アグ楽天

November 13 [Wed], 2013, 12:18


 話を静かに聞いていたヘータローがスバルを見上げ、その黒目がちな瞳を潤ませながら問いかけてくる。愛らしい猫の瞳を向けられるスバルに、クルシュが空に浮かぶ白鯨の姿を見上げ、

「私の加護でも、あそこまで届かせるのは並大抵ではない。一太刀ならばあるいはと思うが……それで落とせるなどとは思えない」
http://www.yclosen.com/パンプス-ミュール-x9107u-4.html
 上空へ逃れた白鯨の高度は、おおよそ雲と同じ高さまで達している。
 最初の出現時よりさらに高いその場所取りに、白鯨の性質の嫌らしさが表れているようでスバルは苦い顔を堪えられない。
 あの位置では砲筒を利用した魔鉱石の砲撃も、命中率を大きく下げるだろう。

「レム。あの野郎のすぐ近くに氷の山を浮かべるとか……」

「ごめんなさい。マナは手元から離れれば離れるほど、扱いが難しくなります。ロズワール様なら可能だと思いますけど、レムの腕では」

 状況を打開できるかもしれない可能性が見えたのに、そこに手を貸せないことを心から悔いる顔のレム。その彼女にスバルは手を振り、仕方ないと首を曲げる。
アグ楽天
 考えていた、作戦はある。
 クルシュの答えと、ヘータローたちの答えと、レムの答えを待って、それで最善策が出るのであれば、採用したくなかった次善策が。

「ちっとばかし、賭けの要素が強すぎる作戦があるけど……乗るか?」

 片目をつむり、スバルはその次善策を披露する前に彼女たちの覚悟を問う。
 だが、それはそれこそ無粋な問いかけだったと言えるだろう。

 ――この場にはせ参じた時点で、彼女らがその手の賭け事に躊躇などするはずのない、大馬鹿者であることをスバルは知っていたのだから。
アグ 激安

※※ ※ ※ ※
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:xiuy7722
読者になる
2013年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/xiuy7722/index1_0.rdf