毎日チェックしているもの。
2017.06.01 [Thu] 19:55

過去に何度も書いているが鳥が好きだ。

今、毎日YouTubeで「〜ツバメの雛が巣立つまでLIVE中継〜」を
見ている。



朝から晩まで何度も何度もちょいちょいチェックしている。
朝7時にチェックすると、すでに親鳥がエサ探しに出ている。
親鳥が巣のフチに降り立つと目をつぶってよりそって
かたまりになっている雛が一斉にパカーッと口をあけて
餌をねだる。

何回も何回も、今日は19時過ぎに餌はこびを終了まで
早朝から何十回と餌を探し雛に順番に与えるとゆー
子育てをしている。

夜間の巣には親鳥1羽しかおらず、ツバメって確か夫婦円満なので
共同で子育てするはずなのに、片親なのだろうか。
こんな食欲旺盛な雛5羽を1羽の親鳥で育てるのは無理ではないか、と
考えていたら、ちゃんと両親そろっていて入れ替わり立ち替わりで
餌を運び、雄(パパ)は近くで寝ているとチャットで書き込みをみて
心底ほっとした。

ところで、拙宅のテレビ買い替えた。
もう半年以上前の話なんだけど。



昨年秋の広島旅行から帰ってすぐ、結婚した時に買った
世界の亀山モデルアクオスが壊れた。
ウンともスンとも言わず。

10年前、1インチ1万円の時に買った37インチ。
引っ越しの時に引っ越し屋さんが「うわー!すごい!初めてみた!」
っていったアクオス。
数人がかりでめちゃくちゃ丁寧に運ばれたアクオス。
しつこいが、世界の亀山モデル。@吉永小百合
10年経てばただのゴミ。

先に買い替えていたBDとリンクさせるために、ソニーのテレビにした。
49インチ?48?しかも4K!
これで東京オリンピックどーんとこい!!

新しく出たソニーのテレビはね、すごかった。
アプリがテレビに内臓されているの。
テレビってゆーより、でっかいタブレットの感覚。

YouTubeのアプリがテレビに入っているのでYouTubeばかり見ちゃって
今ほとんどテレビ見ないかもー。
家事するときも掃除するときもいつもミュージックビデオを
テレビで流しているので、常に踊って歌って大騒ぎの日々。
楽しいよw

そんなわけでリモコン1つでツバメのライブ中継を見ている。
とにかく…ツバメのライブは夜はぜんぜん動きないけど
見るなら日中に是非!!
鳥好きにはらまらん。

近況。
2017.05.22 [Mon] 08:40

ごきげんよう、皆様。

イタリアに行ったのがはるか昔のことのようだ。
いずれちゃんと旅行記はまとめようと思う。
自分の為に。

最近のわたしは普通に元気にやっている。
平日が何の予定もない休みのときは、朝9時過ぎに
打ちっぱなしに行ってゴルフの練習をし
帰ってきて豆乳とバナナのスムージーを作って飲んで
午後からはプールにいって2キロほど泳ぎ
夕方はハイジとのんびりとロング散歩。

ハイジの散歩をしながらFaithを爆音で聞く。
大好きな曲。
スティーヴィー・ワンダーとアリアナ・グランデね。



その後、ブルーノ・マーズ。



ハレルヤ2連発。
最近音楽が1周まわってソウル好き(←元々)に戻ってきた。

すっかり健康生活をしているので自分でもめちゃくちゃキモい。
キモいけど、相変わらずのたうちまわるような二日酔いに
見舞われるほど大騒ぎして飲んだりもしておる。
遊んで働いて動いて元気にやっています。



さぁ、ゴルフシーズンが始まっているね。
今年もゴルフが面白い。



夫と2人ゴルフしたり



父といったり




で、昨日夫と父とシェイクスピアカントリークラブで
ゴルフだった。

夫が利用しているじゃらんゴルフのアプリでプレー代金
無料に当選したの。
すごいでしょ。

うちの夫ってすっごいくじ運いい人なんだよね。
それは子どもの頃からだったみたい。<義母曰く

しかし、すごい疲れた。。。
スタート前のパター練習の時から雷が鳴り
夫と父のティーショットが終り、レディースティーに移動して
自分のドライバーを持った瞬間から雨…

夫も父もワタワタと雨よけのカバーかけたりしてて
わたしの渾身の一打をまったく見てないってゆーね。。。

ただちょうどコース巡回に出るマーシャルが見ててくれて
ナイスショット!と声をかけてくれたけど。

パー発進のあとはダボダボダボ…でイライラがつのる。
でもドライバーとウッドがまぁまぁ良かった気がする。

しかし疲れた。
カート乗り入れ禁止だし、意外とアップダウンのある
うねうねしたコースに歩き疲れ。。。

わたし、カート乗り入れOKのところしかもう無理かも。



あ、あと先月購入の春コスメ!
妹とショッピング。



お買い物のあとは女子っぽくパンケーキでお茶しようね、って
言ってたのに、結局アテニヨルで生ビールで休憩した。



わたしがゲットしたのはいつも通りYSLの下地と
ポーラの美容液、リンクルショット!!@15,000円(税別)
あとのコスメの買い物はぜーんぶ妹。

わたしは3月にルナソルのハイライト買って
その後ナーズのシェーディング買ったくらいかな。



ルナソルのハイライトもナーズのシェーディングも
リピート必須なほど、メイクアイテムとして欠かせない。

あとねー、クレンジングをスリーのに変えた。
スリーのオイルクレンジングすっごく良い!

+

あともう1つ買ったもの!
ゴルフのサンバイザー。
アウトレットでパーリーゲイツの購入したよ。

いやー、ホントは白のサンバイザーを買うって
心に決めていたのに、土壇場になって
ファンデでとか日焼け止めで内側めっちゃ汚れるなーとか
マーカーつけたりとったりするときもツバ汚れるなー…って
思ってしまって、なぜかオレンジ。。。



今になって本当に後悔している。
白を買えば良かった。ううう。



わたしのマーカーはアーノルドパーマ。

お買いもの。
2017.02.17 [Fri] 15:23

買ったもの。

ルナソルのオイルハイライト、アディクションのアイシャドープライマー






イタリア旅行@Day2
2017.01.28 [Sat] 14:03

Maroon 5の「Sugar」とゆー曲のMVがすごい好きで
時々観て癒される。

たくさんの結婚式にサプライズ登場するんだけど
新郎新婦もゲストもみーーーんな幸せそうで
こっちまでハッピーになる。
家事しててもこれ流れたら手を止めて踊っちゃう。





映画「この世界の片隅に」を観てきた。
やっと。

以前ブログに書いたのが11月だから…
http://yaplog.jp/xheidix/archive/892
ロングラン!!

素晴らしかった。
ホントに素晴らしかった。

戦時中の広島に生きる1人の女性の物語なんだけど
戦争とゆー暗い時代だけども、
その時代に生きるごくごく普通の女性の姿があった。

庶民の衣食住が丁寧に描かれていて
戦争があろうがなかろうが女は節約し工夫しながら暮らし
家族と笑いあい、時に大事なものを失い傷つき
それでもさわやかに生きる、
生きるって愛と哀しみに満ちているなぁ、とつくづく思ったわー。
もう1回見たいかも。

主演の能年玲奈あらため のん の声が本当にピッタリで
素晴らしかったー。

昨年広島旅行をしたので、原爆投下される前の広島市街地などが
再現されていて、それも見ごたえがあった。
おすすめ!

最近ね、お金払って観たいと思う映画がアニメしかない。
次は「ひるね姫」でも観ようかね。。。




いきなり脱線しましたが、イタリア旅行2日目です。
1日目はただ到着して飲んで寝ただけだからね。

軽く飲んで即、眠れたので時差ぼけとか無かったと思う。
でも朝5時くらいに目が覚める。

この日、午前中はフリー。
夫が熱望していた遺跡フォロ・ロマーノを観にいく。

朝食を食べてホテルを出てテルミニ駅に行って
タバッキと呼ばれるタバコ屋(日本でいうところのキオスク)で
ローマパス48を購入。





これを買うと48時間乗り物乗り放題で1つの美術館など無料
他はローマのほとんどの美術館や博物館が割引となり
ローマパスを持っていると行列に並ばず、スキップして入れる。

フォロ・ロマーノは8時半からオープン。
テルミニ駅から地下鉄で2駅。

朝日に染まる遺跡を観て心の底から感動した。
2000年前の遺跡を観ている…!!





フォロ・ロマーノ遺跡はものすごく広大で、じっくり見ると
2時間かかると言われていたが、ホントにあっとゆー間に2時間。

午後からは旅行会社主催のヴァチカン美術館観賞ツアーに
参加予定だったので、ヴャチカン方面へ地下鉄で移動。

早めのお昼はパニーノを。
日本でパニーニって言うよね?
パニーニは複数形なのだとか。

美味しいパニーノを食べたい!と思って日本からチェックしていた
お店に。
ヴァチカンの近く。





わたしはパルマハムとたっぷりのフレッシュチーズと
これまだ大好きなルッコラたっぷり。





夫はプロシュートとアーティチョークのパニーノ。



このアーティチョークの組み合わせ絶品だった!
夫も「あー、俺アーティチョーク好きだ!好きだわ!」と
絶賛していた。うますぎー。

食後は、参加するツアーでは美術館メインなので
その前に、サンピエトロ広場に行ってみた。



すっごい広くてすっごい行列を見た。


↑これずーっとぐるーーーっと行列。。。
サン・ピエトロ大聖堂に入るための行列だった様子。

美術館と大聖堂は繋がっているので我々はツアー予約なので
並ばずにサクッと進める。
予約は大事よね、ほんと。

イタリアでは1月6日までクリスマス飾りをするのだそう。
なのであちこちでクリスマスマーケットをやっていたし
ツリーが飾ってあった。



広場を堪能してもまだ少し美術館の集合まで時間があったので
カフェでビール休憩。



美術館ツアーの参加はちょっとお値段高めだったけれど
申し込んで本当に良かった。
もしかしたら一生に一度かもしれない名画や名作をこの目で
見られるので、ただただ漫然と眺めて「すごーい。有名なんだろうねぇ」
で、終わらせるのではなくしっかりと時代背景、人物像や
価値感、宗教観、それらの説明を日本語で聞きたかった。
あとね、このヴァチカン美術館ってまともにちゃんと見ると
1日じゃ足りないし7キロくらい歩くらしいの。
美術館で7キロって!!
それをうまいこと見るべきものピックアップして3時間で終了。
いや、3時間も彫刻やら絵やら見るって中々無いよねー。
でもそれぞれが素晴らしくて実はまた見たいと思っている。
足りない!美術館3時間いても足りない!



ガイドさんの説明はものすごくわかりやすくて
大変勉強になったし夫もわたしも大満足だった。
このツアーはお値段以上の価値だった。
ラファエロとかホントすごかった。

また、システィーナ礼拝堂の祭壇に描かれている
ミケランジェロの最後の審判や天井画については
システィーナ礼拝堂ではすべての人がお喋り禁止
写真撮影一切禁止。スマホ取り出しも禁止。
とゆーことで、礼拝堂に書かれている絵については入場前に
事前説明でたっぷりと説明してもらってから入ったが
圧巻とゆーか、圧倒的で言葉を失うほどだった。
すごいモノを観た!!!!!!!!とゆー感動の嵐。

このあと、大聖堂に入りここでもミケランジェロの
ピエタ像を見たりラファエロのキリストの変容を見る。
いやー、信者4万人収容できるとゆー大聖堂は大きい!
つい札幌ドームと比較してしまう。



イタリア全然興味なかったんだけど(←本当です。)
食べ物と買い物と絵のために夫についてきたようなモンだから
堪能できて良かった。

※システィーナ礼拝堂以外すべて写真OKなので
 撮ったんだけど、写真じゃ全然伝わらないので
 あえて載せません。

大聖堂を出ると、薄暗くなっていた。







テクテク歩いてサンタンジェロ城のライトアップを観に行く。
キレー!!



人いないね?って思うでしょ?
実際めっちゃ人多いよ。



ここは映画「ローマの休日」でアン王女の乱闘シーンの所ね。
川に飛び込んだでしょ。

さらに歩いてナヴォーナ広場へ移動。
この日は6人で夕飯を食べる約束のため、ナヴォーナ広場で待ち合わせ。







クリスマスマーケットとかメリーゴーランドが!
かわゆいー。



有名な四大河川の噴水ね。

19時待ち合わせの時間までまだ少し余裕があったので
ビールで乾杯。
ハッピーアワーでめっちゃ安かった。





ほそーい路地のテラス席。
テラスといっても囲ってあってガスストーブついているので
まぁまぁ。
日中は10度くらいだけど夜はすっごく寒くて2度くらい。

レストランは新婚のお嫁ちゃんが予約してくれていたお店。
すっごくステキなところだったよー。

泡から始めたんだけど、乾杯写真撮り忘れてお喋りしている間に
飲みほしてしまったよ…の図。



次は白ワインをボトルで。





サルーテ!









食事はどれも完璧に美味しかった。
びっくりするくらいおいしいの。





お魚はスズキ。
半生なくらいで蒸してあるんだけど、ふっくらとしていて
甘くて絶品だったー!





そして赤ワインもボトルで。
ちなみに僭越ながら赤も白もわたしがテイスティングさせていただいたよ。
香りかいで味わって「グーッド!」





ラムの美味しいこと。

どれもこれも大満足で幸せ幸せ。
人気店のようで混んでた!



さ、帰りはバスに乗ってみましょー!
バス危険って言うけどね、6人いるしね。









窓ガラスの引っかき傷での落書きがすげー…。
地下鉄も落書きだらけですごいけどね。
地下鉄の写真撮りたかったんだけど、夫がスマホとかデジカメ
盗まれるしバッグの開け閉めダメ!!と叱るので
写真撮れず。

地下鉄乗り場もホームレスや物乞いすごいからね。
車内はスリの仕事場だし。
階段降りてたらカップ持ってお金くれくれしている。

丸一日食べて遊んでとっても楽しかった。
ホテルに帰って爆睡!

イタリア旅行@Day1
2017.01.24 [Tue] 21:41

さっ、缶ビール3本飲んだところで勢いにのって
更新しますよっ。

お正月にイタリア行ってきました。
結婚10周年の記念旅行ってことでね。

◆おさらいその1

なぜイタリアなのか。
それは夫が「俺は前世イタリア人だと思う(真顔」と
ことあるごとに発言していたことによる。

イタリアの食事、音楽、景色、風土、すべてにおいて
強い憧れと郷愁とも言うか自分にフィットしている、と
常々、ほんっとーーーーーーーーーーーーーに常々言っていた。

テレビでイタリアの特集などが流れると
「懐かしい…」と呟く始末。
俺はいつか絶対にイタリアに行くんだ、と言っていた。

ああ、そうね、それじゃスイート10の旅行は
イタリアに行きましょうかねー、と流していたわたし。

山あり谷あり、夫とわたしとハイジで家族とゆー
システムを構築し10年経過。
さ、イタリアに行きますか。

◆おさらいその2

この10年の間にわたしはワインを学んだ。
夫はずっと若い頃からワインを飲んでいたが
わたしはこの世で一番美味しい飲み物はビールだと思っている。
しかし、30代はワングラスをクルクルしたい!とゆー
見栄のためだけにワインを学ぶ。
その甲斐あって、いっぱしのワイン飲みになったんではないかと思う。

今リースリングの気分だからシャルドネは下げていいわ。
…みたいな!!!!

ワインを学ぶことによって見識を広められたのはもちろん
ワインを通じて仲間も増えた。

ワイン仲間だった独身のメンズが彼女ができ婚約し
結婚し、結婚式に呼んでいただき〜、と人の人生の
分岐点を垣間見たり。

新婚旅行にイタリアに行くと言うので
時期合わせて向こうで一緒に食事しましょうか、と
盛り上がっていると、新婚カップルと知り合ったワイイバーの
オーナー夫婦も「じゃ、うちも一緒に行こうかな」とゆーことで
今回我が家含めて3組の夫婦でイタリア旅行へいくことに。

夫は人生初の海外旅行がヨーロッパ、しかも完全フリー!!
ハードル高そうだけど、いざとなったらwi-fiで
現地に連絡がつくワイン仲間がいるし、いざー!!

って感じでいきました。
ちなみに、わたしが覚えていったイタリア語は4つだけ。

「ビッラペルファボーレ!」
「ヴィーノロッソ ペルファボーレ!」
「ドヴェイルヴァーニョ?」
「バイヴィア!」

意味
→ビールちょーだい!
→赤ワインちょーだい!
→トイレどこー?
→失せろ!

これだけでイタリアに行くのが俺流。
わたしらしいでしょw



移動は新千歳→成田→ローマ
利用した航空会社はアリタリア航空。
直行便です。







この日はわたしの39回目の誕生日。
お誕生日にイタリア出発。
しかもイタリアの時差は日本マイナス8時間なので
イタリアついてもまだまだバースデーガールなのだ。
ロマンチックでしょー。へへへ。

この時期はイタリア旅行のオフシーズンとゆーことだったけど
ローマ行きの飛行機は超満席。

3・4・3席のシートで
わたし窓側・夫真ん中、通路イタリア人男性、とゆー状態。
こ、これで13時間近くか…大丈夫なのだろうか。



離陸して1時間ほどでスナックを渡され飲み物を聞かれる。
もちろん「ビッラ!」
イタリア語でビールはビッラと発音する。

スナックタイムが終わったと思ったら食事の時間。
日本食とイタリアンを選べるが、イタリアンを頼むとペンネだった。



これには「ヴィーノロッソ!」と、赤ワインを注文。

食後に映画を観たりしつつ眠る体勢に入ろうとするが
映画がクソつまんないのしかやってなかったり
観たことあるのしかやっていない。
それか、観たいのは日本語訳になっておらず英語と韓国語だたり。
もうね、名作映画に「マディソン郡の橋」がラインナップされて
いた日には飛行機を降りようかと思ったね。



しかたなく、ハングオーバー(好きな映画)を観たり。





ここからがひたすら長い。
ウトウトして目が覚めてどこかと確認するたびにロシア上空。
寝ても覚めてもロシア上空。

もー!!ロシアー!!
そんな広大な土地なんだから北方領土くらい返せよ!バカ!
と、飛行機の中で思う。
まぁ、ロシアの大部分はツンドラ地帯なんでしょうけど。

窓側の席なので13時間近いフライトでトイレのたびに
席を立つの大変かも?と思っていたが通路側に座る
イタリア人男性がめちゃくちゃビールや水分を取る男性で
しょっちゅうトイレに立つので、彼が席を立つタイミングで
同じくトイレに立ったりしていたので、その辺は
不自由なかったかな。

浅い眠りを繰り返しながらなんとか10時間くらいやり過ごし
着陸2時間くらい前に軽食が出る。
(たぶん寝ている間にも1度スナックタイムがあったらしいけど
 眠っていて受け取れずー)






パンとハムとチーズ、そしてワインも頼む。
途中、ビールビール(ビッラビッラ)注文して「もうないよ!」と
ビールは断られたし。
赤ワインなかなか美味しかったよ。



もうつくー!

イタリアの入国審査は何も聞かれないよ、と言われていたし
わたし以外のメンバー5名はするーっと入っていったのに
入国審査で「ドコイキマスカ!」とわたしだけ聞かれ
「あー、ローマとかー?」と答えると「ふーん?」みたいな感じ。
なんだよ…。

ともあれ無事、到着。
家を出てから丸24時間近く経過しようとしていた。



電車に乗ってローマの一番大きい駅である
テルミニ駅を目指す。日本で言うなら東京駅。
宿はテルミニ駅周辺で全員取っている。

この時点でローマは20時くらい。
いったんチェックインし、駅で待ち合わせて到着の乾杯を
しようということになり、一度駅で解散。

さー!ここから、夫と2人言語の壁を乗り越えていきますよー!
海外旅行初、自称前世イタリア人とゆーだけで
まったくイタリア語を話せず英語もまるでダメな夫と!

まぁ、ホテル見つけて「チェックインプリーズ」って言いながら
予約手配書を見せたら問題なくできたけど。



可愛らしお部屋でした。
部屋の設備を試したりしつつ駅に戻る。
テルミニ駅周辺は治安が良くないので夜間の1人歩きは
控えましょう、とのこと。
普段から物乞いやホームレスやジャンキーがウヨウヨしてますからねっ。

そんな中、6人で集結しトラットリア?的なお店に入り
ビールで乾杯。



メンズ3人





ピッツァはマルゲリータ。
こんな大衆的な店なのに…うまい!!
飛行機で動かずメシばかり食わされていたのに…うまい!!
腹が減って無くても…うまい!!





それと、イタリアで絶対に食べたかった「アーティチョーク」
和名では朝鮮アザミ。

イタリア語では「カルチョーフィ」
いやー、これ夢にまで見た本物!!
いつかアーティチョークを食べたいとずっと夢みてきた。
日本ではまずお目にかかれないね。

思い起こせば20年前。
いや、もっと前だわ。25年前かも。

雑誌、オリーブだったかアンアンだったか。
ともかくパリジェンヌ特集だったと思う。
アニエスbとか全盛だった頃じゃないだろうか。

その時にパリジェンヌのランチにアーティチョークの
サンドイッチがマスト、みたいなのが書かれていた。
サンドイッチっていってもバゲットですよ、パンは。
しかもなんかシャレた英字の紙に包まれて
歩きながら食ったり。

当時中学生だったか高校生だったかわたしは

こんなシャレたサンドイッチ、オラ見たことねえずら。
パンに何挟んでんだべか、アーティチョークってなんだべ。
パリジェンヌが食うもんだからオシャレなモンに違いねえずら。
いつかオラも大人になったら食ってみたいもんだず。
だけども歩きながら食ったら母ちゃんに怒られるっぺなー。

と思っていた。
大人になったしコ奇麗でコ金持つようになったが
一向にアーティチョーク食える気配なし。
つーか、日本では無理。

イタリアに行ったら幼い頃からの夢を叶える!と
ずっと思っていたので、即叶って嬉しい。
想像通り、わたしの好きな食べ物であった。

イタリアはフランスよりずーっとアーティチョークを
ものすごい食べる国であった。

さ、ビール飲んでワイン飲んでアーティチョークつまんで
疲れてきたのでホテルで休んで明日からの観光に備えます。

◆続く

 ※次回からのブログはもっとサクサクいきます。

帰国。
2017.01.21 [Sat] 13:25

ボンジョルノー!

無事に帰国しております。
楽しすぎて帰るのが辛かったー。

ブログはそのうちアップする、かも。たぶん。

チャオ!←完全にイタリアかぶれ。

*
2017.01.01 [Sun] 20:21

さて、イタリアにいってきます。

このご時世、何があるかわからないので
ブログは帰国するまで非公開にしておきます。

2017年も楽しんでいきましょう。

イタリア旅行準備@心構え編
2016.12.13 [Tue] 21:35

いやー、先週末はすごい雪でしたね。
そんな中、行ってきました。
初のジャニーズコンサート@関ジャニ∞




あー…ね、結果から言うと
わたしファンじゃなかったです。
アンコールの途中で退席→帰宅。

なんだかめっちゃ気になるので行ってみよう!
もしかしたらファンなのかも!?

結果:ファンじゃなかった。気のせいだった。

いや、仕方ないよ。
そもそもコンサート行くって決めてからやっとこ何人グループなのか
調べ始めて妹(ジャニーズ好き)にも手伝ってもらいながら
曲や振りつけの予習をしたんだもの。。。
(でもおベンキョーの途中で「くだらん!」ってリタイア)
顔と名前がイマイチ一致しないまま参戦。

次回は妹が大好きなNEWSに付き合おうと思います。←懲りてない

けどさ、いつも色んな人に言ってるけど、NEWSって
1人バカボンそっくりな子いない…?
パパじゃなくバカボン。
名前知らないけどwww



さて、イタリア旅行まで着々と準備を進めているようでいないような。
教会でおこなわれるコンサートの手配したり(なぜかドイツ経由で)
レストランの予約を入れたり。
為替の動き読んでユーロに換金しにいったり。ぼちぼちと。

トリュフをたっぷり食べるレストラン予約したかったんだけど
お正月休みで予約取れずに悲しい。。。
完全にフリー旅行なので手配は全部自分でチマチマと。
わたし、あんまり計画とか立てるの苦手でね。

まー、あとはローマでのディナーの予約1件と
wi-fiレンタルの申し込みくらいでいいかなー。
どうかなー。

まぁね、実際に行けばどうにかなるんです。
海外旅行10年ぶりだけど。
初のヨーロッパだけど。

イタリアはあまり治安がよくなくて、スリやひったくりなどの
軽微犯罪が横行しているそうで。

それを知ってイタリアって、景気悪いのかねぇ…とか
ボケーッと思っていたら、イタリア人とゆーのはとても高給取りで
オシャレと美味しいものがだーーーいすきな陽気な人々で
主に犯罪をおかしているのはジプシーなのだそう。

ジプシーってよく聞くけど何ー?と思っていたが
日本に住まう単一民族の我々にとってはまったく
馴染みのない、知らない世界、わからない世界なのだが
古くは14世紀の頃から北インドの方からカースト制度の最下層の
人たちが流れこんできて国を持たない放浪の民族(?)とゆーことらしい。
異邦人なのでヨーロッパでは徹底的に差別を受けている人々。
第二次世界大戦ではドイツにユダヤ人同様に虐殺の対象となった。

そのような人々が物乞いや押し売り、スリなどをして
イタリアで生計を立てているそうな。

国を持たない、祖国を持たないとはどのような気持ちなのだろう。
日本でも貧困は確実にある。あるだろう。
しかしわたしたちは日本国民だ。
祖国を持たないのは自分のアイデンティティを揺るがすのだはないか。

などなど、考えてしまい旅行前にこんなことを深く調べ
陰鬱な気持ちになる。

しかし旅行者のわたし
ちょっと振りむいてみただけの異邦人@久保田 早紀

申し訳ないがかまっていられない。
身にかかる火の粉は存分に払う。
差別とかではなく。

特に日本人は押し売りやスリの対象になりやすいとのことで
万全の準備が必要と思われる。

でね、わたしね、押し売りとか難癖つけられたら
ただヘラヘラ笑ってNO〜〜、って言うのなんて嫌なの。

普段から気が強く性格の悪さは札幌◎区代表に選ばれてもいいと
思っている。

しつこくされたら「うせろ!このクソ野郎!ぶっとばすぞ!」って
言いたい。
日本でそんなしつこく押し売りされたら確実にどなり散らすし
胸倉掴んでるもん。
とゆーわけで、めちゃくちゃイタリアの汚い言葉ばかり勉強している。
もうね、確実に旅行の準備の方向性間違えてるって自分でも思っている。
でも仕方ない。
言いたいこと言わないと。

言いたいことは絶対に言うと決めているので
結果、行けばどうにかなると思っているのだ。

ただの押しの強いオバハンだっちゅーことだダ。



あとでもう少しこまごまと準備したモノやコトについて
更新します。

いつか誰かがイタリアに行くための参考になればね。

本のお話。
2016.12.03 [Sat] 21:25


旅行記が終わったので久しぶりに本のお話。

+

ジェーン・スー著「貴様いつまで女子でいるつもりだ問題」読了。

もうね、これはね、読んで欲しい。
すべての女性、否、女子たちに。

「板垣死すとも自由は死せず!加齢すれども女子魂は死せず!」

わたしはぼちぼち40の背中が見えてきたアラフォーなので
ものすごく笑ったり考えたりしながら読んだ。



来月、1週間ほどイタリアに旅行へいくので準備などをしている。
読書もイタリアに向けて準備。

旧約も新約も聖書を読んだことがあるので名画がとても楽しみ。
わたしね、聖書も読むしブッダの言葉も読むし
日本書紀も古事記も読んだ。
たぶん、宗教の成り立ち?みたいなが好きなんだろうね。

そんなわたしなのでコーランをめっちゃ読みたい。
だけど、時期が時期なので公安に目をつけられたらどうしよう!
みたいな勝手なビビリで手に入れることもできず。
いつか読めたらいいけれど。

わたし自身はなんの宗教も持たないが
ざっくりとキリスト教、仏教、神教、の読み物として
一番面白いのは聖書だと思う。
これはね、単純にファンタジーとして面白い。
旅をし仲間が増えて奇跡が起きて、とゆー観点で。
そりゃめっちゃ信者増えるわー。

…あー、ごめんなさい!ごめんなさい!無宗教なんで
完全にそーゆー風にしか捉えてません!!

ちなみに日本書紀なんか後半、神々のことなんかどうでも良くて
恋の歌ばっかり読んでいるしょーもないことが延々と書かれている。
ほんとにのどかな時代ですなぁー、ってゆー。
これはラブコメとして読むと面白い。
ホレタハレタの大騒ぎ。

で、読書ね。
若い時、20代前半にフィレンツェ在住の歴史小説家である
塩野七生の本をたくさん読んでいるので
地味にイタリアの歴史に詳しい。
15年以上経過して現地に行くことになるとはねー。

学校でマキャベリの「君主論」はみんな習ったと思うが
わたしは塩野七生スタイルでマキアヴェッリ、と覚えている。
ルネサンスどんとこーい!くらいに読んでいるが
最終的にコンスタンティノープルの陥落くらいは再読したい。
(最近、塩野七生のエッセイは本棚から引っ張り出して読んでいる)

あとは映画とか?
ありがたいことにわたしの母はわたしが子どもの頃に
名作映画をよく見せてくれていたので
「ジュリアス・シーザー」も「ロミオとジュリエット」も
「ローマの休日」もすべて小学生の頃見せてくれた。
小学生に「ジュリアス・シーザー」を見せるってすごいよね。。。
でも鮮烈な印象だったのでよーく覚えている。
(一緒に見たはずの妹はまったく記憶にないらしいが)

ローマでシーザーが暗殺された場所がレストランに
なっていて、そこでご飯食べる?とか夫と話してたくらい。
見てみたいよねー。

そんな感じで読書をイタリアモードにしたいのだけれども
今読んでいる本が、義経記…。

…いや、広島いったじゃん?
厳島神社って平清盛が作ったじゃん?
あの頃って、平家が栄華を極めていた
平家にあらずんば人にあらず!の時代じゃん?

今まで色んな人が書いた義経記を読んできた。
広島から帰ってきて、当時の平家ってやっぱすげーなー。
これを源氏が巻き返していくんだもんなー。

…義経記よも。。ってゆー思考回路。

ちなみに、今回読んでいる義経記は町田康の「ギケイキ」
義経記を読んだことない方にも大変とっつきやすくて
面白いのでおすすめー。

平泉にいったことがあるんだけど、また行きたいなー。
ここまで逃れてきたのか、と切なくなる。

あ、ほんと読み物をイタリアにシフトせねば。

ヒロシマ:Day2-2,Day3
2016.12.02 [Fri] 16:43

来月の海外旅行が迫ってきていてそちらの準備をぼちぼち始めている。
1週間の長旅だし12時間飛行機に乗るのでなるべく快適に
過ごしたいので荷物は少なめに、それでいてリラックスできるように。
並行してレストラン調べたりオペラを予約したり。
やること多い。



とゆーことで、広島2日目後半。
山も登ったしお参りも済ませた。
完璧。
あなごめしで多少は動揺したが、それ以外はパーフェクト。

夕方になったのでお宿にチェックイン!
お世話になった宿は「錦水館」



http://www.kinsuikan.jp/index.html

「オトナの休日」とゆープラン。
こちらね、フロア自体がお子様NGで大人のための贅沢フロア。



お部屋も広々ゆったりー。
トイレも洗面所もお風呂も独立して別の場所なので
なまらあずましいべさー。



眺めはこんな感じー、大鳥居が近い!


ルームチェックインのため、ウェルカムドリンクやスイーツを
いただきながらチェックイン…なんだけど



スイーツよりこちら。





やれやれ、やっと座れたわぃ、ってとりあえずの1杯。

甘いのはあとでいただきまーす、って冷蔵庫に入れて
翌朝まで忘れて帰りに慌ててかきこむように食べた。



しかも、お茶菓子のもみじまんじゅうもお土産にもらって
帰ろうって言ってたのにまんまと忘れるしね。
ほんっっと甘いものに対してまるで執着のない我々。


沈む夕日を眺めながら酒が進むわーっ。





温泉に入り夕食。
夜はライトアップされた大鳥居を眺めながら地ビール。
これね、800円くらいだったけど、超美味しかった!



お食事メニューはこんな感じ。





次々運ばれてくるお料理は↓



どれもすーっごく美味しかったー。
新米の「桑田米」が特に美味しかったね。
目の前でお釜で炊き上げてくれるんだけど、感動した美味しさだった。
ほとんどよそに出回らない幻のお米だそうですよ。

お腹も満たされこの日も爆睡。。。



朝5時くらいに起床。
朝風呂に入りビール。



朝のお参りをする。
友人Kの旦那さんが厳島神社に行くなら満潮と干潮の時間を
調べたのか?とかなんとか言っていたらしいが
ハテ???
まるでわかっていなかったがどちらにしても朝お参りしようと
思っていたし、しかも早朝が干潮の時間にあたっていたので
大鳥居まで行けるー。つくづくツイてるー。





海だったところを散歩する鹿。





この友人の後ろにある山の横顔が御釈迦様の横顔だそうですよー。
(ブラタモリ情報)

美味しい朝ごはんを食べチェックアウトしてから
絶対に行こうね!と決めていた牡蠣屋へ。
http://www.kaki-ya.jp/

両親が宮島にいったときにここの牡蠣醤油を買ってきてくれて
「あなたが絶対に好きな店だと思うよー」と言われていた。

ワインと牡蠣を楽しめるオシャレなお店です。
なので宮島を出る前に焼き牡蠣とシャブリ。



※夜っぽい雰囲気だしてますが、昼です。10時半くらいww

ワインを飲んでフェリーで宮島を出て、宮島口からJRに乗り
(このとき、うえの発見)
広島駅に到着。

お昼は友人Kが熱望していた汁なし坦々麺。
彼女の汁なし坦々麺にかける情熱たるや…。
流行ってるっぽいよね?
札幌でも敷島ビルにあるよね、専門店。

さー!食べます!…ってまたビールね。







粘りが出るまで和えるのだそうです。
うまいー!辛いー!花椒がビリビリしびれるー!

お腹一杯。
なのに「さぁ!最後のミッション!お好み焼きを!」と。
もうね、無謀なのよ。

でもお好み焼き半分にシェアしてつまみながらビールなら
なんとかいけるのか、も?
でもどこもお店は混んで空港までのリムジンバスの
時間も気になるところなので、お好み焼きは持ち帰りで
焼いてもらい、空港で食べながら飲んでダラダラすることに。



…お好み焼きが焼かれるのを待つ間、別のちょい飲み屋で飲む。
※夜っぽい雰囲気出してますが、しつこいようですが14時くらいです。

焼きあがったお好み焼きをもってリムジンバスで広島空港へ移動。

移動中にJALからメールが届く。
わたしの乗る羽田から札幌行きの便にトラブルがあり
出発時間が大幅に遅れるよ、つーか、時間未定。
早めに振替できる人は早い便に乗ってくださーい。
とのこと。

お、おう。
それならまずは広島から羽田の便を早めなければならないじゃないかー!
ひー!

広島空港についてJALカウンターで状況を確認し
1本早い便(今から20分後発)に振替できたので
羽田発のも1本早めてもらうことができた。
(まぁ、やり取りは色々あったけど。)

色々っつーか、状況説明したら研修中と書いてる新人の子が
「羽田のことは羽田で確認してください」とにっこり笑顔で
言うので、わたし怒ったよね。

いやいやいやいやいや!!
羽田ついてからなら間に合わないし、おたくの会社がメールして
きたんだよ、わからないなら上司に確認してきなさいよ。

そしたら上司でてきて乗り継ぎ特約みたいのでスムーズに
変更できた。
新人め、何を考えているんだ…。

そんなこんなで、わたしのは手配できたので
じゃ、彼女のも1本早めてちょうだい、と友人Kの手配に入ると
お断りされた。

お客様は羽田が最終目的地なので乗り継ぎ特約などはないので
このまま次の便で。

いやいやいやいやいやいや、だって空席あるでしょうよ。
交換してよ、と言っても旅行会社でとった航空券だからとか
しのごのいって無理の一点張り。
めっちゃ空席あるのに!?

ギャーギャー言うもわたしの手荷物検査の締め切りもあり
わたしが中に入り、結局交換できないチケットを持ったままの
友人Kも入る。
まさか、旅の最後に広島で別れることになるとは…。

「お、お好み焼きどうすんのよ〜…」とビニール袋ぶら下げて
茫然としている友人Kに「旦那さんにあげてーーー!!」と
「空でwi-fi繋がったらラインするからーーー!!」と
わたしは搭乗。
そして、wi-fi対応の飛行機じゃなかったっつーねwww

1人、広島空港でわたしの乗る飛行機を見送る友人Kが撮影した
動画があまりにも物悲しくゲラゲラ笑ってしまう。



見送りながらビールだしね!



そして「アルムが乗るはずだった座席にお好み焼きおいたよ」と
写真も…。



まぁ、このあと羽田に乗り継ぎまちのわたしと1時間後に
広島から到着した彼女とは無事に顔を合わせることができた。
(と言っても、すぐ乗りこむところだったけど)

本当なら帰りの飛行機で、広島って素晴らしかったね
食べ物もとっても美味しかったし、すごく良いエナジーもらったね、
また行きたいって思う素敵な街だねー、なんて総括もできたが
羽田で我々が顔を合わせるなり言いあったのは
「なにあの態度!J×Lし×!!」っつー文句の嵐。

まー、でもこれも含めて我々らしい旅だたような気もする。
ほんと、細かいバカバカしい珍道中エピソードって
他にもたくさんあってとにかく笑いすぎて顔が痛くなるくらい
楽しい旅行だったなー。

信頼している大好きな友人と旅行に行くって本当にステキ。
面白すぎてね。
また何年か後に絶対に実現しようね、って言っている。

東京と札幌で離れているんだけど、わりと会えるよね。
今月も会うし。
しかもクリスマスお互い1人なので絡まって遊ぼう。
美味しい日本酒飲んでイルミネーションみようね!キャハッ★



ながながと続いた広島旅行記にお付き合いいただき
ありがとうございました!

次回からはコスメと海外旅行準備編です。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アルム
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
2017年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ