悪性リンパ腫の生存率

October 24 [Wed], 2012, 14:54
一方、非ホジキンリンパ腫だと診断された場合、その生存率はどうでしょうか?
ガンが、どのタイプの性質であるかで、その生存率は違ってきます。
低悪性度とは、年単位でゆっくり進行するガンのことを言います。
また、中悪性度とは、月単位でガンが進行するような、割と速い場合です。
それから、高悪性度とは、週単位でガンが進行するくらいの、かなり速い進み具合と言えるでしょう。
これらのタイプによって、生存率も違います。

その生存率は、低悪性度であった場合、1期と2期の5年、生存率は70パーセントから90パーセントと言う、ここでも高い数字が出ています。
3期、4期では、50パーセントから70パーセントなのです。
では、中悪性度のもの、高悪性度のものになると、どうでしょうか?
1期、2期ですと、やはり70パーセントから90パーセントです。
3期、4期ですと、40パーセントから50パーセントとなっています。
これらの生存率は、あくまで参考ですが、それでも他のガンより高い生存率ですよね。

もちろん、悪性リンパ腫の生存率は、また、再発した場合の生存率は、悪性度や、ステージ、患者さんの体力や状態にも関係しています。
悪性リンパ腫の場合、抗ガン剤を使うことによって、免疫力が低下します。
ですから、予後でも再発の心配がありますし、感染も心配されます。
万が一、悪性リンパ腫が再発してしまった場合、より多い量の抗ガン剤を使うことになります。
ですから、体へ大きな負担をかけてしまうことになりますね。
http://blogs.yahoo.co.jp/y5i2n291804
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まさこ67i5
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/xlt505mg/index1_0.rdf