プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:xjvowqxohxrznp
読者になる
2010年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる
これはコンセプトモデルではない!──「libretto W100/11M」のデュアルディスプレイな使い勝手を試す / 2010年06月22日(火)
 東芝が6月21日に発表した「ノートPC事業25周年記念モデル」には、“えっ、これってコンセプトモデル?”と思ってしまいそうなユニークな製品がいくつか登場している。

【拡大画像や他の画像】

 そのなかでも、まず見た目で驚かされるのが、ボディを開くと通常の液晶ディスプレイの対面に、キーボードではなくもう1枚の液晶ディスプレイを配置している“デュアル液晶ディスプレイ搭載ノートPC”として登場した「libretto W100/11M」だ。

 2枚のディスプレイ、しかも、サイズの小さい“サブディスプレイ”ではなく、同じサイズの2枚を搭載したデュアルディスプレイノートPCは、2009年のCeBITでASUSがコンセプトモデルとして公開し、2010年のCeBITではMSIが複数のコンセプトモデルを展示している。しかし、同様な構成のlibretto W100/11Mがコンセプトモデルではなく、実際に市場に投入する「製品」として登場したことに、東芝の元気とやる気と遊び心が感じられて、旧来のJ-3100/Dynabookユーザーとしては、それだけでうれしく思ってしまう。

 libretto W100/11Mは、CPUにTDP18ワットの超低電圧版「Pentium U5400」(1.2GHz)を搭載し、チップセットにはIntel QS57 Expressを採用する。Pentium U5400はグラフィックスコアを統合した“Arrandale”世代のデュアルコアモデルで、Hyper-Threading TechnologyとTurbo Boost Technologyはサポートしない。メインメモリはDDR3-800をオンボードに2Gバイト実装する。メモリスロットは持たず、これ以上の拡張はできない。データストレージとしては、62GバイトのSSDを内蔵する。

 本体に搭載するインタフェースは、micro SDカードリーダーとUSB 2.0が1基、ヘッドフォン端子と種類が限られるが、無線接続では、IEEE802.11 a/b/g/nの無線LANに対応するほかモバイルWiMAXも利用可能で、Bluetooth 2.1+EDRもサポートする。

 本体サイズは約202(幅)×123(奥行き)×25.4〜30.7(厚さ)ミリ、重さは4セルバッテリー搭載時で約699グラム、8セルバッテリー搭載時で約819グラムになる。なお、バッテリー駆動時間は4セルバッテリーで約2時間、8セルバッテリーで約4時間となる予定だ(いずれも2画面点灯状態)。

●「TOSHIBA Bulletin Board」で自分流のインタフェースを

 マルチタッチに対応するタッチパネルを組み込んだ液晶ディスプレイは、サイズが7型ワイドで解像度は1024×600ドットになる。従来のキーボードの代わりに設置されたディスプレイには、いろいろなパターンのユーザーインタフェースを表示して利用することが可能だ。libretto W100/11Mでは、専用ガジェットを自由に配置して使えるオリジナルツール「TOSHIBA Bulletin Board」や、5パターンのレイアウトを切り替えられるソフトウェアキーボードが用意される。TOSHIBA Bulletin Boardで使える専用ガジェットには、メッセージを自由に記入できるメモ紙やふせん紙のほか、時計やカレンダー、テンキーがある。いずれも、自由に配置でき、向きやサイズを変更できる。

 タッチパネルの操作性を向上させるオリジナルツールには、ほかにも「TOSHIBA ReelTime」が用意される。これは、帯状に並んだ「最近使ったファイル」のアイコンをタップすると、そのファイルと関連付けしたアプリが起動するランチャーで、アイコンに指を重ねてスライドさせるとアイコンもスクロールする。その動きは指の動きとシンクロし、スクロールも高速だ。

●5種類のキーボードで立ってよし座ってよし

 ソフトウェアキーボードのパターンは、通常のノートPCと同じJIS配列の6段キーボードから、ファンクションキーを省いた5段キーボードで機能キーのレイアウトが異なる2パターン、そして、親指入力を想定した左右分割のキーボードでは格子配列と指の動きにあわせてカーブを持たせたパターンがある。ディスプレイは、タップにあわせて振動するフィードバックにも対応するので、ソフトウェアキーボードでも通常のキーボードを打鍵した感覚を再現してくれる。

 TOSHIBA Bulletin Boardは、複数の画面を指でスライドさせて簡単に切り替えることも可能だ。また、本体に加速度センサーを搭載しており、本体の向きを検出して画面の表示方向を自動で切り替える機能をサポートしている。これは、電子ブックリーダーとしての利用を想定したのもので、そのために、電子ブックリーダー「Flip Viewer」と辞書ソフトの「デジ蔵PC」を標準で導入している。【長浜和也,ITmedia]】

【6月21日18時13分配信 +D PC USER
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100621-00000054-zdn_pc-sci
 
   
Posted at 04:02/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!