アメブロへ移行します 

November 11 [Tue], 2008, 9:38
同じ記事を載せることが多くなってきたので、
今後はアメブロへ移行することにしました。

こちらもまだ使うかもしれませんが、
ありがたく登録をしていただいていた方が
いらっしゃいましたら、ご変更宜しくお願いします。

ラスベガスライフ

「もう、不満は言わない」効果 

November 10 [Mon], 2008, 14:15
「もう、不満は言わない」
21日間ですべてがうまくいく法
著者・ウィル・ボウエン

この本に書かれていることはとてもシンプルで簡単です。
でも、これを実践しようとするとなかなか難しいのです。

やることは、
21日間、不平不満を言わないこと。
薄紫色のブレスレットをはめて、不満を言ってしまったら
左右をつけかえて、再びやりなおす」というもの。

昨日、早速やり始めてみました。
普段言ってないよー、という人でも意識すると
案外言っているものです。

たとえば、うちの旦那様は日本シリーズをみて
「このピッチャー、コントロールわるいなあ、
見てていらいらしちゃうよ。」とつい口走ってしまったり。
早速、左右つけかえです。。。
ゲーム性があっておもしろい。

しかも、効果があります。
悪いことを言わないと、あたり前ですがとても気持ちがいい。
ただ、人間なので間違いや失敗はつきもの。
そうしたらやり直せばいいだけ!
一緒にやりませんか??

著者のHPもあります↓
A Complaint Free World

「三六九の子育て力 大人になっても困らない人を作る」 

November 09 [Sun], 2008, 22:10
「三六九の子育て力 大人になっても困らない人を作る」越川礼子・著

この本には、子育てに活かすことのできる「江戸しぐさ」が書かれています。
異文化でいろいろな階級の人が集まる大都市だった江戸で、
背景の異なる人々が気持ちよく生活するための知恵が
江戸の人々には受け継がれていたようです。
それは、江戸しぐさと呼ばれていました。
まさに、今必要とされているものばかりです!
日本を離れることを意識しているせいか、
最近は「和」ものがとても気になります。

江戸の子どもの養育法として
「三つ心、六つ躾、九つ言葉、十二文、十五理で末決まる」と
紹介されています。
周りの大人が自ら見本となって、
成長段階に合せて地域で子どもを育てる文化があったようです。

「三つ心、六つ躾、九つ言葉、十二文、十五理で末決まる」
三つまでには、心を育てる。
六つまでに、大人が自ら言動で示して真似させ躾ける。
九つまでに、目上の人にも失礼のないようお話できるようにする。
十二までに、文章が書けるようにする。
十五で、頭の知識だけではなく、物事の理屈や本質を理解すること。

自分も含めて当たり前のことが当たり前にできていない人が多い中、
これが実践できればみんなで気持ちよく過ごせそうです。
子は親の姿を見て育つんですねー。急に、背筋が伸びます。

この本のイラストを描かれている小林裕美子さんも
とっても素敵です♪

1928年新聞記事に載った祖母 

November 07 [Fri], 2008, 22:03
新愛知新聞(現・中日新聞)夕刊1月14日に掲載された
祖母が取材された記事です。
一部、旧字体は現字体になおしました。

この祖母を持ってるんだから、
運転怖がってないで前向きにやらなきゃね!

***********************

「生活線上の女性」
数がすくない自動車の女運転手
文字通り万緑叢中の紅一点
名古屋市内には僅かに二人

自動車が贅沢な華族のお坊ちゃん方の遊山機関のように
思われていた事も昔の夢となって今日では
日常欠くべからざる交通機関の一つとなった。
名古屋市内の関太郎自動車も大正十二年から
発展して昨今遅まきながらも
市営バスの問題がもちあがって
愈々県へ申請したという自動車全盛時代である。

自動車の激増と共にふえるのは運転手諸君である。
「運転手になる早道…」なんて盛んに自動車養成所が
いたる所に設けられたがさてこの学校から出てくるのは
何れも男性ばかり。
愛知県保安課で昨年十二月来試験を行ったときの志望者は
五百余名。それもすべて男性ばかりであった。
自動車に関わる女性の職業といえば
短いスカートの下から都腰まきをのぞかせて
「ごめんどうさまですが切符を切らして頂きます」と
黄色い声をはりあげている
謂う所のバス・ガアルときまっていた。

ところが女性の方でもそういつまでも
この新しい機関を男性にばかり独占させては
おかない勇敢にもハンドルを握って男性の領分へと
のり出した健気な女性が現出する様になった。
しかしそれも花火の如くてパッと出たかと思うと
なかなか辛抱が出来ず追々と減って今では市内に二名
愛知県が合せて十八名
そのうちで名古屋市内で活躍して居る太田うめ子さんは
大正十四年末名古屋市東区千種町の東亜自動車学校を卒業した。
愛知県保安課の試験も見事パスし
甲種免許証を得て現在市内南区稲永遊郭内稲水タクシーに
勤め万緑叢中の紅一点、男性の中にクインの如き威勢を示している。

事故……ええ、まだ一度も。動機ですって?
只自動車がとても好きでしたから
女だって運転の出来ないものではないと思いました。
活動写真なんかで見ますと
西洋のご婦人などは
平気であざやかな運転をしています。
日本だってこれだけ自動車が増えたのですもの、
もつと実用化してだれでも運転が自由に出来るように
ならなければうそですワ」と中々の元気だ。

「アラッお客様ですワ御免なさいネ」と
あっけにとられている記者をのこして
折柄の夕暮にあざやかな運転ぶり、
うめ子さんと今一人の女性は市内門前町
安全タクシーの松井つぎさん、
松井さんは矢張り同じ位の二十才を出たばかりの
年かっこう東京蒲田の自動車学校出との話。
何れにしても生活線上の女性としては
華々しいものではないか(写真は太田うめ子さん)


アフタヌーンティー・ティールーム 

November 06 [Thu], 2008, 21:24
いろいろ用事を済ませ、ほっと一息つくために、
今日はアフタヌーンティー・ティールームへ行きました。

街はクリスマス色がますます濃くなってきました。
その影響で、季節のショートケーキ(クリスマスっぽいもの)を
選びました♪
クリームが上品で、飾りのパフの食感がちょうどよく
とてもおいしかったです!

雑貨類もほんと可愛い
サイトにある壁紙もおすすめです。


小室哲哉ネタで芸能ニュース離れ 

November 05 [Wed], 2008, 20:57
小室哲哉報道は、面白がっているとしか思えません。
村上さんもホリエモンも同じく。

特別好きだったわけではないけど、
勢いのあった方の凋落ぶりは切ないです。
とにかく、見ていて気持ちの良いものではありません。
視聴率のためには品格などと言っていられないのでしょうね。

マスコミの
「売れる」ための(負の)感情に訴える記事と、
広告主に媚びる「売る」CM、
広告主を気にして真実を伝えない報道などを見ると、
ますますがっかりします。

インターネットの時代になり、
欲しい情報は自分から探しにいく人が増えました。
ますます、芸能ニュース&テレビ離れしそうです。

先日会った、某テレビ局報道部のJちゃん
(私たち夫婦のキューピッドでもあります)が、
テレビ離れの影響が広告業界で大きく現れていると
語っていました。

切り絵が楽しい! 

November 03 [Mon], 2008, 11:09
最近、季節感を出すため、
お部屋の飾りつけに切り絵を採用しています。

好きな作家さんの本を参考に、
自分のオリジナル作りも楽しんでいます。

矢口 加奈子さん
小宮山 逢邦さん
イワミ カイさん
下中 菜穂さん

切り終わった後に開く瞬間がとても感動的です♪


矢島美容室 「ニホンノミカタ -ネバダカラキマシタ-」 

November 02 [Sun], 2008, 10:58
とんねるずとDJ OZMAが矢島美容室 として歌う
「ニホンノミカタ‐ネバダカラキマシタ‐」を、
たまたま自動車学校でかかっているテレビで見かけた。

なんじゃこれーと思いましたが、
「ネバダから来ました〜」のフレーズに
これはタイムリーだと頭の片隅に入ってました。

うちは、テレビを全く見ない生活で、
引越しを機にもうすぐ廃棄される運命。
なので、世間のうわさにとても疎い。

この度、ネバダ州ラスベガスに行くといったら
数人にこの矢島美容室のことを言われました。

ラスベガスを知っていても、何州か知らない人も
結構いると思うので、これで知る人が少しは増えるかな。

M Cafe de Chaya(エム カフェ ド チャヤ) 

October 31 [Fri], 2008, 13:37
M Cafe de Chaya(エム カフェ ド チャヤ)
アークヒルズアネックス店に行ってきた。

9月5日(子1号の誕生日と同じだ〜)にオープンしたばかりの
マクロビオティックのカフェ&デリ。

メニューもセンス良く、野菜いっぱいでヘルシー。
お味ももちろん、レベル高いです。
豆腐チーズケーキにとても満足!

スタッフの方も感じよく、ついいろいろお話してしまった。
LAの1号店、赤坂サカスの2号店に続く3号店目とのこと。

お隣では、アメリカ人と思われる集団がおしゃれに
モーニング会議をやっていた。
テラス席なら子連れにも良さそう♪
今だとそろそろ季節的に寒いけどね。


アメリカ大使館での面接 

October 31 [Fri], 2008, 13:31
今日は、夫婦でアメリカ大使館のビザ申請(非移民)の面接に行ってきた。
まず、携帯やipodまで、電子機器は入り口で預ける。

セキュリティーゲートを一人ずつ通り中へ。
都心の一等地で、こんなに広くて庭も手入れされててきれい!
さすがアメリカ大使館!!


10時の集合時間とのことで早めに行きましたが、中は
すでにすごい人の数で圧倒される。混んでる!
いろんな国籍の方々で、すでにアメリカが始まっている感じ。
窓口に呼ばれる人の名前に、中国人が多かったのが印象的。

10時すぎに指紋採取の順番が来る。
なぜか、夫の指紋を機械がうまく読み込まずあせった。
10時15分には、面接のため窓口に呼ばれました。

質問は、夫に集中。
管理職という立場でのビザなので、
「部下は何人か?」
「部下はどんな階層か?ミドルクラスorロウアークラス?」
「部下はどんな話か?」という部下に関する質問攻め。

私は何も聞かれなかった。ほっ。

そんな感じで無事に終わったので、1週間後にはビザが下りるそう。
最新コメント
アイコン画像しゃんりー
» 1928年新聞記事に載った祖母 (2008年11月10日)
アイコン画像森の声
» 1928年新聞記事に載った祖母 (2008年11月08日)
アイコン画像しゃお
» 1928年新聞記事に載った祖母 (2008年11月08日)
アイコン画像しゃんりー
» 小室哲哉ネタで芸能ニュース離れ (2008年11月06日)
アイコン画像ふあめい
» 小室哲哉ネタで芸能ニュース離れ (2008年11月05日)
アイコン画像しゃんりー
» 切り絵が楽しい! (2008年11月04日)
アイコン画像ふあめい
» 切り絵が楽しい! (2008年11月04日)