クロエ財布

December 14 [Fri], 2012, 13:06
「元セレブ妻」の契約社員生活プレジデントオンライン

「元セレブ妻」の契約社員生活プレジデントオンライン

150万のバッグを「じゃあ、頂くわ」

エルメス、ルイ・ヴィトン、グッチ、シャネル……。杉山香織さん(仮名、35歳)が、クローゼットを開くとブランドの紙袋が雪崩落ちてきたでも中身はない。クレジットカードの支払いに困ったとき、すべて中古屋に売り払ったのだ。老舗デパートで総額500万円ほどで買いあさったブランドバッグは、ろくに使わず新品同様だった「エルメスとヴィトンは、正価の半額で引き取ってもらえる」。妙な勉強になった出版社勤務だった香織さんと広告代理店勤務だった夫(40歳)が、ウェブ制作会社を立ち上げたのが6年前。出産を機に、香織さんは仕事の一線から退いたが、家計と経理はしっかりと握っていた。2004年から06年の年収は約3000万円「珍しいエルメスの黒カーフのバーキンを、奥様のためにキープしておきました」クロエ

高級チョコレートと香り高いお茶を前に、老舗デパートの特別室で外商担当者にささやかれると、嫌とは言えない。それが「外商マジック」だ「そうね、これは珍しいわねぇ……じゃあ、頂くわ」

魔法にかかったように、キラキラ光る1割引きの外商カードを出してしまう。クロエ財布価格は150万円。銀行口座には毎月300万、400万円が振り込まれるから、これぐらいちっとも怖くない……。友達の医師夫人に紹介された外商の世界を知った香織さんは、「デパートの売り場なんて庶民のためのショーケースなんだわ」と思ったブランドバッグを総額500万円、時計も夫と自分の分を3個で500万円、さらに夫の鞄やスーツで200万円「特別なお取り置き」を言われるままに買うことがセレブなんだと思っていた毎週末のようにベンツに乗り高級旅館に宿泊。高級フレンチや寿司屋に通い詰め、夫婦2人で数万円が当たり前。その間子供は高いベビーシッターに預けていた。クロエバッグ高級外資系ホテルに家族で泊まり、シッターも呼んで子供を任せ、自分はエステを受けて一晩で20万払ったことも。友人とご飯を食べると「私が払う」とカードを出してしまう当然、考え方も変わった「××ちゃんとは遊んじゃ駄目よ」と子供の友達を選んだ。つきあうのは医師や弁護士など「上流」の子供だけあるとき、地元の幼馴染みが出産祝いに5000円くらいの食器セットをくれた。香織さんは「あんなお金のない人がこんな高いものを……」と心から申し訳なく思い、3万円の商品券をお祝い返しに贈った。それきり、その友達は連絡してこなくなった。…
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sola2012
読者になる
2012年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/xiaoyan2012/index1_0.rdf