夕方6時過ぎ

May 21 [Sat], 2011, 0:27
夕方6時過ぎ。


外は真っ暗。


あたしは家路へと車を走らせていた。


後5分ほど走らせると家に着く、という所で、愛犬に出くわす。

急いで窓を開け
「モエ」
と、叫びながらブレーキを踏む。


愛犬モエも、
[おぉーびっくりーこんなところで会うなんて]
という表情


もう12年ぐらい生きてるお婆ちゃんだから、そんな遠くまで行くとは思ってなかったんでビックリ。




ほれ、一緒に帰るよー。

運転席から助手席のドアを開けようとするけど、うまく開かずアタシが一度降りて、運転席から乗るように言うと
[待ってました]
とばかりに飛び乗り、ささっと助手席に座る。




…本当は乗せたくないんだよね。
臭いから。


「あんた、どこに行きよったとよ」
という質問には聞こえないフリ。


ルンルンで助手席に乗ってるのが伝わる。


くねくねの山道を通り、家路に着く。

庭に着く前に、父が働いている倉庫の前を通る。

父、笑う。


モエおすまし。


庭に着く。

「さ、降りて」



さっきまで"お座り"の体制で座っていたのが、リラックス伏せ状態で動かない。


助手席のドアを開けると、何故か、運転席側の方から降りた。


アタシは助手席のドアを閉め、運転席に回ると、すでに助手席にてまた、くつろぎモード



アタシ、叫ぶ。


コラコラコラコラ
何をしよんのか。






この後しばらく、モエとの格闘が続きます。



…アホ過ぎてかわいい。


しばらく彼女は、アタシを見ようとしません。
今日は、このあと風俗に行きますね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:xpizyhb995
読者になる
2011年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる