債務整理をした情報は、ある程度長期間残ります

September 05 [Mon], 2016, 12:53

債務整理をした情報は、ある程度長期間残ります。




この情報が存在する間は、新たな借入ができません。




情報は年数が経過すればいずれ消されますが、それまでは誰もが見ることができる状態で残ってしまいます。




任意整理を行ったとしても、デメリットなんてたいしたものはないと勘違いされがちですが、実際はあることを知っていますか。




それは官報に掲載されてしまうことです。




簡単に言うと、他人に知られてしまう可能性も十分にあるということです。




それが任意整理の一番大きなデメリットということかもしれません。




借金を繰り返してしまって任意整理をする場合、また新しく借り入れをしようとしたり、クレジットカードを作ろうと思っても、信用機関にはそういった情報が残ってしまうため、審査を通ることは出来ず、数年ほどはそのようなことを行えないことになっているのです。




借金をすることが癖になった方には、かなり辛い生活となるでしょう。




債務整理を弁護士または司法書士に依頼する時、初めに気にかけるべきは着手金及び以降かかって来る経費のことです。




着手金の相場は一社につき二万円程となっています。




時々、着手金無しだと言う弁護士事務所も散見されますが、これは同時に過払い金がある債務者に限ることですから、留意して委託してください。
多重債務 整理 方法



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:xmgjym
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/xmgjym/index1_0.rdf