プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:xqgnabxqqhbsbl
読者になる
2010年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
銘柄パトロール:国際帝国石油、サッポロHD、HIS、日本車両など / 2010年07月27日(火)
国際帝石 <1605> 434000 +4000
3日続伸。26日に公募価格が41万7100円に決定したと発表し、新株還流後の需給悪化を想定した売りと買い戻しが活発化している。外資系証券では「追加増資の懸念は払拭された」とした上で、「イクシスプロジェクトの開発資金には目処がついた」と指摘。今後の最大の焦点としてLNGの買い手確保を挙げており、「交渉の進展次第では、年内にも同プロジェクトは基本合意に達する可能性がある」と。

サッポロホールディングス <2501> 408 +7
5日続伸。26日に会社側が2010年12月期上半期の連結営業損益を5億円の赤字から12億円の黒字に、最終損益を20億円の赤字から6億円の赤字に上方修正し、好感された。主力の国内酒類事業の総需要の減少などが響いて売上は伸び悩んだが、広告宣伝費や販売促進費を主力商品に集中するなど効率化した上、製造原価の低減効果もあって損益が改善した。折からの猛暑でビール販売増も期待される状況になっており、見直し買いが流入。

HIS <9603> 1935 +7
4月14日以来の年初来高値更新。野村證券がレーティング「1」を継続し、目標株価を3000円から3300円に引き上げたことから、買い人気化。同證券では「2011年10月期の最大のカタリストとなる羽田空港の再拡張・国際線便数の大幅増に向けて、羽田発の海外旅行商品の販売を開始した」としている。同證券の連結営業利益予想は2010年10月期が81億円、2011年10月期が118億円、2012年10月期が133億円。

日本車輌 <7102> 397 +38
急騰。26日発表の2011年3月期の連結営業利益の従来予想51億円から60億円への増額修正を好感している。前期比21%減益ながらも、鉄道車両部品の販売増で売上高を10億円上乗せしたことや、原価低減効果などが利益改善につながった。第1四半期終了段階での通期見通しの増額修正だけに、再増額修正期待が浮上。

メルコ <6676> 3015 +119
4連騰。26日発表の2011年3月期第1四半期(4〜6月)の営業利益が前年同期比6.6倍の29億円となり好感された。第1四半期としては過去最高。上半期に対する進捗率が85%に達していることから増額修正期待が浮上。各証券会社も「ポジティブ」評価。野村證券が目標株価を3500円から3800円に、みずほ証券でも4400円から5200円に引き上げ。通期営業利益予想について、野村では会社計画の80億円を上回る92億円を予想。みずほ証券では100億円を見込んでおり、増額修正期待が膨らむ。

キヤノンマーケティング <8060> 1213 −92
急落。26日発表の2010年12月期上半期の連結営業利益が前年同期比21.5%減の28億7300万円と大幅減益となり、嫌気売りを浴びた。対通期の進捗率が36%にとどまったことから通期業績見通しの減額修正懸念も浮上。保守サービスやITソリューションの収益悪化などが要因。

ヤフー <4689> 35350 +600
大幅続伸し25日線を一気に突破。きょう大引け後に、決算発表に合わせて米グーグルとの提携を発表すると、一部で伝えられる。グーグルがアルゴリズム検索事業をヤフーに提供するとの見方が浮上。

THK <6481> 1739 −81
売られる。富士機械製造  <6134> 、ミスミグループ本社 <9962> とともに野村證券がレーティングを「1」から「2」に格下げ。「下期からは需要減速の影響が現れる」と予想。目標株価は富士機械製造が2000円から1500円、THKが2500円から1900円、ミスミが2200円から1800円に引き下げ。

JSR <4185> 1521 −69
第1四半期決算の営業利益が100億円となったが、米系証券が投資判断を「アンダーパフォーム」継続し、目標株価を1900円から1650円に引き下げたことで売られた。「下期のLCD材料需要減の懸念、国内完成車生産台数の失速による合成ゴムの利益減の懸念が強く、業績は上期にピークとなり下期は上期比で減益を見込む」と。

日本新薬 <4516> 1045 +51
三菱UFJ証券が新規にレーティング「1」、で目標株価は1400円とし買われた。血液がんや泌尿器領域に特化する中堅医薬品メーカーで、2010年12月期には骨髄異形成症候群治療薬、2013年にはアルコール依存症治療薬、海外で肺高血圧症治療薬と新薬の相次ぐ発売が予定されるので、新薬寄与により薬価改定の影響を吸収し、今後5年間の年平均営業利益成長率10.2%と予想。(編集担当:佐藤弘)

【7月27日11時50分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100727-00000030-scn-biz
 
   
Posted at 12:40/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!