」って。 でもよくよく歌詞をじっくり吟味すると、ホントにしっくりくるんです、猫に。。。

例えばこの辺
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いつか君が話してたね、こんなこと
「2人の距離が近づくたび怖いの」
別れの無い出会いだって約束するよ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最近になって、均等に甘えてくるようになったけど、前まで甘えにばらつきがあったり、甘えている最中でも、急に緊張したりしてました。まるで、あんまり甘えすぎてもまたよそに里子にだされるかもしれないから、安心できねぇと言われているみたいだったので。

猫までも対象となってしまうって・・・

猫、とまでいかなくても、親が子供にささげている歌にも聴こえる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
君からもらった雪(勇気)の代わりにさ
僕の愛をあげるよ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このフレーズなんか、小さい子が雪の日外で遊んで、家にかえって「ハイ、あげる」って手のひらに握った雪をお父さんにさしだす情景なんか浮かんできちゃう。
「勇気」を「雪」と表現するところなんかもにくい。「勇気」と「愛」だと重く聴こえちゃうけど、「雪」と「愛」って、バランスがいい。少し軽くなって現実に近くなるから、想像がどんどん広がる。

メロディもステキだし歌詞もいい、また、山崎まさよし系のミュージシャンが曲提供したのかなぁ・・と調べてみると、曲を提供したのは、「Monkey Majik」というバンドみたいです。
しかもびっくり、日本のバンドなのにカナダ人が二人いて、それもボーカル?!
お〜、ちゃんと日本語で歌ってるよ〜カナダ人!
http://ca.youtube.com/watch?v=_ylUfRrL0Ok

ますます「そのまま」に親近感をおぼえた次第です。





赤毛 

April 06 [Sun], 2008, 18:04
今朝の出来事

前回、髪を赤に染めたんです。(赤を使っても明るい茶になる程度ですが)
で、なかなか気に入ったのでもう一度と思い 「また、赤に髪そめなきゃな〜」と何気に言ったら、シャギーが異常に反応するではないですか。

どうしたのかと思ったら、そのとき見てたウェブサイトがコレ
http://www.dailymail.co.uk/pages/live/articles/news/news.html?in_article_id=400779&in_page_id=1770

しかもそこには、
「女性が、他の色から赤に髪を染めるのは、彼女が新しいパートナーを求めているシグナル。すでに彼がいる女性であっても、赤に染めることで相手に自分が今の関係に満足していない、もっといい相手を探していると暗に伝えてることになる。」

・・・だって。
タイミングのよさもあって、朝から大爆笑。

赤毛って昔から嫌がられている色だけど、私はブロンドより好きかも。
私の大好きな赤毛のアンも赤毛だし、デスパレートハウスワイブスのブリーも赤毛で、魅力的なんだな、これが。



日本のSMAP-TSUBAKIvs世界の坂本龍一-ASIENCE 

February 29 [Fri], 2008, 16:16
TSUBAKIの「わかりやすさ」「身近さ」はCMの楽曲にも表れています。
ASIENCEのCMと比べるとその違いは顕著です。
ASIENCEのCMに使われているは、歌詞の無い坂本竜一の幻想的なメロディ。
ASIENCEが訴える東洋美、高級感に沿っており、世界に通用するアジアの音楽という点でも坂本竜一のチョイスは必然だったかと思います。

一方、TSUBAKIのCMは、SMAPの「DEAR WOMAN」
なんとまあ・・・この選択には、あっぱれ。

SMAPといえば10年以上も人気継続中の日本のスーパーアイドル。
SMAPって、とても大衆的じゃないですか? 歌唱力は平凡(中居君にいたっては騒音w)だし、お笑いはするわ、料理もする。メンバーのキャラも多種多様でキムタクがいればつよぽん(ちなみに私はつよぽんが一番好き)もいる。ほとんどの世代での認知力も抜群だし、TSUBAKIのターゲットであろう、20、30代女性には、ファンでなくたってSMAPには馴染みがあると思います(好き嫌いは別として)。

さてこの「DEAR WOMEN」は、TSUBAKIのCMの為に企画された楽曲のようです(http://www.oricon.co.jp/news/ranking/21632/)。つまり、作詞家が、資生堂から依頼されて書いた詩がDEAR WOMANなんですね。
これは、歌詞をみれば一目瞭然で、

「どこかよそから借りてきた サイズの違うちぐはぐなウツクシサをまとうだけなら寂しい」

と、「欧米を基準とする能動的な美意識の否定」を語っています。CMのサビの部分にはしっかりと、「日本」・「女性」・「美しい」のキーワードがダイレクトにでてきます。そして「君こそ我が誇り」というくくりで、日本的な女性美を賞賛しています。このように、ASIENCEの楽曲のように、イメージだけで伝え、あとは視聴者の感性に任せるのとは違って、TSUBAKIのDEAR WOMANは、ストレートにわかりやすく言葉で伝えている特長が伺えます。

まとめ

・TSUBAKIは、ASIENCEのセールスポイント「高級感」「脱欧米」「椿オイル」をそのままそっくりコピーしつつ、ASIENCEの足りない部分を補って消費者の購買意欲を誘った。

・TSUBAKIのCMは、商品の高級感を失わずに、身近さ(例・大衆的要素=SMAP)を取り入れ、消費者に効果的に訴えることができた。

・「身近さ」を印象付けた要素として、日本の人気女優を複数CMに登場させることで、彼女らがたくさんのなかの一人となり一般化される。結果すこし一般女性の立場に近づいた。そして、顔の見えないたくさんの女性が活動しているさまは、一般女性が人気女優たちに近づく。このように豪華な日本のセレブを引き下げ、一般人を引き上げることで、「身近さ」をさそうのがTSUBAKIマジック?なのかも。

・TSUBAKIは、ASIENCEが作った「東洋」という大きすぎる囲いを、「日本」に絞り込むことで、日本の消費者はTSUBAKIをより身近に感じる結果となった。

・・・・・・・・・・
最後に疑問

TSUBAKIは発売当初、ASIENCEを負かしたと思うけど、2008年現在、結局どっちが売れているのかなぁ。ASIENCEは、アジア諸国でも販売開始したらしいし・・・

TSUBAKIの「わかりやすさ」、「身近さ」 

February 27 [Wed], 2008, 16:54
TSUBAKIにあってASIENCEになかったもの。
それは私が思うに、「わかりやすさ」と「身近さ」です。

しかしTSUBAKIは、それ以外の「脱欧米」・「高級感」・「椿オイル」はASIENCEからそっくりそのまま拝借しています。しかもネーミングまでもが「TSUBAKI」とは、なんともわかりやすい!

TSUBAKIは、まるでASIENCEが主張したかったコンセプトをごそっと引き継いで、解りやすく噛み砕いて消費者に伝えてあげたかのようです。

TSUBAKIのCMで、いまをときめく人気女優(あえてセレブと呼びます)が複数登場することの効果は、ただ単に多かろう、すごかろうではなかったはずです。ASIENCEと異なって、TSUBAKIのセレブたちが単独で登場しなかった結果、彼女らは一般化されたように見受けられました。

つまり大勢いるなかのひとり、となったセレブたちは、独りでスポットライトを浴びる存在でなくなった、ということになります。単独でスポットライトを浴びる存在でないのは、まさしく一般の消費者です。これにより美しいセレブたちが、ぐぐっと一般人に近づいたことになります。

CMの中で、スタイル抜群の3人の女性の後姿が登場しますね。シャツにタイトスカートと、とってもコンサバティブな服装をしていて、日本のOLさんを想像できます。このCMが北米だったら、セクシーでグラマラスな女性が、正面を向いて自分の体を見せ付けているところかとな思います(極端例:http://ca.youtube.com/watch?v=6NpXd0i8j0w )。

でも、この後姿の3人の、腰をくねらせ髪をなびかせて歩いているさまのほうが、よっぽどなまめかしい(笑)と思ってしまうのは私だけではないはずです。まず想像力をかきたてられるし、なんといっても後姿であることで、匿名性が保たれます。この匿名性の高い3人の後姿こそが、一般人である消費者の存在を象徴していると思います。一般人の象徴の3人が、複数のセレブたちとCMに登場する。つまり再びこの点でも、一般人の地位が、TSUBAKIに登場するセレブの地位に近づいたといえるかもしれません。

ちなみに、大勢の顔の見えない女性達のヨガレッスン、ゴルフ、はたまたサーフボードで波に乗る映像と、これもまた一般的に女性がよしとしている生活のさまをイメージしているようですね。(ヨガ、ゴルフまではよしとして、サーフボードのシーンはなんだかやりすぎって感じで、こそばゆさ倍増)

TSUBAKIのキャッチフレーズ「日本の女性は美しい」
と、ここでもASIENCEとの差別化を図っています。
アジアの大女優チャン・ツィーよりは、日本の女優たちのほうが、日本人女性には馴染みがあります。「日本の女性・・・」というくだりをCMで聞くと、一般の視聴者に、同じ日本人という理由だけで、その美しい日本のセレブの一員になった感覚を誘います。
一方、ASIENCEのチャン・ツィーが堂々と単独でスポットライトを浴びてポーズをとるさまを見ても、視聴者はどちらかというと、スポットライトを浴びている自分を想像するより、その周りでチャン・ツィーを、キレイだな〜と眺めているだけの自分がよぎってしまうかと思います。

フォーカスを「アジアの女性(世界が嫉妬する髪へ)」から「日本の女性(日本の女性は美しい)」に絞り込んだことも、TSUBAKIの、「わかりやすさ」&「身近さ」を誘い出すやり方だったのでしょう。

続く

TSUBAKIの前身ASIENCE 

February 27 [Wed], 2008, 16:53
資生堂がTSUBAKIを売り出す2006年の3年前、花王がほとんど似たようなASIENCEというシャンプーを発売していました。

花王が2003年当時売り出したASIENCEは「脱欧米」と「高級感」と「椿オイル効果」を前面に押し出していた印象です。
この椿オイルというのは、日本人・アジア人のストレートの黒髪にぴったりあった、昔から髪に使われている整髪料。

ASIENCEのCMを見ると明らかなのが、西洋的な美意識から脱却を示唆している所かと思います。CMの中で、アジア女性のモデル(チャン・ツィー)が、堂々とファッションショーらしき舞台に立っています。下からそれを見ているのは欧米人記者の男たちと、ブロンドのモデルらしき女性たち。欧米人たちは羨望のまなざしをチャン・ツィーに送っています。http://ca.youtube.com/watch?v=scpIKD8NwXk

キャッチフレーズは「世界が嫉妬する髪へ・ASIENCE」

今までの、高級感漂うシャンプーの代表はLUX(日本リーバ)などがあげられます。LUXは海外ブランドであり、CMでも欧米人のモデルが美しい髪をなびかせて多くの日本女性の憧れをさそったかと思います(ティモテもそうでしたね)。花王のASIENCEは、まさにこれらの欧米的な、高級感漂うシャンプーへの挑戦だったのかも知れません。今や東洋的「美」は、西洋のそれに対抗できる時代になったはずだと(ここでのアジアは、中・韓に限ってしまうのだけれど)。このようにASIENCEは「美」というコンセプトにおいて、今までの欧米崇拝から脱却し、東洋独自の美を追求することを表現しているように思います。

発売開始から3年後、そんな消費者の心をつかんだであったろう花王ASIENCEも、2006年、資生堂TSUBAKIの出現により、ごそっと消費者を奪われてしまった感があります。

ASIENCEには何が足りなかったのでしょうか。

続く

こそばゆいほど完璧なCM、資生堂TSUBAKI 

February 19 [Tue], 2008, 18:50
TSUBAKIという資生堂から出ているシャンプー、知ってますか?使ったことはありますか? 私は無いです。使おうとも思いません。ここでは手に入らないし、手に入ったとしても割高だろうし、それよりなにより、恥ずかしくって買えません。

なぜ恥ずかしくて買えないかといえば、あのCMのせいです。見たことありますか?今でも初めて見たときの、背中の筋がもぞ〜〜っとこそばゆくなった感覚を思い出します。

コレです!http://ca.youtube.com/watch?v=NFc6i3EwHJ0

今をときめく美人女優さんたちが勢ぞろい。皆、一人で一本のCMをとれるグレードの高い女優さんばかりなのに、それをまあ贅沢に一本のCMで何人も使う使う・・・

バックには、これも贅沢にSMAPの「Dear Women」という歌を起用。この歌詞がまたなんともこそばゆい度100%。

「WELCOME ようこそ日本へ  君が今ここにいること とびきりの運命に 心からありがとう 君が君らしく 青空の下で輝いている  きれいだね 君こそ我が誇り DEAR WOMAN」http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=A01600

このCMを頭の中の記憶に刻んだまま、このシャンプーを買いに行く行為を想像しただけでも、こそばゆいんです。私はどうも、このシャンプーのCMに出てくる美しい女優さんたちの姿と、一般のピープルの自分とを無意識に比べて、絶対ありえない!!と思ってしまうようです。私は、このシャンプーのイメージと自分が、かけ離れた場所にいると思っているので、このシャンプーを手にするという行為は、自己一致の行動ではないのです。思考と行動が一致していないと、不安感を持ちやすいと、何かのカウンセリングの本で読んだことがあったなぁと思い出しましたが、そのせいでこそばゆくなるのでしょうか。

 
しかし、私にとって、こそばゆいCMすぎて購買意欲をそいでしまったTSUBAKIは、なんと販売開始一ヶ月で売り上げ高40億円を越える大ヒット!(http://blog.nikkeibp.co.jp/nd/news/2006/06/96760.shtml)多くの女性は、TSUBAKIを何もこそばゆいことも感じることなく手に入れたようです。TSUBAKIを買うことに何も不安感を抱かない女性は、思考と行動が一致している、すなわち、あれだけの美人女優を前にしても、臆することなく自分は(口に出さずとも)美しいと感じているのか、もしくはあの女優たちに近づきたいと日々努力しているのでしょうね。

TSUBAKIの広告費に投入された額は、なーんと50億円。たかが高くても1000円ほどのシャンプーの広告費に50億って、まるでギャンブルではないかと思うくらいの額だけど、これはギャンブルじゃないと断言したいです。資生堂側には、TSUBAKIの勝利を確信する要素がたっくさんあったかと思います。・・・と、こそばゆくなりながらも、このTSUBAKIのCMを見れば見るほど、これは凄い!と関心してしまう自分がいるのです。

続く

飼い主みつかる!でも・・・ 

January 01 [Tue], 2008, 9:57
飼い主が見つかったんです。

でもその前に、ブラッキーを外にだしてみた報告から・・・

朝、庭への窓から外に出してみました。(1階に住んでるからこそできる!)
そして、シャギーと一緒に尾行。
ブラッキーははしゃぐことなく、ふらふらと今度の周りをうろつき結局半周したところで、草むらの中でじっとしたので、これは家に帰るつもりはないんだろうな・・・と読んでつれて帰りました。

その後もう一度、今度は一匹で外にだしてみると、5,6分でまた庭の窓へと自分で戻ってきました。

ちゃんと戻ってくることがわかって一安心。やっぱりブラッキーは外猫だったようです。で、さらに再度ブラッキーからせがまれて外に出すと・・・

戻ってこなーい。もしやこれは本当に自分の家に帰ってしまったのか?と心配になっていると、電話が鳴った。

電話の主は、ここのコンドの6階の住人。なんとブラッキーは最初にここに迷い込んできた時と同様、ロビーの外で誰かがドアを開るのを見計らって、ロビーに入り込みそのまま、エレベーターにのってしまって6階でおりてミャーミャー(苦笑)

首輪に電話番号をつけていたことで、ブラッキーは私たちの元に無事返されたわけです。

そんなこんなで、シャギーと「ちゃんと窓へ帰ってくるようにしつけなきゃね〜」なんて話していたその夜、また電話が鳴って・・・

飼い主でした。

ああ・・・これでブラッキーともお別れなんだ〜・・・でも慣れた飼い主のもとがブラッキーにとってはイチバン幸せだからなぁと、寂しくなり最後に3人で一緒に、飼い主が来る前に記念写真を撮ったり。。。さいごのナデナデをいっぱいしました。ブラッキーのために買った餌やブラシ、首輪などは、いつか新しい猫を迎え入れるときのために取っておこう、なんて話しながらブラッキーから首輪をはずしてやりました。

飼い主は、すぐに家に来ました。
飼い主は、うちから駅を挟んで、2,3ブロックのあたりの一軒屋のベースメントに住んでいる、大学生らしい中国人の男の子でした。
なんでも、彼がクリスマス休暇で帰省しているあいだ、友人にえさやりを頼んでいたのですが、外猫だったブラッキー(旧名ペッパー)は、逃げ出してしまったようです。

中国から帰ってきたら、猫が逃げたとえさやりを頼んでおいた友人から聞いてパニくったけど、知り合いが張り紙を見たらしく、電話してきたとのこと。

そして彼から衝撃の一言が・・・

「この猫、気に入ったのなら是非もらってほしいんだけど」

続きます。


いまだ飼い主名乗り出ず 

December 29 [Sat], 2007, 9:52
ブラッキーを見つけたのは12月の20日。
本日12月27日。
一週間もたってしまいました。
SPCAにも連絡とって、LOST & FOUNDのウェブサイトにも登録して、近所の電柱に張り紙もしているのですが、いまだ飼い主名乗り出ず。

ブラッキーは、急激な環境の変化&外に出れないストレスで、急に不機嫌になって、なでられるのを嫌がったり色んなところでつめを研いだり・・・あまりにも椅子の表面をボロボロにするのを見かねて、シャギーがしなきゃいいのに、椅子をぱーんとたたき、びびったブラッキーは飛びあがって隅っこに逃げる・・・

・・・それからあんまり甘えてこなくなっちゃった。。。ごめんねブラッキー。もとどうりになるのにはちょっと時間がかかるかな?

でも、このコンピューターデスクの椅子は、彼のお気に入りスポットとなったらしく、ほとんど夜はココで寝ています。で、わたしがこの椅子に浅く座っていると、背もたれと私のの背中の間のスキマにするっと飛び乗ってきて居眠り。。。時折、背もたれに向き直り、ツメをとぎとぎ。このときばかりは、私の背中に向かないことをを祈っております。

実は昨日、シャギーにロビーに設置してあるカメラのビデオを見てきてもらいました。というのも、ロビーでブラッキーを見つけたからです。

もし、誰かがブラッキーを連れてきてロビーに置き去りにしたのなら、確実にブラッキーは捨てられたということがわかるというわけです。

解析の結果、ブラッキーは自分でロビーに入ったようでした。
まず、ブラッキーは親子連れの後にフラフラついてきて、うちのビルの前まできましたが、中には入れませんでした。

でも、次にドアが開いて、ブラッキーはするりと中に入りました。
しばらく、ロビーを探索したり、通りがかりの住人になでられたりと、楽しく過ごしましたが、そのうち外に出ようと、ドアの前で、ドアが開くのを待っていました。しかし、ドアを開ける人の全員が、ブラッキーが出ようとするのを阻んで(皆、ブラッキーがここの住人の飼い猫だと思ってるから)ブラッキーは外に出られない。

結局ロビーに入ってから4時間経過してやっと、管理人に発見されたということでした。

ブラッキーが自らロビーに歩いて入ってきたということはわかったけど、飼い主が、遠くから来るまでブラッキーを運んできて、外に捨てたってことも考えられるし。

もー、飼い主、連絡してこ〜〜〜い!!!
いったん飼ったら最後まで責任もて〜〜〜!!!
私は、怒ってるよ。

猫がうちに来ました。 

December 22 [Sat], 2007, 10:37
インフルエンザからやみあがったわたくしです。

猫がうちに来ました。
といっても迷い猫です。
昨日うちのコンドのロビーにいるのを管理人さんが見つけたみたいです。

真っ黒で、老いたおとなしいヤツ。
シャギーが黒いからという理由だけで、ブラッキーと命名しました。

なでてやると人見知りせずゴロゴロいいます。
けど、そのゴロゴロが、電話の着信音(とぅるるるる〜とぅるるるる〜)みたいな妙な音。最初は喘息かと思っちゃいました。

今朝SPCAに連れて行って、預けるつもりだったのにペットシェルターが込んでいて受け取ってもらえずまた、引き返してきました。
もう2,3日預かるつもりです。

SPCAに連れて行くのに車に乗っけたはいいけど、パニックになって大騒ぎ。入っていたダンボールを簡単に突き破り、じっとしてられず車の中をグルグル・・・グルグル・・・でした。かわいそうに過呼吸状態で、ハァハァ、ミャーミャー。。。見てられなかったわ〜〜ごめんよ〜〜。


とりあえず近所のコンドに張り紙をシャギーがしてきてくれています。早く飼い主が見つかればいいんだけど・・・
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:The Terrible Kitty
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:国外
  • アイコン画像 趣味:
読者になる
_____________+
2008年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
Yapme!一覧
読者になる