土から1600倍超の放射性物質 NHK

April 03 [Sun], 2011, 7:11
土から1600倍超の放射性物質月日時分福島第一原子力発電所の事故で、福島県などが周辺で採取した土を分析した結果、飯舘村の原発から北西に4女子校生0キロの地点で、通常の1600倍を超える放射性セシウムが検出されました。専門家は農作物が取り込むと、出荷できなくなるおそれがある値だと指摘しています。福島県と国の現地対策本部は、福島第一原発の事故の影響を調べるため、今月18日から22日にかけて、原発周辺の市町村の6地点で、5センチの深さで土を採取し、放射性物質がどの程度含まれるか分析しました。その結果、福島県飯舘村の原発から北西に40キロの地点で採取した土から、放射性セシウム137が、1キロ当たり16万3000ベクレル検出されました。土壌に含まれる放射性物質を対象にした環境基準はないということですが、環境中の放射狽ノ詳しい学習院大学理学部の村松康行教授によりますと、通常の土壌で検出される放射性セシウムは、1キロ当たり多くて100ベクレル程度で、今回はその1630倍に当たるということです。このほか川俣町や南相馬市などの5の地点でも、通常の12倍から142倍に当たる放射性セシウムを検出したということです。これにいて、村松教授は非常に高い値で驚いている。放射線セシウムは、およそ30年残るため、長期的な農作物への影響を考える必要がある。農作物が土壌から取り込む割合からすると、国の暫定基準を超え、出荷できなくなるおそれがある値なので、詳細なデータを集め、対応を検討する必要があると指摘しています。今回の調査結果にいて、国の原子力安全委員会は詳しい評価作業を行っています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:xphoaqb22g
読者になる
2011年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/xphoaqb22g/index1_0.rdf