編集部の物語の万事ストーリー紹介

August 17 [Fri], 2012, 16:21
「編集部の物語』を描く『人間ガイド』という雑誌の編集部に、6つの性格のそれぞれ異なっては思いやりがある、人を助けることが好きな編集の間の交流と衝突、彼らと描いて社会に発生した後に発生したさまざまな人生のストーリ。これは我が国の第1部テレビシリーズの喜劇で、劇中のをからかって、ユーモア、皮肉、滑稽で、テレビをつけて映画シリーズのと、その出現、広げた我が国のドラマの美学の品格。物語の取材で社会生活の中の様々な話題は、「人間の手引き』雑誌の編集部の何人の年齢を待たずに、性格のそれぞれ異なっては思いやりがある人、熱心に助の編集を貫いて終始劇。物語は独立し章、ふざけるユーモア、人を連発して、腹を抱えて、人を引いて深省。いわゆる:世界がそろい、東南西北万象が難しいし、1つの平平凡々な屋に、何人の人です;1冊の賑やかな本、何粒の誠実な心、わざと人間ガイド、しようがない人はばらばらに預かる;が困難を、しようがない考え事難移、話さないでは苦くて甘い、分からないのは私はあなた。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/xiao858204/index1_0.rdf