リバウンド 

February 13 [Wed], 2008, 14:54
ダイエットにおけるリバウンドを正しく理解するには、生体維持機能であるホメオタシスについて知ることが求められます。ダイエット後に体重が、以前より増えてしまう現象をダイエットのリバウンドというのはご承知の通りです。これはダイエットを実際に行った多くの人が経験している事でしょう。
リバウンドは先に書きましたが、人がほんらい持つホメオスタシスという機能と関係があるのです。なにかの事情で周囲の環境が変っても、体温維持や血糖値、血圧の調整など生命活動に必須な機能を正常に保つ働きをするのがホメオタシスです。食物の摂取量が急に少なくなった状態に陥るとホメオタシスが働いて、効率よくエネルギー源を取り込み蓄えようとします。ダイエットをしている場合は、通常、食事制限をしますのでこの働きが起こりうるわけです。食事の際には、脂肪細胞から出されるレプチンが満腹中枢を刺激して、満腹感を感じます。このレプチンの分泌量と脂肪吸収量が、ホメオスタシスによって平常のバランスがくずれるときにリバウンドが起こります。
これを防ぐには、バランスに以上をきたさない程度の緩やかな体重減少、食事制限が望ましいという事になります。過激なダイエットがリバウンドでだいなしになるのはこういうメカニズムがあるのですね。

デトックス 

February 06 [Wed], 2008, 13:42
ゲルマニウムとは、金属と非金属の中間に位置する半導体のことをいいます。
最近このゲルマニウムが注目されているのは、マイナスイオンや遠赤外線を放出する特徴やデトリックス効果があるがあるからです。このゲルマニウムから発するマイナスイオンが生体電流の乱れによる肩こりや疲れ、冷えなどを整え、血液や神経の伝達を活発にする効果があると云われています。またこのゲルマニウムには、体内に大量の酸素を作り出す働きもあるので、デトリックス効果があるということです。ちょっとわかりにくいですね。酸素は血液と一緒に全身に栄養を運び、老廃物を回収する働きをしています。この酸素が足りなくなる

東海テレビ「愛の迷宮」 

February 05 [Tue], 2008, 15:38
東海テレビ制作の「愛の迷宮」が今秋からスタートします。これは親子2代にわたる愛憎劇に仕上がっています。そのことを紙面からご紹介したいと思います。

フジテレビ系の新ドラマで東海テレビ制作の「愛の迷宮」は10月1日から月?金曜日午後1時半からスタートします。その制作発表が六本木のグランドハイアット東京で行われました。
制作発表の出演者は宮本真希(29)、保阪尚希(39)、高橋かおり(32)、黒川芽以(20)、阿部進之介(25)、河合龍之介(24)の主演者の6名が出席しました。
このドラマは、愛を貫くがために親子2代にわたる愛憎劇を描いたドラマです。初主演の宮本真希は花嫁姿を初披露しました。「プライベートではきる事がまだないので、楽しみでした。」とルンルンしながらコメントしました。

文香は夫、光男と義理の姉である可奈子との不倫関係に悩んでいました。そして自らが禁断の愛に身を投じていくという波乱まみれの設定になっています。その事について「文香は不幸な女だなとは思っていません。真実の愛を知る時期が少し遅かっただけです。その分愛にはまっすぐな女性なのです。」と共感していました。

保阪尚希は昼ドラ初出演となりました。私生活では今年の春に真言宗に出家しました。その後はじめてのドラマ出演になりました。
高橋かおりとのベッドシーンについては、「高橋さんは百戦錬磨ですから」とかコメントしていました。

ドラマは前半後半に分かれていて後半は次世代、つまり子供世代の愛憎劇が展開される事になっています。

デトックス 

February 03 [Sun], 2008, 18:45
ゲルマニウムとは、金属と非金属の中間に位置する半導体のことをいいます。
最近このゲルマニウムが注目されているのは、マイナスイオンや遠赤外線を放出する特徴やデトリックス効果があるがあるからです。このゲルマニウムから発するマイナスイオンが生体電流の乱れによる肩こりや疲れ、冷えなどを整え、血液や神経の伝達を活発にする効果があると云われています。またこのゲルマニウムには、体内に大量の酸素を作り出す働きもあるので、デトリックス効果があるということです。ちょっとわかりにくいですね。酸素は血液と一緒に全身に栄養を運び、老廃物を回収する働きをしています。この酸素が足りなくなると身体への栄養の供給が妨げられ、老廃物も回収できずにたまってしまうのです。その結果、血管内が酸欠状態になると内皮を傷つけ、悪玉コレステロールの増加や動脈硬化の促進につながり、老化を早めることになってしまいます。酸素が増えれば、デトリックス効果があるということです。この酸素を増やす方法に、ゲルマニウム温浴というものがあります。42〜45℃の有機ゲルマニウムを溶かしたお湯に手足を浸し、20分ほど温めるというものです。身体の3分の2の末梢神経が集中する手足を温めると、皮膚呼吸によりゲルマニウムが全身に行き渡ります。ゲルマニウムが発するマイナスイオンと遠赤外線によって身体が芯から温まり、短時間で大量の汗をかくことができます。この汗は皮脂腺から出る汗なので、体内の余分な脂肪、老廃物、有害な毒素を体外へ運び出してくれるのです。このように新陳代謝が活性化され事で自然治癒力も高まり、身体の各器官の機能も正常になり体調も整い、もちろん血液の酸欠状態も改善されるのです。このゲルマニウム温浴は専用のゲルマニウム温浴機が完備された施設で行うことが多いですが、最近では、自宅の浴槽で手軽にゲルマニウム温浴ができるボールタイプの商品なども出てきています。ゲルマニウム温浴は、たった20分で、エアロビクスを2時間行った場合と同じカロリーを消費できるので、ダイエットにもおすすめです。でもいいからといって長時間行うのはかえって逆効果になります。20分以上の温浴はのぼせ状態になり、身体を疲れさせる原因になるからです。
kosutokoコストコ

コストコ川崎(kosutoko)