TOEICのスコアについて

December 19 [Wed], 2012, 12:53
韓国企業は、日本企業以上に英語力を求められるといわれています。

TOEICのスコアが最低でも900点とか800点とか言われています。

では、日本企業が新入社員に求めているスコアはどの位だと思いますか?

何と500点です。

最近では新卒や中途の採用には600点を求める企業も増えていますが、在職の社員に求めるスコアが500点程度の企業が多いのも事実です。

そして、実際の日本の平均スコアが450点と言われています。

450点と900点なんて、ダブルスコアですよね。

500点でも理想と考えられている日本と、900点とか800点が最低ラインである韓国との間に、圧倒的な英語力の差があることが実証されている訳です。

日本人は英語が苦手とか、悠長なこと言ってはいられないのではないでしょうか。

TOEICは対策と勉強法さえ分かればある程度点数を取れるテストです。

グローバルビジネスなどといわれ、世界を視野に入れたビジネスが周流になっている現在、英語が話せなければビジネスは厳しくなることは間違いありません。

現時点での英語力であれば、日本は韓国に大敗することは間違いないと思います。

大きく差をあけられてしまうでしょう。

英語ばかりが経済力の差になるわけではありませんが、輸出に大きく頼る日本にとっては下向く経済の中国外の市場に自由にアクセスできる国とそうでない国では少しずつ数字に現れてくるのは時間の問題だと思います。

もちろん、TOEICのスコアが高くても英語をキチンと話せない人もたくさんいます。

反対に、TOEICは受験しないけれど、英語がペラペラで世界で活躍している人もいます。

TOEICのスコアに関係なく、日本人の英語力(英会話力)はもっとアップさせる必要があるのだと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:けんたi4sb
読者になる
2012年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/xubi07nn/index1_0.rdf