米副大統領。

August 31 [Wed], 2011, 1:09
緊急召集がかかり、8月11日から仙台入りしていました。昨日の早朝に東京に戻って来て、バタバタとして、やっと今落ち着きました。今回の仕事はタイトルにもあるように、米副大統領が来日し、宮城県仙台にも訪れ、被災地を訪問した際の車列を運転していました。本当に急に入った仕事で、お盆真っ最中に大混雑の中、なんとか仙台入りして、さらに間には、ロンドンで所している会社が主催するチャリティーコンサートも仙台で開催されたりと、あっち行ったりこっち行ったりのコンピュータを開く暇もないような10日弱を過ごしていました。そして、でかなり仕事こなせると言う事が分かった笑アメリカ大使館をはじめ、ホワイトハウスのセキュリティー担当などからの指示を忠実に受け、車を走らせる事が任務でしたが、とにかくその要望は変更になりまくるので、かなりの臨機応変さが要求されるものでした。1回、震度5弱の地震が来た時は、仙台空港の駐車場に居て、車の中でスタンバイしてましたが、揺れが強くなると、車は上下にかなりジャンプしてて、ビックリしました。いやあ、あれは結構揺れが大きかったです。そして、副大統領来日当日は、外務省のネームプレートを付けて、仙台空港の滑走路に車を走らせ、副大統領とその取り巻きのホワイトハウススタッフを乗せて、宮城県警先導のもと、仙台市の隣、名取市の数カ所を車列を組んで走行しました。車列組む時は原則として、前の車との車間は他の車が間に入り込めないくらいにキープしなければならず、また、警察の先導下のため、法律は無視になるため、警察が160とかで走ったら、それに従わなければなりません。さらに、車列で間が空いてしまったら、急加速して追いいたら即急ブレーキして一気に速度を前の車と同じにそろえて、また追随走行しなければならず、かなりハイテクニックな運転が要求され、かなり緊張しました。命がけで、ストレスも非常に溜まる大変重い責任のある激務でしたが、ものすごく近くで政府専用機、エアフォース2を見る事ができたり、ホワイトハウス職員と出会うことができたりと、非常によい経験をすることができました。また、大使館職員からも大変気に入っていただけたようで、これからも何かしらよい関係をキープして、今後に繋いで行けたらと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:xiuz6lpahc
読者になる
2011年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/xiuz6lpahc/index1_0.rdf