プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:xjkloxfcusrvck
読者になる
2010年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
就学前の親子3組迎え交流、不安をみんなで和らげる 三岳小PTA / 2010年07月06日(火)
 福知山市一ノ宮の三岳小学校で4日、PTA学年部主催の「親子の集い」が開かれた。就学前の子どもの保護者を対象にした「親のための応援塾」も兼ねた催しで、学校児童、PTA会員らも含め約60人が参加し、うどん作りなどをして、交流を深めた。

 応援塾は、就学前の子どもを持つ保護者に、将来始まる学校生活に対する不安を少しでも和らげてもらうのが目的で、校区内の未就学児の親子3組を迎えた。
 
 家庭科室で6班に分かれて、米粉を使ったうどんとお好み焼き作りに挑戦。講師は三岳地区子ども育成会の健康・食の部員が務めた。
 
 うどん作りは、まず米粉と片栗粉を混ぜ、しっかりとこねていった。打ち粉をして麺棒で生地を伸ばしたり、包丁で均等に切ったりする時は親子で協力しながら手を進めた。
 
 未就学児の親たちは、在学児童の保護者たちと会話が弾み、すぐに打ち解け合っていた。お好み焼きもふっくらと出来上がり、みんなで味わった。
 
 龍雲寺保育園児の年次暖仁君(5)と参加した母親の則子さん(36)=下佐々木=は「きょう学校に入る時は親子ともども緊張しましたが、料理を作っていくうちに、緊張もほぐれました。保護者や地域の方々は親切な人ばかり。まだ不安はありますが、何とか入学が迎えられそうです」と喜んでいた。 7月6日0時4分配信 両丹日日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100706-00000301-rtn-l26
 
   
Posted at 16:04/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!