らんでタ

April 01 [Wed], 2015, 12:27


その后、私は合格して希望する高校、彼は家にいてもお嫁さんは彼を高校に進学し、日頃は三流のが、せめても入学できる、私たち二人に会う機会が増えているのが、彼のさまざまなデマも多くなっていますが、私は彼を信じて、彼を探してみた時、彼はいつも忙しくても、会うこともないと数回顔をあわせた。2 . 14号に13のバレンタインデー、俺は永遠に忘れられないと、私とはこのこと」とニンマリを探しに行っていた時に、彼の胸に抱かれて抱きしめた私は友达の腰にした方が良い……彼は私の话を闻いて彼の说明しなくて、私は昨日、彼は歩いて、一瞬にして崩壊したと、すべてここだ夢、梦から覚めて、人がいないのは、空になって……

彼が胜手に、私の退廃的ましたが、私が悪化すると、事業本部の敵意が、それ以後、もう一向も自発的に彼を訪れ、嫌だ、退廃にの日の中をえらんでタバコを吸って、酒を飲み、ケンカをしました。その时、感じはとてもいいものを见て、タバコを吸って云图霧の周回軌道にだった。お酒も解ける千愁でのみ、酔の場合に限ってません忘れ痛い…

高校3年生)を控えて、彼が私のところに来、退廃しました」と、彼はまくってあやまっ、それを、私の心は瞬间を柔らかには、彼を抱きしめて泣き出し、私たちの元に戻った。高校3年生の后、私と彼の愿いをも受かった大学が同じで、大学生になったら、美人の美女が多くなって、ついに彼はやはり当ての誘惑にできなかったが、2014年の9月26日から別れて、私に同意したのは、ただその知らない、と彼と别れたその日、私は自分でぬれ雨をまとめた後、風邪の一戦に続けなければならないとするアタシの堕落して、たばこを吸って、酒を飲み、ぶらぶらバーにはまた1つの九月日目は、話をしたのか六年の感情をこのまま終わって、ほほほ、裏切る、别れて、痛みは、全体の人、私に付き添って動揺したのは、:酒とタバコはおました……爱情、小さなアーチの门蜜、二度とを信じていた……
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆきな
読者になる
2015年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/xiwanghuany/index1_0.rdf