なぜ、作りたいものが作れない。

May 22 [Tue], 2012, 1:21
同人はルーズだといわれないよう、納期は必ず守った。
きちんと利益もだしてきた。
なのになぜだ。
結局どこにいても同じということか。
作りたいから作る。
ただそれだけなのに。
うめ著大東京トイボックス6より規制のない創作物が流通することは、今どきほとんどない。
創作者が目指した形に手を加え、削ぎ落として、削ぎ落として。
比較的フラットになったものを、消費者は手にしてる。
作り手はどう思ってるんだろう規制やレーティング、常識、体面、倫理、社会正義。
そういうのをまるっと無視して作ったものが出回るような、そんな場を作れないものか。
まあ、同人市場規模を見るに利益がでないか。
くそぅ、資本主義め。
大事だけど、時々恨めしく思う。
日記。
ひがしにほんがたいへんだモバゲーの話。
モバゲーが規制されたみたいだ。
最近、課金システムの詳細を知ったんだけど。
これゲーム正味、これまでモバゲーといえば出会い系の一種だと認識してたんだけど。
なんか消費欲収集欲を満たすためだけのシステムのような。
子供の頃からのゲーマーを自認してきた自分に取ってみれば、こんなのゲームとは少なくとも呼べない。
オンラインゲームなんかの課金はまだわかる。
ちゃんとゲームとしての下地があって、追加でお金を払うのは、おまけとしてのコンテンツを楽しむため。
あるいは、他者より優遇された環境で楽しむためという風に、オリジナルαな印象がある。
しかし、モバゲーはうーん。
本質的には大した違いは無いと思う。
例えば、最近自分はリプトンのおまけとして付いてきた、ちっちゃいフィギュアみたいなのを集めてたんだけど。
それだって、購買者の収集欲を煽って販売数の増加をもくろんでるんだろうし、そんなフィギュア、他人から見ればなんで集めてんのわけわからんって見られることもあるだろう。
モバゲーをやってる人に聞いたら、課金しなくてもそれなりに遊べるとも聞くし。
そういう面でもオンゲーの課金システムと同じだろう。
でもなあ。
なんか違うんだよね、モバゲーは。
なんだろう、どことなく金汚さのようなものが露骨過ぎるんだろうかそれともデジタルデータから来る、正当性の無さが嫌なのかな現実じゃ、ガチャガチャの中身を空にするまで回せばいつか手にはいるけど、デジタルじゃ、設定弄れば、100万回まわしても1回もあたらなくすることが出来るし。
なんていうか、努力お金が報われないというか、結果が相手の胸三寸で決まってしまうのが嫌なんだろう。
まあ、自分が手を出すことはありえないだろうから、別にいいんだけどね。
最近、大手までも手を出してるのが気になる。
小遣い稼ぎと割り切って、本筋の開発費のため程度に考えてくれればいいんだけど。
少ない開発費とユーザーの幅の広さ、資金回収力から、うっかりモバゲーと本業を逆転したりしないよねそんなんでゲーム業界が衰退したら目も当てられないなあ。
いや、マジで。
まあ、今後の動向に注目だな。
声優の話。
またもオタバナ系だけど、あしからず。
最近、めざましテレビで声優を取り上げてるのを見た。
いやあ、時代だなあなんて思ったけども。
ただまあ、どちらかといえば、声優といえば芸能人というより素人さんてイメージがある。
あくまで裏方、スタッフって感じ。
最近は露出を増やしているみたいなのでその限りでもないけど、華というより職人というかね。
さておき、声優業は大変なお仕事らしい。
聞くところによれば、声優のみで食べていけてる人は、ごくごくわずか。
1クール終われば、またオーディションという名の就職活動。
仕事が0本の時もあるとかで、収入も不安定だからローン審査も通らない。
声優業の傍ら、アルバイトに身をやつしている人も少なくないらしい。
実入りの多いエロゲに出演なさってる声優さんも少なくは無いみたいだし。
強い方の後藤さんはそれで5千万貯蓄したとかしないとか。
最近は、オタク文化の拡大とともに仕事のチャンスも広がってはいるんだろうけど。
新人も同じように増えてるから、市場競争はむしろよ苛烈なものになるんじゃないかな。
というわけで、いやあ、かなり厳しいらしいですよ昨今の、タレント自身の事務所立ち上げなんかは、その辺が影響してるのかもなんて邪推したり。
そういう意味じゃ、露出する機会が増えて、収入チャンスが増えることは、アニメ、ゲーム等楽しませて貰ってる一介のオタクである自分としては、良かったねと素直に思う。
ラジオなんか聞いてると、楽しそうで華やかなイメージがあるけど。
実情は夢がないとやってけない、大変な業界らしいです。
まあ、大変じゃない仕事なんて、世の中、そうそうないけどね。
うっかり、声優なりたいなんて業界に飛び込むと地獄を見るかもしれない。
秀吉バリのマジカル下克上を成し遂げる覚悟が必要だ。
各々がた、努々、お忘れなさるな。
以下、オタバナ。
一般の方はお気をつけ。
アニメ今期アニメランキングアニメワンの集計結果1位氷菓2位FateZero2ndシーズン3位アクセルワールド4位さんかれあ5位這いよれニャル子さん6位坂道のアポロン7位咲Saki阿知賀編episodeofsideA8位宇宙兄弟9位これはゾンビですかオブザデッド10位黒子のバスケあれヨルムン、あれさておき、妥当なのかなニャル子が高すぎる気もするが。
あれ、どこが面白いのかさっぱりわからねえ。
リというか記号化著しい昨今ですな。
ともあれ、オタクにあんまり順位だとかランキングだとかは関係ないのだ。
自分の中でナンバーワンなら、どんなどマイナー作品だろうが、それがジャスティスむしろ、マイナーな作品こそありがたがる傾向があったりするしねー。
オタク心理ってのは結構単純だけど、単純な統一、ーマライズ、カテゴライズは難しいのだゼデジャブザファイヤーアニメMAD。
どこかで見たことあるようなシーンを繋げてみた作品。
何作わかるかなどうでもいいけど、この√Bestmadsofalltimeって、なかなかいい仕事する。
小説ブラッドスクーパー森博嗣、新刊。
ヴォイドシェイパの続編。
まさかシリーズ物だったとは。
さておき、もう、面白かったというほかない。
悲鳴伝西尾維新、最長編物と帯に銘打ってあったけど、別に長さは重要じゃないと思うなっ。
というか、長いと誇張されてるからか、なんか積んでる状態。
手がでねえ。
まあ、そのうち。
そのうちね。
化物語副音声副読本上アニメ化物語の副音声を、以前、この日記に引用したことはあったけど。
いやあ、まさか書籍化されるとはね。
買おうかどうか悩んだけども、ディレクターズカットの言葉に惹かれて買っちゃった。
まあ、買わなくていいかなって内容だったけど。
ガンパレードマーチ2K新大陸編Aなんか戦闘に余裕があるなあ。
デーモンの足を捻り千切りながら、盗撮の雑談て。
さておき、次のレイクサイド救出戦で終わりかとも思ったけど、どうやら続きそう。
カーミラみたいな第3世界人の影が匂ってたし。
うーん、楽しみに次巻を待つとしよう。
コミックス銀の匙3今回も面白い。
食い物を仕事にしてると、原材料というか、食品までの過程もそれなりに気になるわけで。
特に屠殺が。
知ってると知らないとで、どれほど違いがあるか微妙なとこだけど。
まあ、ゼロではないと思う。
かんなぎ73年半ぶりの最新刊。
休載する前の連載時、ヒロインが彼氏アリだったということで作者ーっという悲鳴が各所で上がっていたが。
その時、武梨えり氏作者はクモ膜下出血だったという。
いやー、漫画家って大変なお仕事なんですね。
しかし、ちょっと展開が急ぎ足なのは、とりあえず終わらせとこうかって感じからか当て屋の椿江戸を舞台にした、オカルト系推理物。
で、エログロ。
なかなか面白い。
信長のシェフよくあるタイムスリップ物。
仁Jinの料理版といったところか。
なかなかでした。
TERRAFORMERSスペースシップトルーパーズ的な感じかと思ったら、ゴキブリかよ。
しかも人間風味の。
トラウマものだなコレ。
四方世界の王バビロニア地方の物語。
ギルガメッシュ叙事詩の世界観より御厨あおい後の話。
あそこらへんの文化時代背景には、ちょっと興味あったんでいい機会。
つくりは粗いがおもしろい。
ブッシメン仏像マンガ。
いやあ、世の中にはいろんなジャンルのマンガがあるんすねえ。
そこそこ面白かった。
華麗なる食卓たまに読むと、なんのマンガだったかわからなくなる。
そんなマンガだ。
萩尾望都紫綬褒章の受賞、おめでとうございます。
まあ、トーマの心臓しか読んだ事はありませんが。
加えて、名前の呼び方も知りませんが。
おぎおぼーとや、ほんとに好きですよ絵柄とかねゲームロボティクスーツ。
OPです。
シュタゲと違って明るい印象。
まあ、ものづくりが今回のテーマらしいから。
あねもね号集団消失事件の絡ませ方が一番気になるとこなんで。
それなりのークさがあれば、それで。
ガンパレードオーケストラ白の章、緑の章、青の章。
PS2作品。
なんかやりたくなって、購入。
白は¥500、緑は¥1000。
そして青は¥6500ェ。
なんで青だけプレミア付いてんだよ。
買ったけど。
AIと乱数で出来てる作品だけど、まあ昔のだよね。
イマドキ、AIなんてほとんどの作品に使われてるが、当時はいや。
ガンパレ時代ならともかく、PS2ともなると普通ですね。
Sランククリア全員青まで転属を目標にやってるが、未だ白の章から進めない。
なかなかイベントが進まないまま、既に10らせん目だぞチクショウめ。
というわけで、チート使ったんだけど、それでもまだ戦闘記録がコンプできぬ。
てか、イベントフラグがわかんねぇよ。
リアルラックなの、コレコンプまで、大いに楽しめそうだなあ。
以上。
終了。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:xl0aobd6pu
読者になる
2012年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/xl0aobd6pu/index1_0.rdf