全然ちがう意味として伝わってしまうこともあるのだとか

October 09 [Wed], 2013, 11:36
いきなり外国人に英語で話しかけられたら緊張しますよね。しかも、自分の言いたいことをうまく伝えることができなかったがために、それがトラウマになって英語嫌いになってしまったという人もいるのでは? なぜそのとき、あなたの意思疎通はうまくいかなかったのでしょうか。教科書の英語=正しい英語とは限らない!たとえば、外国人に道を尋ねられた際、直進してくださいということを伝えるためには、“You need to go straight.”と答えるでしょう。しかし、なぜか怪訝な顔をされてしまってなんて経験がある人もいるかもしれません。教科書で習ったとおりの文法でていねいに答えたのに、どうして不審な顔をされたのでしょうか?それは、あなたの返事が、まっとうに生きたほうがいいですよという意味にとらえられたからですそう教えてくれたのは、日本で25年以上の英語教授経験を持つデイビッドセイン先生。セイン先生によると、学校で教わったとおりにしゃべっても、全然ちがう意味として伝わってしまうこともあるのだとか。基本中の基本である“You are welcome.”だって、どういたしましてではなく当然ですよという意味で伝わることがあります。こうした言い間違いに関して、先日出版させていただいたmini版 爆笑!英語コミックエッセイ 日本人のちょっとヘンな英語アスコム刊でも紹介させていただきましたセイン先生同書でも紹介されていますが、たとえば、ちょっと太めの相手に対して、“You’d better shape up.”とダイエットを促したつもりが、ネイティブにとってはシャキッとしなさいという意味にしか聞こえず、会話が成立しないなんてこともあるそう。セイン先生によると、こうした間違った認識を生んでしまう原因のひとつが、実は、教科書で習った英語なんだとか。言葉は生きているということを忘れないで言葉というのは時代の流れとともに変化し続けるものです。久しぶりに会った相手から元気ですか?と尋ねられ人気モンクレール ダウンときのおなじみの返答“Fine, thank you.”も、もはや死語。最近では、“Really good.”などと答えるのが一般的ですねセイン先生うーんなるほど!法律に記載されている条文は難しいものばかり、というわけではありません。わりに生活に近しいもの、業務に関したもの、「えっ、こんな法律があるの!」と驚かされるものなど、読んでみるとけっこう面白いものです。そんな、法律に関する面白い話を集めてみました。罰則は死刑のみ!罰則規定が「死刑」しかない法律があります。それは刑法の第81条に規定されている「外患誘致罪」です。条文はこうなっています。[外患誘致]外国と通謀して日本国に対し武力を行使させた者は、死刑に処する。有罪になってしまうと死刑が確定なのです。客を宿泊させる義務! ただし……旅館業法というのがありまして、これはホテルなどの旅館業を営む業者が守るべき法律なのですが、その中の第5条に面白い規定があります。第5条(宿泊させる義務)営業者は、左の各号の一に該当する場合を除いては、宿泊を拒んではならない。第1号宿泊しようとする者が伝染病の疾病にかかっていると明らかに認められるとき。第2号宿泊しようとする者がとばく、その他の違法行為又は風紀を乱す行為をする虞(おそれ)があると認められるとき。第3号宿泊施設に余裕がないときその他都道府県が条例で定める事由があるとき。基本的に「泊めてくださーい」とやってきたお客さんを拒んではいけないわけですが、上記の1、2、3号に当てはまる場合にはその限りではない、と。第2号の「その他の違法行為又は風紀を乱す行為をする虞(おそれ)があると認められるとき」が微妙だなと思いませんか? 例えばデリバリーな風俗産業はどうなるのでしょうか? デリヘルなどを呼びそうな客は断れるのでしょうか?もし断れるとしても、フロントで「お客様はデリヘルを利用されますか?」とは聞けないですよね。これも軽犯罪なの!?軽犯罪法は、「軽微な秩序違反行為に対して拘留や科料の形」を定めたものです。割と身近な犯罪に関して定められているのですが、第1条には、「以下に該当する者は、これを拘留又は科料に処する」として、その対象となる者を34号にわたって規定しているのですが……。第1条第4号生計の途がないのに、働く能力がありながら職業に就く意思を有せず、且つ、一定の住居を持たない者で諸方をうろついた者第1条第4号に上記のような文が! 寅さんとかは気を付けないといけないかもしれません。住居が実家になっていれば大丈夫モンクレール ダウン 人気のかもしれませんが。また第16条には以下のような文が……。第16条虚構の犯罪又は災害の事実を公務員に申し出た者これもいけないのです。また23号には……。第23号正当な理由がなくて人の住居、浴場、更衣場、便所その他人が通常衣服をつけないでいるような場所をひそかにのぞき見た者「のぞきはいけません!」ということなのですが、法律で規定しようとするとこういう文になるのですね。いかがだったでしょうか。法律の条文を読んでみると意外な面白さが見つかったりしますよ。いきなり外国人に英語で話しかけられたら緊張しますよね。しかも、自分の言いたいことをうまく伝えることができなかったがために、それがトラウマになって英語嫌いになってしまったという人もいるのでは? なぜそのとき、あなたの意思疎通はうまくいかなかったのでしょうか。教科書の英語=正しい英語とは限らない!たとえば、外国人に道を尋ねられた際、直進してくださいということを伝えるためには、“You need to go straight.”と答えるでしょう。しかし、なぜか怪訝な顔をされてしまってなんて経験がある人もいるかもしれません。教科書で習ったとおりの文法でていねいに答えたのに、どうして不審な顔をされたのでしょうか?それは、あなたの返事が、まっとうに生きたほうがいいですよという意味にとらえられたからですそう教えてくれたのは、日本で25年以上の英語教授経験を持つデイビッドセイン先生。セイン先生によると、学校で教わったとおりにしゃべっても、全然ちがう意味として伝わってしまうこともあるのだとか。基本中の基本である“You are welcome.”だって、どういたしましてではなく当然ですよという意味で伝わることがあります。こうした言い間違いに関して、先日出版させていただいたmini版 爆笑!英語コミックエッセイ 日本人のちょっとヘンな英語アスコム刊でも紹介させていただきましたセイン先生同書でも紹介されていますが、たとえば、ちょっと太めの相手に対して、“You’d better shape up.”とダイエットを促したつもりが、ネイティブにとってはシャキッとしなさいという意味にしか聞こえず、会話が成立しないなんてこともあるそう。セイン先生によると、こうした間違った認識を生んでしまう原因のひとつが、実は、教科書で習った英語なんだとか。言葉は生きているということを忘れないで言葉というのは時代の流れとともに変化し続けるものです。久しぶりに会った相手モンクレールメンズダウンベストら元気ですか?と尋ねられたときのおなじみの返答“Fine, thank you.”も、もはや死語。最近では、“Really good.”などと答えるのが一般的ですねセイン先生うーんなるほど
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:xjx2972
読者になる
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/xjx2972/index1_0.rdf