インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には色々な形式がありそ

July 26 [Tue], 2016, 12:29
インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。これは文字通り陶器でできた人工歯であり、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが要求される作業です。いわば一点一点がオーダーメイドですから、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。一本のインプラント治療にかかる費用はトータルで30万円から40万円と考えてください。もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費は相当変わってくるので、治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、治療に取りかかることをすすめます。いろいろなデータの中でも重要なのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。高い費用も、一括払いには限りません。分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。人工歯としてのインプラントは安定した使用感が得られ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはインプラントにして良かった点の一つです。ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい強度を備えています。たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。長年放っておいた虫歯があり、結局、歯を抜くことになってしまいました。隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたが他の選択肢としてインプラントをすすめられて、インプラントの方が良いと考えました。費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん隣の歯と同じように使えたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがそもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一周削って、上にブリッジをかぶせます。治療後、一見した感じでは、ほとんどの場合、インプラントが優るというべきでしょう。先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという辛さもあるのです。差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。差し歯は、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、利用することは不可能です。さて、そこでインプラントですが、これは金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。その手術とは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。入れ歯などの方法と比べると、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の高レベルの医療技術が必要不可欠と言っても過言ではありません。そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。インプラントはメリットの大きい治療法です。けれども、マイナスの部分も理解しておきましょう。第一に、費用は他の歯科治療より高額です。難しいケースでは数十万円かかるケースもあるのです。そして、治療にミスや失敗があると障害が残るような健康被害も起こりうる危険性も承知しておいてください。障害を負うにとどまらず、治療が原因で死亡することも過去にはありました。インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。保険がきかない理由ははっきりしています。インプラント治療をすすめようとするとブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。手術の前後には様々な処置が必要で、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、時間に見合った医療費がかかります。これを保険適用にしてしまうと、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うごく一般的なインプラント治療でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。ですから、歯科医院を決めるときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることがキーポイントの一つです。院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ内で述べている歯科医院も当たり前のようになっていますから、まずはそこを見てください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:愛結
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/xhosagfteenrti/index1_0.rdf