高血圧で保険をあきらめている方

September 07 [Sat], 2013, 16:57
る区画だな。
 巴は何故かそこにはあまり力を入れていなかった。
 手っ取り早く街の支持を集めるなら彼らに気に入られるのが一番だと思うけど、どうなんだろうな。
 詳しくは本人に聞けば良いか。ナイキ スニーカー ハイカット
 変異体の統率ってのは新しい情報だ。
 そっちも合わせて確認しておこう。
 しかしエリス、情報収集能力が何気に高い。
 しかも更に向上している気がする。
 
「ありがとうエリス。助かるよ」

「勿体無いお言葉。これも若の大事な生徒が学園長の手に落ちない為の緊急措置、苦にもならない。という事でアクアの結界暴発を許してあげて欲しい」

 ……ありがとうと言えばこれだ。
 エリスは本当に掴めない。

「別に僕は怒ってないよ。何なら二人共ここから出る? 連れて行ってあげるよ」

「い、今はいい。生徒達が心配だし解けるまでここにいようかと……」

 外にはモンドがいるからか。
 でも外に出れば、巴が多分森鬼にご褒美を何かあげている訳だから楽しくもある筈だけど。
 ……まあいいか。
 僕も若干疲れたしエリスがここにいたいと言うなら触れないでおこう。

「そう。ならそれで良いよ。じゃあ僕は外に戻るから」

「ご苦労様でした、若。出来れば師匠によろしく言って下さい」

「断る」

「む、無体な……」

 アクアとエリスを置いて結界から出た。
 巴達と合流して学園長と会って、それからどうするかな……。

「ライドウ殿、今お戻りですか」

 ん。
 結界からやや離れた所。
 中庭のシェルター付近で声を掛けられた。
 おや、意外な人物。

[彩律様。私の気のせいかもしれませんが、少しお疲れでは? 大丈夫ですか?]

「……お恥ずかしい。貴方の方が何倍も疲れている筈なのに」

[学園長も我々も全力で事件の解決に動いております。もう少しだけご辛抱下さい]

「勿論です。いけませんね、私の様な者は外部との連絡を断たれてしまうだけでおたおたしてしまって……」

[当然のお気持ちかと]ナイキ ウーブン

 当たり障りなく応対していた、はず。
 なのに、いきなり彩律さんの目が鋭くなった。
 射抜かれるような嫌な感じが放たれる。

「ライドウ殿。いえ、ライドウ様。この事件、学園の手でない別の力によって解決に向かっている事はわかっております。どなたが後ろで手を引いているか、その程度の事は私も、おそらくリリ皇女なども察している事でしょう。リミアの王とてその目は節穴ではありませんし。例外はアイオンの目、この地にいるレンブラント商会は既に貴方に取り込まれ見る事をやめているようですが」

 偉い人には僕らが暗躍しているのはやっぱりわかっちゃってるのか。
 邪魔しないようにはお願いしておいた方がいいのか?
 下手に僕が応対するとまた問題が増えそうなのが、なあ。

「クズノハ商会の力、その一端のみとは言え理解しました。ライドウ様が賢人様であったとしても、如何にこれほどの実力者を集め組織を作られたのか、私には想像もつきません。時に方々に宿ると言われる超常の力に貴方も目覚めているのか、それとも稀有な商才とカリスマをお持ちなのか」

[私を買い被り過ぎです。私は賢人様などではありませんし、恵まれた立場にいるのは単に幸運なだけとしか言いようがありません]

「……今は、それを明らかにしようとは思っておりません。この後冒険者ギルドの長、ファルス殿からの提案でクズノハ商会について諸々を話しあう場が設けられますがそこでもローレル連邦はライドウ様、クズノハ商会を肯定的に受け入れようと考えています」
http://www.shoessresult.com
[ありがとうございます]

 おや、有難
  • URL:http://yaplog.jp/xixihuhu/archive/21
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク 絵文字 プレビューON/OFF
画像認証  [画像変更]
画像の文字 : 
利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/xixihuhu/index1_0.rdf