二戸でカーリングスクール元五輪選手が指導

January 09 [Sun], 2011, 7:51
新橋 ライブハウス ともん
青森りんご
青森 ホームページ制作
青森 検索
青森県 SEO
青森 アフィリエイト

 岩手県の「いわてスーパーキッズ発掘・育成事業」に参加する小・中学生を対象としたカーリングスクール(主催・東北電力岩手支店)が8日、二戸市の県立県北青少年の家スケートリンクで開かれ、県内各地から参加した小学6年から中学2年までの85人が、2002年、06年の冬季五輪代表で元チーム青森の小笠原歩さん=旧姓小野寺=ら3人から指導を受けた。
 
 同事業は、岩手から国際舞台で活躍できる運動選手を発掘・育成するのが狙い。同スクールは、県教育委員会と県体育協会が主催するトレーニングキャンプの一環として開かれた。
 会場では、小笠原さんや元チーム青森の船山弓枝さん=旧姓林=、98年冬季五輪代表の佐藤浩さんのほか、県カーリング協会、カシオペアカーリング協会の会員が、参加者を指導した。
 参加者は、ストーンの投じ方や進路の掃き方を練習し、ミニゲームも行った。ストーンを投じる正しい姿勢などを身に付けながら、競技の魅力を体感した。
 小笠原さんは「みんながうますぎて驚いている。カーリングを続ければ、メダリストも出るのではないか」と参加者にエールを送った。
 二戸市立福岡中1年の川上紗希さん(13)は「(元五輪選手から指導を受けられる)環境が、恵まれていると思う。こういうチャンスをものにすることで、多くのことを吸収していきたい」と意欲的だった。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/xpmym6071204/index1_0.rdf