医学部を受験するためには 

2013年06月07日(金) 18時24分
この就職難の時代にあっても病院の医師は不足しており、安定した就職のために医学部の受験を考えているという方も多いでしょう。
では医学部に合格するのは簡単になったのか、というとそういうことはありません。
最難関の大学の一般学部に合格できるような実力を持った人でも、医学部となると不合格になってしまう人も少なくありません。
倍率は5、6倍、学費免除などの優遇がある大学なら20倍と、狭き門です。
そのため、受験には高校時代からの準備が欠かせません。予備校に通ったり、また医学系進学コースのある高校を選んで入学するのも一つの手段です。
他大学を卒業したもののやっぱり医師になりたい、という方のために、社会人入試を行っている大学もあります。学士編入学という制度です。
文系学部を卒業している人でも受験が可能ですし、実際に医学部へ編入した人もいるので、医師になるための門戸が広がっているといえるでしょう。

◎参考サイト
http://monasplace.net/career/
門戸が広がりつつある医学部の受験

不動産売却の為に基礎知識を高める 

2013年06月03日(月) 13時18分
不動産売却を考えている場合には、不動産仲介業者のホームページから
概算見積もりを取得することが可能となっています。
不動産売却の見積もりは全国的に支店を展開している大手不動産会社のウェブサイト上から必要事項を入力するだけで簡単に取得することが出来ます。
また、不動産売却に不慣れな人に対して、無料で相談に応じてくれるサービスを提供している会社もあります。
不動産売却にはいろいろな手続きや費用が必要となりますが、そういった基礎知識もホームページ上で紹介されているので参考にすることが出来ます。
不動産は高額な資産なので売り急いでしまうと市場価格よりも安い値段で買取られてしまうことがあります。
インターネットを有効に活用し、大手企業のサービスも多いに利用することで自分自身の基礎知識を高めてから取引に望むことが重要だといえるでしょう。
もちろん業者を介さずに行ったほうが手数料などが安くすみます。
「会社を介さずに不動産売却」ではどういったメリット・デメリットがあるかなどがわかりやすく書かれていますので、参考になるでしょう。

医学部受験をすることで親孝行できるか 

2012年05月02日(水) 15時45分
医学部受験をする場合、卒業までにいくらくらいかかるかを考えなければいけないのです。
一般サラリーマンでは給料が低空飛行のままなので、かなり厳しい生活が想像できます。しかし、将来の夢ばかりを追ってお金を支払えず中退では本末転倒です。
高い入学金、卒業までに1000万円以上支払うことも考えられるので、その分を差し引いて自分の生活ができるかどうかということを考えましょう。
奨学金制度も充実している医学部ですが、受験で合格しても苦労が絶えないというのでは子供がかわいそうです。
お金にゆとりがある家庭は別としても、ほとんどの家は国立に受かるようにするとか、少しでも貯蓄を多くしておくとか工夫をしています。
漠然と医者になりたいというのでは、道中が厳しくなることは避けられません。費用対効果という言葉があるように、自分に見合っている学校を受験することも親孝行です。