人生でしたいと思っていること

December 03 [Tue], 2013, 10:57
失敗したら、彼女が人生でしたいと思っていることのできるチャンスは一層少なくなる。幸せを見いだすために、彼女はもっと何かの訓練を受けなければならないかもしれない。卒業しなければ、学校がいやになり、彼女が訓練を受ける可能性はほとんどない。この女子生徒を落第させるべきではないと思う。しかし、何かの例外をつくられなければ、彼女は落第する。大切な点は、読み書きをしっかりすることだと思っているので、私は彼女に尋ねた。「先生が許してくれるなら、あなたは本を読み、それについてレポートを書き、テストを受ける気がありますか」「いいえ。それがシェークスピアなら。木を読む時間がありません。他の教科の勉強をする時間も大してとれないのです。とにかく、先生は私にそんなことをさせてくれませんわ。私にそうさせたら、クラス全体がそうしたいと思うでしょう。みんなマクベスを嫌がっていますから」ここに強制する文化のむずかしさを見ることができる。私たちの文化で、彼女が学べば成功するのに役立つかもしれないことがあります。
未来について考える


人に助けを求めること

September 05 [Thu], 2013, 11:11
超越者は、彼女が適応的な対応を本心では確信していないことに気づき、次に「人に助けを求めるのは、自分が弱い人間だということだ」という背景にある信念を明らかにしていった。その他の要因は、適応的な対応の効果を精神的に弱っている人が割り引いて考えている、という場合である。「教授は、私を邪魔だとは思わないだろう、仮にたとえそう思ったとしても、学生への対応が教授の仕事なのだ」という見方を、あなたはとれぐらい信じられますか?信じています、でも。でも?でも、それでもなお、私は課題を自力でやるべきだと考えてしまうのです。なるほど、「私は自力で課題をやるべきだ」という別の考えがあるわけですね。あなたが課題を自力でやるべきか、それとも教授にアドバイスを求めるか、私たちは合理的に検討してみる必要がありそうですね。そうですね。適応的対応の効果の割引きは、しばしば、「はい、でも」という形で表現される。超越者は、この「はい、でも」の表明をもうひとつの自分のものとは思えない思考として扱い、これに対しても、合理的な検討を試みることができる。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ぽんと
読者になる
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/xpkgieu/index1_0.rdf