メルビンがリンゴ・スター

July 13 [Wed], 2016, 16:18
借りていた部屋から引っ越す時は、最後に出て行く時には、なるべくきれいに掃除をしておきましょう。

特に何かメリットがあるとは言えはしませんが、管理人の印象は格段に良くなりますから、この後の敷金の返還時に影響することも、あるいは考えられるでしょう。さてお掃除に関してですが、何をしても落とせない汚れがあったり修理が難しいほどの破損などは、諦めた方が良さそうです。



あまり頑張って汚れや傷をいじると、最初より悪くなっていくことがあります。


冷蔵庫みたいな大型家電を、引っ越し作業の人が運搬するのを見ている時には、落としたりぶつけたりしないか、ヒヤヒヤします。



階段から落下させて壊した、などという事態になったら困りますので、可能な限り、丁寧な仕事をしてくれそうな業者を選びたいと思っています。



転勤が多く、引っ越し経験は多い方ですが、引っ越し作業は業者と一緒に行なうようにしていますが、それもあってか、目の前で荷物を荒く扱われた、という経験はないです。
とはいえ、引っ越し時には荷物の破損があった場合、補償する仕組みもあり、何もかも自分でやろうとがんばるのではなくプロに丸投げした方が、もしかしたら損しないのではないか、と思うようになりました。時期や積み荷の量、あるいはどこまで運ぶのかの差異によって引っ越しにかかる費用の相場は変わります。



引っ越しにかけるお金を節約するために、何より先に、必要経費の目安として相場を分かっておくことが必要になります。

その上で、ここで業者の見積もりを比較検討してみて、調べた相場より安価であったりサービスが良い業者にお願いするのが後悔の少ない引っ越しの方法だと思います。



賃貸の部屋から引っ越しをする場合には、立会いという名の部屋のチェックが入ることを知っておきましょう。
管理会社から物件の担当者が部屋に来て、部屋の隅から隅までチェックしてきます。

これを済ませてやっと退去です。

全てに当てはまるわけではありませんが、各種公共料金については、清算を済ませておくのが常識ですし、スペアを含めて鍵は全部返却することになっています。返却漏れのないようにしましょう。物件探しについてなのですが、近くにある不動産屋さんの店舗に問い合わせに行き、そこで探してもらいました。


そこで担当してくれた人が大変親切で、色々な質問にも答えてくれましたし、印象が良かったので、その人が勧めてくれたものの中から、一つを選びました。
違う不動産屋さんも訪れて、部屋探しを手伝ってほしいと依頼する気でしたが、他の違う店での物件情報も、紹介できるということらしいので、色々と歩き回らずに済んで助かった、と思っています。

引っ越し作業を業者に任せないで、自分で引っ越し作業をしたいならまずは荷物を少なくすることを考えます。


なぜなら、あまり大きな荷物の載せられない、自家用車で荷物を運びますから、狭い車内になるべく詰め込むため、適度な大きさのダンボールを使って梱包作業をする、割れ物の類は衣類でくるんで荷造りする等々、こうすると包み紙は不使用になり、荷物のかさを少しは減らせますし壊れ物も衣服も、どちらも安全に同時に運ぶことができます。このように、荷物をできる限り少なくする、というのは、とても大事な点です。
引っ越しに関わる手続きはたくさんありますが、大事なことに役所への手続きがあります。その手始めは転出届と転入届です。
先に転出する市区町村の役所から転出届をもらいます。そして転入先の市区町村の役所の窓口で、転入手続きをするという流れになります。転出届と転入届はセットであり、転出届がなければ転入先での手続きができないことにも注意しておきましょう。この届が他の手続きの元になるので他の手続きに優先して、まず終わらせておきましょう。引っ越しも色々ありまして、例えば全ての作業をお任せにしてしまうと、楽で良いのですが、人手も手間も要るので高くつきます。
ですから、独り身の人や単身赴任の引っ越しであれば、そうしたニーズにあった単身向けのサービスが、各引っ越し業者から提供されていて、おすすめです。

自分の引っ越しに適したコースを選ぶと、それだけでも支出は大きく減らすことができますから、その分、新しい生活のため使うことができます。

この前、引っ越ししたのですが、その準備の時、ぎっしり詰まっていたクローゼットの中身を全部出してみると、使わないものをためこんでいたことがわかって我ながら呆れました。服をみるとずっと着ていなかったものが大半でした。

思いがけず、引っ越しのおかげでいらないものを手放すことができ、自分の持ち物も、自分の心も整理することができました。


いよいよ引っ越しという時に、エアコンの扱いについて何も決められずにいる、などというような問題を抱えている人は、意外と大勢いるようです。専門の知識がないと、なかなか取り外しも取り付けも困難で、なら購入先の電気屋に任せるべきでしょうか。あるいは、引っ越し会社に取り外してもらう方が安くつくのか、そして、引っ越し先での取り付け工事はどうするか、といったように、わからなことだらけで悩みますね。扱いの難しさもあり、エアコンのは通常専門業者に任せるのが安心ですから、最寄りのエアコンサポートセンターまで相談してみてはいかがでしょうか。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒマワリ
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる