本間だけどスコティッシュ・テリア

January 30 [Sat], 2016, 14:52
1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。義歯を劣化させず長持ちさせるのは、患者さん自身のケアにかかっているのです。劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、必ず守るようにしてください。治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。
無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、口の臭いが気になるようになったケースがままあるようです。これはなぜでしょうか。一つには、義歯と歯茎の間に歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっていることも考えられるので、放置はできません。自分もそうかも、と思った方は、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。
最近よく聞くようになったインプラント。差し歯とはどう違うのか見てみましょう。まず、差し歯というのは、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。ですから、抜歯してしまって歯がない場合は利用することは不可能です。では、インプラントの場合はどうでしょうか。インプラントは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。
年々利用者が増えてきたインプラント。その施術とは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の極めて高い医療スキルを欠かすことは出来ません。それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。
人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。インプラントは、それらのパーツの構成により、何種類かのタイプがあります。骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっているものが1ピースタイプです。他に、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにそのコネクション部分の形状により、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれます。この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。
インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術を持ち合わせていなければなりません。当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、その分、インプラントの人工歯は、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。
骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は基本的に一生と説明されることが多いようですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなると人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、その分、人工歯の寿命にも影響が出ます。
入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、他の治療法と同様、注意すべき点があります。まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があることです。後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。いくつか例を挙げると、抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうかもしれません。
歯科治療の現場は日々進化を続けています。最近は、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、それも皆無とはいきません。人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなどの事例もあります。これは担当歯科医の技量の低さが要因となっています。技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科を選ぶといいでしょう。ネットのレビューなども参考になります。
インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、どうなると言い切ることはできず、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。担当医の指示通りに痛み止めを服用し、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、直ちに歯科で診てもらってください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:優月
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/xmnfeimieeyreh/index1_0.rdf