37年前の马航ハイジャック墜落事件

August 19 [Tue], 2014, 11:21
37年前の马航ハイジャック墜落事件
飛行機が頭を下に向け、ほぼ垂直の姿勢を高速に刺さっ沼地、巨大な衝撃による解体して飛行機の瞬間、大きな爆発音が、形成された巨大な火の玉。機の上には100人に無人生還、駆けつけた救援人員は甚だしきに至っては見当たらない具が身分の死体を見分ける。
ルイヴィトン キャップ事の真相はされてない旅客機の上の人々は永遠に持ち込まれたその集団の墓。
人を乗せたマレーシア航空会社MH370 239号便は2014年3月8日失連後、世界の神経に影響を及ぼし。実は歴史上、マレーシア航空会社も一回の非常に有名な「意外」。1977年、旅客機は飛行途中ハイジャックされ、その後全機墜落し、100人に無人の生還。
1977年12月4日19時21分、マレーシア航空便会社653号機(機種をボーイング737)ペナン州空港から離陸滑走路が22日、クアラルンプール行き索邦空港。飛行機に乗って計93人の乗客と7人の乗組員。注目すべきなのは、これらの乗客のうち3人が「貴賓」――時任マレーシア農業部長、当時マレーシア公共労働相やキューバ駐日大使。
離陸33分後には、19時54分、马航653号便も来巴亜蘭上空から高度を下げ、準備して索邦空港に着陸。その時、突然地面やぐらを報告653号乗組員、便に1名の“正体不明のハイジャック者」。地面にすぐ知らせマレーシア当局管制塔。
号機で653便乗組員をハイジャック警告から数分、乗組員に報告管制塔:「私たちは今、地面にシンガポール。」すぐさま機まで6400メートル登る。やがて、つまり20時15分、653号便と地面がすべてを失った朕係。
21分後、マレーシアジョホール州丹絨クパン住民は飛行機の機首下を見て、あやうく地面と垂直の姿勢で高速乗り上げ近く沼地、巨大な衝撃による解体して飛行機の瞬間、大きな爆発音が、形成された巨大な火の玉。後の確認は、行方不明の马航653号便。機の上に100名、
リーボック キャップ乗客乗員全員遭難し、駆けつけた救援人員は甚だしきに至っては見当たらない具が身分の死体を見分ける。
ブラックボックス記録の声を示した飛行機が墜落前1時間近くに何があったのかもしれない。コックピットの玄関らしい人に押し入っ、期間を伴って叫びと呪罵声。その後コクピットに寂静だが、2人の飛行士が意識を失って。この時2名のパイロットと推測される可能性がハイジャックされ者殺害。すぐさま、自動運転モードが閉鎖され、可能性はハイジャック者コントロールしようとする自分の飛行機。しかし、最終的にはないから技術精出来なかったことから転落死機。
墜落現場でスタッフのすべてに見つかった遺体をレントゲン検査を見つけようとして用い、ハイジャックの武器。それは銃弾を発見していない、すべての死体が埋葬され集団墓地の中。は見つからないハイジャック者は使っている武器のほか、ハイジャック者はいったい誰が何の目的もずっと謎。あれが着手航653号便の乗客の中に、ある日本人で、しかもボックス記録乱入コクピットの男の話は日本語で、
ボーイロンドン キャップ捜査員の疑いについて今回の事件と日本赤軍。
日本赤軍はテロ組織、その政治的主張を日本の皇室と日本政府は70年代、赤軍の製造も多く「ハイジャック」案。
日本赤軍がない「ハイジャック」ベテラン、でも活躍しマレーシア。は马航653号の墜落事故発生前に2年間は、1975年8月、日本赤軍ばかりでクアラルンプール製造衝撃的な「クアラルンプール事件」。5人をだましアメリカ赤軍分子とスイスマレーシア駐在大使館の警備、混入大使館ハイジャック50人外交官として、日本政府が釈放要求に収容中の日本の刑務所は7名赤軍メンバーを求めてマレーシア政府が提供する1機DC8型機は彼らと7人が同に伴う国外に送って避難。日本政府は最終的に妥協を余儀なくされ、
ラルフローレン キャップ獄中赤軍分子クアラルンプール釈放へ。
だから、もし日本赤軍分子を製造した今回の航空機事故は意外にもなく。旅客機の乗客と3人の「貴賓”、特にキューバ駐日大使は、日本赤軍は十分な理由をハイジャックし日本政府ができるような「クアラルンプール事件」でそんな妥協。
しかし日本赤軍は認めていない製造今回ハイジャック事件で、
ミシカ キャップ捜査員も見つかっていないさらに確実な証拠は今回の事件として日本赤軍。事の真相は旅客機にかもしれないの人々が永遠に地帯にその集団の墓。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/xrchunhdearcos/index1_0.rdf