嫁の仕事

June 24 [Sun], 2012, 17:32
正しい結婚相手の選び方。


実際、そんなのぜんぜんわかりません




「この人でよかった


って思うこともあれば、

「どうしてこの人こうなんだろう


って思うこともしばしば・・・



うちの場合、はっきりしていて


ダンナは、すんごく神経質

男気があるといえば聞こえはいいが、

たまに、変なとこのスイッチが入って、


キレます




口の利き方っていうのが、理由だけど、

すごくくだらない冗談のつもりで言っていることが

まるで伝わらない



「若の部屋、エアコンかけすぎだよ」

「じゃあ、寝室は切っておけば?」

「風呂上りだから暑いと思ってつけておいたんだけど」

「俺、そんなこと頼んでないし」

「そういう言い方しなくても」



これで、瞬間湯沸かし器スイッチが入った


「お前はぜんぜんわかってない

「文句があるなら、はっきりいえ



こちらはもう何が起こったのか理解できず、

言葉が出てきません・・・




最初のころはそれで泣いたりしたけど

「黙ってないで、何とか言え

と怒鳴られたが、こちらも呆れてしまって


「ふうん


ここで、ダンナは寝室を出て行き、

私は、ベッドで広々と眠った





こっちからすれば、エアコン切ったら切ったで

結局暑くなって、
また、つけるわけだし(私は暑くなかったりする)


寝る1時間前くらいにお風呂に入っていれば

暑くないわけだから、早く入ればいいのに

ゲームに夢中




たぶん、ゲームを注意されてる時点で、
気分を害しているが、自分も悪いことはわかっている

別にゲームすることがいけないとは思わないが、
お風呂は遅くなるし、寝るのも遅くなるし、
朝は、起こさないと絶対に起きられない




先日は、
大好きな餃子を晩御飯に出したら大喜びで

帰ってきたときも機嫌はよかった



時々、すごく、情緒不安定なあって、
いろんな原因が重なっているんだと思う





私のほうも、タイミング悪く、
数日、生理痛で頭が痛くて、
休みの日は、朝入浴するから
それも気に入らないんだと思う。




ダンナは仕事上、いつも油まみれで帰ってくる
私の知っている限り、汚れる仕事に人は
きれい好きな人が多かったから
わかってなかったけど・・・




一緒に生活すると、

お風呂嫌いだし、部屋はすぐゴミ部屋のように汚す
床もタバコの灰で真っ白なんてことしょっちゅう。


本当は、ダンナ専用部屋なんて、最初から反対したんだけど、
マンションを決める段階で
絶対譲れない条件のように言われた

このときもスイッチが入り、怒鳴られ
強引に決められてしまった



住む場所、マンションに関しては、
まったく話を聞いてもらえなかった



一応、本人は、私に悪かったと思っているようで。
気にもしているようだし、普段はとてもやさしいのだが。



思ったらこうで、

「口出しはするなよ



といった具合だ。

(休みの日のお出かけも、そのくらいの意気込みで計画してくれると良いんだけど。
本人、外出嫌い)




とわ言え、そこはそう否定するつもりはない。

のらりくらりと、
なにも決められない人とは、やっていけないだろうし。


自分の父親が優柔不断で
周りに影響されやすいところを見てきたし、
家族でも女性が物事を決めていて、
気の強い姑と、譲らない母との間で意見が食い違い
揉め事もしばしば・・・





しかし、生活に支障が出るくらい、
考え方が極端で、苦労する


デリケートなときは、とにかく気を使う

そのときのダンナの仕事の調子(忙しさ、人間関係)。
気温、気圧の具合などから、体調の具合はどうか。
月々の支払い関係で、金銭面で困っていないか。

大体、この辺が影響している




結婚してから体調は良いので
風邪は引かないが、

私のダンナのように、
腰痛持ちの人(気圧によって体調が悪かったりする)
なんかは、表面では元気そうでも、
無理して黙っていることもある。

パニック障害も、またいつ再発するかわからない。
こればっかりは信じるしかないが


調子が悪いときに

「大丈夫

って声をかけるのもやめてほしいと言われた。


重荷になる言葉だそう



そういう時、自然に振舞うのは、そこそこ鍛錬がいる


やっぱり、心配になって
ちょっとあわててしまう

心配していないフリをして
世話をする必要があるってこと





こんな話をしていると、

「結婚って幸せ

って、独身の妹によくいわれるが


問題のないときは
本当にこの人でよかったって思っている



一緒にいて楽しいし


ただ、少し、
嫁としての能力を求められる部分が多いのかもしれない




お義母さんを見てみるとよくわかる。


お義父さんは、もっと難しい
今は落ち着いてすごくやさしいお義父さんだが、
昔は、とにかく怒ると手がつけられず
怖かったそうで。



血、というか、環境なのかな
父親とはこういうものと思っているみたい


でも、正直、時代も違うし、家族を養う能力も違うわけだから


男らしさを履き違えているというか・・・
ズレてるというか・・・




なんか、かわいく思えたりもする

つらくて弱音も吐けない

つい、がんばりすぎてしまう




そういうとき、困ったスイッチが

いつの間にか出現してて



とりあえず、嫁は一切気に病まず

ご機嫌になりそうな晩御飯でも用意するとか、

心がけが必要かな



早く不安定スイッチが
消えてくれると良いんだけど


元は他人同士、
うまく、こちらの意見も聞いてもらえるように
普段の行動や、話し合い方の工夫も必要かも
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:xtina
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 趣味:
    ・写真-デジイチ勉強中
    ・イラスト、Web素材作り-Photoshop、Illustratorで書き書き…ドットアイコン
    ・インテリア、雑貨集め-賃貸マンションをプチリメイク
読者になる
2012年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30