息子の気持ち

August 25 [Thu], 2011, 4:25
家を出る(もうすでに家賃は払っている)のにお金が無くてまだ家にいる息子。なかなか父親に頭を下げる事ができない。意地になっているよりも、自分一人じゃ何もできないという無力感や情けなさ(家賃の引き落としも父親名義でと不動産さやんに言われたので)が大きい。それに加え地震のために仕事がますます大変になって話をする暇もない夫への彼なりの気遣いいいのか悪いのか優しすぎるし甘過ぎる彼。そんな息子と義援金の話になる。「いろんな詐欺があるから気を付けなきゃね、寄付も確かなところを通さないと」という私に「俺はもうコンビニでやったよ」と息子。「へぇ、偉いね。いくら」と聞いたら、諭吉さんだってビックリバイト代が入ったからとはいうもののバイト代はきっと諭吉さん4人ぐらいよ。生活の全てを親に頼っているのにでもね、偉いね。としか言えなかった。そんなことより自分はどうするのと言いたいところもあるのも正直な気持ち。でも我が家で真っ先に行ったのも彼。でも何を言われても自分が今できることをやっただけ、きっとそれが彼の正直な気持ちなんだろうな。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:xexoejz614
読者になる
2011年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/xexoejz614/index1_0.rdf