カロリーの基準

December 08 [Sun], 2013, 14:26
メタボリック症候群予防のためには正しい食事方法です。自分の食事方法を回ってみて必要以上に食べたりもしてないかチェックすることがまず予防として重要なことです。満腹感を得るために食べないと体に悪いのではないかという理由でカロリーオーバーの食事をする人もいます。スナック菓子をおやつなどに好んで食べる人や、清涼飲料、缶コーヒーが好きな人なども、メタボリック症候群につながりがちです。このような食生活を改善してまずメタボリック症候群予防するようにしましょう。人が一日に必要な熱量はその人の体重で算出することができます。自分の適性体重を知るためには、身長(m)×鍵(m)×22で計算します。必要な一日のエネルギー量はやれば事務職が多くの人の場合25~30キロカロリーとなることや外勤をする仕事を人に30~35キロカロリー、また、体をよく使用することの人の場合35~40キロカロリーと申します。このカロリーの基準を頭に入れた次の食事をするようにすれば、メタボリック症候群予防になるでしょう。必要なカロリーを超えないように食事をするだけでなく、よくかんで食べるのも、メタボリック症候群予防につながることです.食べ物をよく噛んだら消化吸収がよくなり、食事時間も長くなるので、満腹中枢が満たされやすくなります。食べ過ぎを防げるので、メタボリックシンドロームを食事で予防するためには有効な方法と言えます。脂肪は食事制限でどうにかなりますが、顔の骨格は小顔矯正しかないようですね
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:xn36dosl
読者になる
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/xn36dosl/index1_0.rdf