この説も事実かもしれません

June 22 [Wed], 2016, 19:28

赤ちゃんがインフルエンザに感染したら、殊の外大変なことにすすんでいきます。







まだ体力が未熟な赤ちゃんですから、インフルエンザの高熱に、体力がついていけるかが不安ですし、結果、インフルエンザで死亡することも可能性が有るでしょう。







インフルエンザが蔓延している時には、赤ちゃんを外の空気に触れさせない方が正解かもしれません。







あなたがインフルエンザと診断されてしまったら、最初に栄養だけでもしっかりと摂らなければなりません。







薬や病院ももちろん大切ですが、栄養を体内に補給することも大事です。







早急にインフルエンザを治すためにも、水分と栄養は摂取しましょう。







例え丸一日、食欲がなくても、消化しやすく栄養があるものをすぐに摂ってください。







夜更けに高熱が出て、40℃前後まで上がって体調が悪かったので、翌日通院しました。







先生はインフルエンザかどうか調べられますよと尋ねられました。







もし、インフルエンザに感染していたら、適したお薬を接種できるので、検診したいと念じました。







子供がアトピーだとわかったのは、まだ2歳のときでした。







膝の裏にはかゆみもあると訴えたので、かゆみどめとして皮膚科でステロイドを処方されました。







実際、2年間ずっとステロイドを続けてみて、気をつけながら子供の様子に注意していたのですが、赤みのぶり返しはやまず、まったく良くなってくれませんでした。







結局は、治療を漢方薬を用いたものに変更し、食事内容を見直したことで、小学生になる頃、アトピーに悩まされることもなくなりました。







乳酸菌が身体に良いということは事実でよく知られていますが、一方で効き目のない説もあります。







これについても本当かどうかなんてわかりません。







どうしてかというと、体質には個人差があるほか、あくまでも乳酸菌は菌であり、すぐに効果の出るお薬ではないからです。







一度試して自分に合うかを確認してから判断するべきです。







乳酸菌が腸や身体に良い働きをするというのはみんな知っています。







ですが、乳酸菌は胃酸にやられてしまうので、せっかく食べても胃酸で死んじゃって効果はあまり期待できないのではという疑いを持つひともいます。







でも実際のところ乳酸菌が生きていることが重要ではなく摂るだけで腸の免疫機能がアップして、それが身体の健康づくりにとても効果的です。







知っての通り、乳酸菌を過剰摂取しすぎたとしても別に副作用といったものはありません。







ところが、たとえ身体に良くてもヨーグルトなどで過剰摂取してしまうと、カロリーのオーバーする可能性がございます。







体内に吸収できる分量にも限りがあるわけで、そう考えても、常識的な量を守っておくと安心でしょう。







乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を作るという点では同じなのですが、ビフィズス菌にはそのことに加え、酢酸などの殺菌力を持つ成分も作り出す力があるのだそうです。







だから、ノロ対策に効果があるとされているのですね。







このごろでは、様々な感染症の話を聞くので、とにかく積極的に摂るといいと思います。







アトピーになると非常にキツイ症状になります。







暑かろうが寒かろうが一年中痒みとの我慢比べになります。







夏場の汗はかゆみを増大し、冬場は乾燥のせいで痒みが増します。







それに、食物アレルギーもあることが多く、誤って摂取してしまうと、痒みだけでは収まらず腫れてしまったり、呼吸が困難になってしまう可能性があります。







腸内環境を整えていると肌の調子がよくなると聞いて、そのじつ、ヨーグルト同様にお味噌や納豆といったものも乳酸菌を含む食べ物なんだそうです。







「乳」とつくことから、てっきり乳酸菌は摂取は乳製品からだけしかできないと思っていました。







恥ずかしい気持ちです。







腸や体の健康に乳酸菌が良いというのはみんな知っています。







でも、乳酸菌は胃酸にさらされるので、積極的に食べても胃酸で死んでしまって効果は期待薄ではという考えを持つ人もいます。







しかし実際は乳酸器の生死は関係なく摂るだけで腸の免疫機能がアップして、ひいては体の健康増進にとても効果的です。







日々摂取している乳酸菌のおかげで、たいへん健康に過ごしていくことが出来るようになりました。







毎日朝起きたら欠かさず、ヨーグルトを食べています。







ヨーグルトは様々に味を工夫して楽しめますし、便秘知らずでいることができます。







乳酸菌をきちんと摂ることに決めてから、お肌の調子も良くなって、体重も減ったのでした。







昔から、乳酸菌が身体に優しいのは事実でよく知られていますが、一方で効き目のない説もあります。







この説も事実かもしれません。







どうしてかというと、個人差があるほか、あくまでも乳酸菌は菌であって、即効性が期待できる治療薬ではないからです。







自分に合うものかどうか試してから考えてみてください。







ツボで聞くことが多いのは、おえそから両側に指2本分くらい空けたところに存在する天枢(てんすう)です。







後、へそ下5cmくらいの場所にある腹結(ふっけつ)と言われるツボも効くと思います。







手首にも支溝と外関(がいかん)というつぼがございます。







便秘のパターンによっても、効果的なツボは違うので、時分のタイプに合ったツボを押すと改善が見られやすいでしょう。







なぜ私が便秘になったのかというと、運動不足のせいなのでしょう。







毎日の通勤は車なので、歩いたり、運動したりもあまりありません。







飼い犬などもいないので、散歩に出るようなこともありません。







そういう生活習慣のせいで、私は便秘なのだと考えています。







便秘改善のためにも、ジョギングを今日から始めようと思います。







この間、インフルエンザにかかりクリニックに行きました。







どれくらい潜伏期間があるのか明確ではないのですが、どこかインフルエンザの人と同じ場所にいてうつってしまったのだと思います。







高い熱が3日わたって出て苦しい思いをしました。







高い熱が続くインフルエンザは、普段ひく風邪より苦しい思いをしますね。







腸内の環境を整えておくとヨーグルトを毎日せっせと食べていたのですが、実際、ヨーグルト同様に食べ物なんだそうです。







「乳」という文字があることから、てっきり乳酸菌は乳製品からとるんだと勘違いしていました。







ちょっと恥ずかしかったです。







アトピーは乳酸菌を積極的に摂ることで、改善できる可能性があります。







腸内に進入したアレルギーの原因物質には、IgEという抗体が出来る性質があります。







しかしながら、このIgEという抗体が多くの数発生してしまうと、過剰反応を起こしてしまうことにより、アレルギーを起こす結果になるのです。







ここにアトピー症状を起こす原因だといわれており、乳酸菌には、IgEが大量に生産されることを防ぐ働きがあるといわれています。







乳酸菌を食べたり飲んだりすると様々な良い結果がもたらされます。







例えば、腸内にいる善玉菌を増やして悪玉菌を減らし、内臓の環境をいい環境へと変えていきます。







その結果として、免疫の力がアップし、より多くの健康的な効果がもたらされます。







アトピーに良い効果があったり、インフルエンザなどの感染症予防に対する効果もあります。







乳酸菌は身体の健康を促進する働きかけが高いとされているのです。







アトピーを改善させるには食事も重要と考えられます。







アトピーに対して効果がある食事を心がけることで美しい肌になることができると思います。







胃腸などの消化器系を労わって免疫力に影響がある成分としてヨーグルトと大豆食品などをできるだけ、バランスよく食べるとアトピーの治療に効果的です。








ふるさと青汁