二十年ほいっぷでくすみの取れるメカニズム

February 12 [Tue], 2013, 2:48


大工原里美さんが実感した二十年ほいっぷ
泡がきめ細かいことから来る

くすみを取るための技術は
3つにわかれているといえます。


その理由が大きくて他ではできない技術を
作ることができるのです。

それは実際に使ってみたときのプルプルの
弾力泡を見るとすぐにわかります。

大工原里美さんがオススメする二十年ほいっぷ一つ目は
つぶれにくい!という点です。

きめ細かい泡を作ることができるので
その気泡はなかなかつぶれないようになっています。

気泡が汚れを取り巻いて汚れをすいつけていきますが
通常の気泡では途中で割れてしまい、
汚れとともに置き去りになることがあります。


二十年ほいっぷならば細かい気泡がつぶれにくいので
しっかりと最後まで泡を取ることができるんです。

二つ目は吸着面が大きい、という点です。
大工原里美さんが二十年ほいっぷを使って
ブログにあげているこの泡を見ると

気泡が以下に細かいかは
わかると思います。

細かい気泡ならば吸着面が大きいですので
汚れをいくらとってもまだ取れる潜在能力が
出てきてくれます。



三つ目は肌の隙間に入り込む、点です。
通常の気泡よりもはるかに細かいために
肌のしみやシワなど細かい隙間にも

入り込んで不要な汚れをやさし
く取り除くことができます。

⇒ 20年かけて世に出る『直火釜練り製法』


さらっと流すだけでよくなる石鹸になりました。
FXプライムの感想