発つ鳥あとをにごさず 

2004年10月24日(日) 9時10分
スタバで一人お茶していたときのこと。
前に座った女性は見た目「フツー以下」のお姉さん。
外見で人を惹きつけるタイプではない(あぁ、失敬・・・)。

でも、その女性、席を離れるときに、自分がつかっていた
テーブルを紙ナフキンでひとふきしてから去ったんです。

考えてみれば最低限のマナーかもしれないけど、
「それは店員の仕事でしょ」とでも言いたげに
タバコの吸殻、水滴を残して去る人の多いこと、多いこと・・・
「セルフサービス」の定義はただ単に
カップやトレーを指定場所に返すことだけではなく、
自分がつかった場所を次の人が気持ちよく使えるように引き継ぐこと
なのかもしれませんね。ひいた椅子を中に入れるのもそのうちのひとつ。

あの人、見た目はパッとしないけど、綺麗に見えたもん、、、(たびたび失礼
発つ鳥あとをにごさず!美人の条件です。
去る前に一度振り返ることを忘れずに!!

別れ際の挨拶 

2004年10月16日(土) 23時53分
中谷彰宏「大人の女性のマナー」より別れ際の挨拶について。

○目が合わないのは、挨拶ではない。
    挨拶は、口でするのではありません。
    挨拶は、目でするのです。1対1でなければなりません。大勢の相手に
    まとめて挨拶をして、挨拶をしたつもりになっていては
    いけないのです。大勢に挨拶するのは、誰一人にも挨拶していないの
    と同じ。目を合わせることができるのはたった一人だから。

○最高の挨拶は、相手の名前を呼ぶこと。  
   “またね”“今度またお食事でも”・・・などより、ずっと素晴らしい
    言葉。それは、別れ際、小さな声でこう言う。
    「中谷さん・・・」、「・・・」にすべての思いを込める。
    初対面の相手なら、相手の名前を最後に呼ぶことで「今日たくさんの
    人にお会いしたけど、あなたの名前を覚えました」ということを伝え
    ることができる。

簡単なことなんだけど、意外と忘れがちですよね。

「視線」
「名前」


よし!明日から実行!

「見える?」 

2004年10月16日(土) 4時00分
先日、某駅前でお祭りがあり、
ちょうど見世物をやっていたので、立ち止まってみることにした。

といっても、かなりの人だかりができていたので、
背伸びをして後ろからようやく見えるくらい。

そこへ現れた20代そこそこのカップル。

普通なら彼女を気遣って、よく見える位置を探し、
最悪、自分は見えなくても彼女を前に出して見せてやるだろうに、
なんとその男は一人で前へつきすすみ、柵(本来はその柵の内側
で観覧することになっている)を乗り越え、自分ひとりで見だした!!

彼女は行きたくてもスカートを履いているので柵を乗り越えることができず、
困り顔。結局、あきらめて後ろから見るしかなかった。

ありえない!!!!!
そもそも柵を乗り越えて見ること自体、他の観客を無視した行為なのに、
彼女を一人ぼっちにして自分だけ見て満足するという無神経さ、思いやりのなさに思わずあきれてしまった。

その後、
「バカ面こいて見てるんじゃねーよ
と言わず
「よく見えた?よかったね」
と優しい言葉をかけた彼女に乾杯。

こういうとき、恋人同士じゃなくても、
「見える?」「こっち見えるからおいで」の気遣いがほしいですね。

笑得〔舌甘〕 

2004年10月12日(火) 21時17分
中国人留学生A君との会話。

私:「ねぇ、彼女のどういうところが好きなの?」

:「笑得〔舌甘〕

日本語で言えば、「笑い方が可愛い」っていう感じ?
いや、〔舌甘(=甘い)〕だから、その訳じゃ物足りないな。

「男をメロメロに溶かしてしまいそうなくらい甘〜く、可愛げに、女の子っぽく」
ニコニコっとすること。


そんな感じ。

器量の良し悪しに関わらず、笑顔がキュートな人は美しいもの。
よし、明日から「笑得舌甘」作戦を実行せねば

姓名占い。 

2004年10月03日(日) 18時22分
自分の姓名だけで性格を診断されてたまるか!と思いきや、、、

[ 表の性格 ]
あまり人に干渉される事を好まない、個人主義者です。人とは適度な距離を置いて付き合う事を好みます。ベタベタした付き合いは苦手で、つい人と距離を置きがちなので心を許した相手は少ないでしょう。

[ 裏の性格 ]
あるがままに現実を受け入れる人です。身の丈にあった行動を好み、過剰な行動は好みません自分の役割をキチンとこなす責任感の強い人ですが、不条理な事も反論せずに受け入れてしまう事もありそうです。

[ 統合的な性格 ]
誇り高い人です。必要とあらば、どんな困難もくぐり抜ける強さを持ちます。しかし妥協できない人でもあります。納得できない事に膝を屈する事に、大いに屈辱を感じます。また、

人にも自分と同じような高い志を求め、そのレベルに達しない人を軽んじる嫌いがあります。

ねぇ、だからなんでこんなに当たってるの?
良くも悪くも当たっている

それはそうだけどさ。。 

2004年10月03日(日) 13時09分
中国人留学生、A君との会話

私 「ねぇ、○○アって中国語でなんていうんだっけ」

A君 「そんな小さい国のことなんて、知らない

私 「。。。。。。。」

A君 「(妙に得意げに)中国の地名ならほとんどわかるけどね♪」

私 「。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。」

はい、そうですか、そうですか。
そりゃぁ、おたくの国は広いですよ!

ちなみに、
日本の総面積は○○アの約三分の二、
さらに小さかった。

。。。。。。。。。。


トイレの後。 

2004年10月02日(土) 23時48分
ねぇ、どうして公共のトイレで用を足した後、
きちんと手を拭かないor乾かさないの

以前このブログで、髪の毛をハンカチ代わりにする人を
取り上げたが、その方がまだマシかもって気がしてきた。

そう、今日、池袋の駅で濡れた手を宙でふりながら
出て行ったアナタ!
私のスカートに水が飛んだんですけどね

あと、出入り口のドアの取っ手に水が付いているのも
勘弁してくれって感じです。

《本日の一句》
濡れた手は 洗ったその場で 拭きませう

ハンカチ 

2004年09月26日(日) 20時26分
お出かけする時もっていくのは、タオルですか、それともハンカチ派?

私は吸収力のあるタオルが好きです。

でも、今日、ステキなハンカチをひざの上にのせて
食事をする友人を見てこう思いました。

「よし、私もこれからはハンカチでいこう!!」

その様子がとってもエレガントだったんですもの
汗を拭う季節も終わったことですし、ね♪
早速ステキなハンカチ、買いに行こっと

笑顔のサービス 

2004年09月25日(土) 22時52分
接客業の仕事に就くA君。

「ずっと笑顔でいるのって疲れるから自分には今の仕事
向いていない気がする。。。」

笑顔が商品の一部になるような仕事に就いていると、
悲しいときも苦しいときも、
それを表に出したらプロ失格と言われてしまうので辛いものがある。
人間だから仕方のないことだ。

けど、
笑顔ってそんなに疲れることだっけかな。。
私はいまやっている仕事、すごく好きだし誇りをもっているから、
無理して「笑顔、笑顔。。。」なんて思ったことないんだけど。
「顔」は「心」の窓、仕事をしていて心が笑っていれば(楽しんでいれば)、
疲れていても、イヤなことがあっても、
ちょっと気をつけるだけで自然と笑顔がついてきてくれる。

笑顔でいるのが疲れるっていうより、単に仕事がイヤなんじゃないの?
と心の中でつぶやく私でした。

ホクホク。 

2004年09月25日(土) 9時11分
嫌いじゃないけど苦手かな。。。 
もしかしたら嫌われているかも。。。

たいして話したこともない人に対し、
「なんとなく」本能的?直感的?にそう感じることがある。

が、
いざ接してみると、案外気があったりするもの。

昨日も職場でそんなことがあって、
帰り道ずっとホクホクしていました。

始めからフィーリングが合うのもいいけど、
新たな発見があって仲良くなれるのはもっと嬉しい。

人と人のつきあいって面白い。
社会人になって新しい出会いがあるたびにそう思う。 
2004年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像xiaoliu
» 臭い! (2004年09月22日)
アイコン画像ハチコ
» 臭い! (2004年09月22日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:xiaoliu
読者になる
Yapme!一覧
読者になる