まず最初に・・・発達心理学

May 23 [Fri], 2014, 18:20
この時期の基本的な信頼感が将来の人間関係の土台となります。
しかしながら、言語の習得は困難だったと言います。
人間は成長するにつれて発達していきます。
日本では松本亦太郎と橘覚勝が老年心理学の先駆者であり、その後1970年代頃から日本人の平均寿命の伸長が社会的な問題となり始めました。
それに対して、ヴィゴツキーは、個人そのものより、やり取りや社会、文化全体が発達にどんな影響を与えるか考えました。
大学等でも専門的に勉強することもできます。
また、発達臨床心理学、発達心理学特講などいろいろな角度から学習していきます。
こういったことが、発達心理学という学問で研究されています。
例えば、初期経験の中で、自分の感情を素直に出し、それを受け止めてもらった子どもは、その後も他人への信頼感は安定していると言われます。
オオカミ少年は、インドでオオカミの穴に出入りしていた二人の子どもの事例です。
乳幼児期にどのような経験をしたかが、その後の発達に影響を与えるのだということです。
そのため、発達心理学と深い関連を持つ、保育所保育指針を読んでおく必要があります。
発達心理学ウェブログ

発達心理学図説

発達心理学大解析
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:xu51yllh
読者になる
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/xu51yllh/index1_0.rdf