田平と千葉和臣

April 06 [Wed], 2016, 0:33
せっかく探偵が問題なく仕事をしていても、依頼者側に落ち度があって、パートナーに気づかれてしまって、浮気相手と会うのを控えたりして、証拠が揃わないこともあります。探偵が浮気調査をする場合、絶対にあなたの望む結果になるとは限らないのです。成功しなかったときの調査にかかった費用についても、契約書を作る際に探偵と依頼者で決めておくことがポイントです。浮気調査の費用節約というと、事前にある程度自分で調査を済ましておくようにしましょう。難しい調査ではありません。ただ、パートナーの行動を毎日記録するだけでいいのです。毎日、仕事に出掛けた時間、帰宅してきた時間、電話がかかってきたならば、掛ってきた時間と通話していた時間も記録しておきましょう。尾行料金の相場はと言うと、何人が調査に関わるかにもよりますが、1時間で1万円から3万円ほどと考えてください。当たり前のことですが、調査員が1人であれば安く、多くなるほど高くなります。また、尾行のために車やバイクを使うと、別途交通費や車両費の名目で請求があがってくることがあるので、確認が大切です。だいたい浮気調査の調査期間は何日ぐらいなのかというと、平均で3〜4日かかるといわれています。しかしこれはあくまでも平均がそれぐらいだという話です。調査の対象者がとても用心深かったりすると、1週間から1か月くらいまで期間が延びてしまうことがあると思っていてください。逆に、浮気する可能性の高い日が特定済みの場合は、1日で十分な証拠が集まることもあります。どのような行動をしているか記録することで浮気の裏付けができることもあるでしょう。毎日の行動の仕方には、ほとんどの場合決まったパターンがあります。しかし、浮気すると、そのパターンが揺らぎます。時間帯や曜日に注目し、パターンが崩れたところを断定ができたら、行動をしっかりと観察すると、浮気の証明ができる可能性が上がります。探偵の特徴としては、不審に思われることを避けるようきめ細かく配慮しながら根気よく調べていきますが、興信所の特徴として身辺調査や企業調査が多いために、先に身分や目的を開示してから正面からの調査を行う傾向にあります。探偵と言うのは、人の行動を調べることに長けており、興信所はというと、対象に関する情報の収集に適していると考えることができます。成功報酬の条件で浮気調査を探偵事務所に依頼したら損しないかと言うとそうでない場合にも遭遇します。成功報酬と言えば、一般的には調査を不成功で終わった時、お金を払わなくても済むので依頼者は損をしなくて済むように感じます。ですから、成功報酬というシステムの探偵事務所のみを、見つけている人もいるのです。探偵に浮気調査を依頼して、相手が言い逃れできないような証拠を得ても離婚した方がいいと、簡単には言えないものです。その中でもお子さんがいらっしゃるご夫婦の場合、旦那、妻の浮気が発覚したからといって離婚というものはそう簡単なものではありません。養育費も期待するほど貰えないことが多いですし、理由をつけて支払われないことも多いですから、一人で育てていくのは容易ではありません。男手一つで育てることも、また同様に仕事と両立しながら上手くやっていくのは難しいでしょう。慣れないことを自分でやるよりは、浮気調査は経験豊富な探偵に頼んだほうがいいでしょう。専門家である探偵にお願いすると、浮気の証拠を確実につかむことができます。自分が浮気の証拠をつかもうと調べてみても、パートナーが浮気していることくらいはわかるでしょう。でも、パートナーに詰め寄っても浮気の事実を認めようとしなかったら、有利な条件を引き出して離婚することは不可能です。そのためにも確実な証拠が絶対に必要なのです。奥さんが夫の浮気の現場に踏み込んで惨憺たる状態になるのは、小説やドラマでしばしば目にします。夫人の浮気現場にご主人が乗り込むことになると、殺傷沙汰にまでなってしまうサスペンスドラマも少なくありません。浮気の現場を直接つかまえるのも1つの方法でしょう。離婚まで覚悟しているならば、実行する余地はあるかもしれません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:メイ
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/xewihtlatarbyp/index1_0.rdf