voice 

2007年03月14日(水) 21時15分
どうして

のぞんでも、うまくいかないね
どんなふうに話したら
もっと、あなたを笑わせてあげられるのだろう
どんなにわたしもたのしいだろう

情けない な
本当に
ことばがいつもみつからないの

その癖
どうでもいいことばかりに舌がまわる


あぁいやだ嫌だイヤダ

me 

2007年02月26日(月) 15時17分
どうして、こんなに、ほんとうにばかみたいに、ふあんになるんだろう


自分がどうして『無責任』だって言われるのか、ようやく解った
こんなにも経ってから
すべてが、遅過ぎるよ
いままでわたしがせっしてきたひとたちには、もうそれが『わたし』だとおもわれているのだもの
一度与えた人の印象 って、そんな簡単には払拭されない


私が発する『言葉』は、理想
こうなりたい、こうなったら、〜なるなら、〜だったら
だけど、それに『行動』が伴わないから
結局『果たせない』事の方が多くなって だからむせきにんだった


『言葉』って、すごく大事なものだって思ってた 解ってた
つもりだった
だからこそ、きちんと扱おう、って思ってた
そんな自分が、一番適当に言葉を使ってた
ひとの言葉はなんでも鵜呑みにして、馬鹿みたいに気にする癖に
自分は、自分の言葉だけは『違う』だなんて、変な感覚で勝手に思ってて
自分自身はそれに気付いていなかったけど、そうだったんだよね


思い返してみても
本当に自分は、馬鹿なことばっかりやってる 言ってる
そんな自分と別れよう
って、なんどもなんどもなんども割り切った筈なのに、
前と違う道をきちんと歩んできたつもりで、だんだんだんだん同じ道に寄り掛かっていく
それの、繰り返し。


『ひとはそう簡単には変われない』
その言葉が、すごく胸に響いた その通りだったから


もう、いやだ
もうだめだほんとうに なやまなきゃなやむことはいいこと
かいとうを、みちびきださなきゃ せいちょう なんて、望めない

いっそ、しにたい しんでしまいたい
って、なんど思ったか解らない

でもたぶん、絶対死なない
だって『死にたい』って、生きてるから言える言葉だから
昔本当に死に掛けたとき、『生きたい 死にたくない』って思ったことがあるから
当たり前過ぎて忘れてしまいがち
でも、ぜったい、忘れちゃいけない から
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:xshippox
読者になる
2007年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる