プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:xllthowzlfadcp
読者になる
2010年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
【ゲームニュース一週間】 ― ゲーム機戦争から3D戦争へ / 2010年07月05日(月)
今週は3D戦争のスタートを印象づける発言が話題を呼びました。米国任天堂(任天堂オブアメリカ:NOA)は3Dメガネ方式を牽制、SCE Worldwide Studiosはこれに反撃しています。

3D立体視には大別して2つの方式があります。プレイステーション3陣営が提示する3Dメガネ方式と、「ニンテンドー3DS」が実装した裸眼3D方式です。前者は大画面に向き、後者は携帯機に向いています。ゲーム機としては交わらないはずの両者ですが、NOAとSCEが舌戦を展開する理由はどこにあるのでしょうか?

NOAの社長兼COOであるReggie Fils-Aime氏は、3Dメガネ方式は安価なものとはならないと指摘。「部屋にいる人数分必要になる」ことがポイントとしています。

SCE Worldwide Studiosの社長である吉田修平氏は先の発言に対し「ゲームの3D効果に関して我々は同じメッセージを送っているはずですが、他の会社がやっていることの小さな部分を叩く必要はないはずです」とコメントしました。

こうした舌戦は米国のビジネスシーンではよく見られるものですが、日本人には大きな違和感があります。

現時点ではソニーは携帯3Dゲーム機を発表していませんし、任天堂はホームシアター的な部分を考慮していないようです。両陣営とも自社が推す技術のメリットに関しては知り尽くしているという訳です。事実、任天堂の社長である岩田聡氏は「裸眼3DのTVが出るには何らかの発明が必要」とコメント。吉田氏は「もしあなたが大劇場のような経験をしたいのであれば、もちろんメガネをかける必要があります。最新技術を持ってすれば、3Dメガネはかけていることを忘れる位軽いのです」と語っています。発売当初は「大画面のソニー」「携帯機の任天堂」という図式となり、完全に同じ土俵で激突することは少ないでしょう。

では、なぜFils-Aime氏の牽制に吉田氏は反撃し、大画面における優位性を強調したのでしょうか。

「ニンテンドー3DS」のメディアプレイヤー的な側面に答えがあるようです。岩田氏は経済誌フォーブスに対し、ハリウッドのスタジオとパートナーシップを締結し、「ニンテンドー3DS」上で3D映画を流したいと切望している…と語っています。

メディアプレイヤー的な部分はプレイステーション3の得意分野。「ニンテンドー3DS」が安価な3Dプレイヤーともなれば、プレイステーション3と真っ向から激突することになります。

先週筆者は「「ニンテンドー3DS」は3DTVを叩き潰してしまうのでしょうか?」と書きましたが、叩き潰すことはなくとも、3DTVの普及に影響を与えることは考えられます。

3Dメガネ方式はホームシアター的な用途に向きますが、AVマニアでない一般層にとってはホームシアターを構築する機会がなかなかありません。家族が多ければ別でしょうが、世界の7割の国では晩婚化が進んでいるといわれます。

「ニンテンドー3DS」のような携帯機は「おひとりさま」が使うのに向いていますし、日本に限れば住宅事情も厳しいところがあります。「ニンテンドー3DS」により、「3Dメガネ方式でなければ3D映像を見られない」という大前提が崩れたのです。

先週のまとめで「「ニンテンドー3DS」ならゲームもできる3D映像プレイヤーとなるかもしれない」と書きましたが、ソニーVS任天堂の3D戦争は、ユーザーフレンドリーな映画配信サービスを掴んだ方が勝つかもしれません。

【7月5日1時0分配信 インサイド
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100705-00000002-isd-game
 
   
Posted at 11:06/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!