FUJI '06 の思い出 (初日) 

2007年07月17日(火) 20時48分
ごぶさたしとりました〜綾です。
流れ的に私が書いていいものかちっと考えもんです(笑)

さーて、7月も中旬。心はすでに苗場。
今年も行くぜ、行きやすぜ〜FUJI ROCK FESTIVAL!!
楽しみで、楽しみでしょうがないよ!!

石かと思ったら全部カナブンとか〜
結構前から場所取りしてたくせに、蜂が飛んできただけで場所取り諦めて取り乱しつつ逃げ出す人とか〜
ライブ見ないで山の上から何回も転がってる人とか〜
朝も5時から酔っ払って叫んでいる人とか〜
修行並(?)の水シャワーとか〜…色々いろいろ…

またあの生活が3日間待っているかと思うとたまらんです!
すっげー楽しみ!!アハハハハハハハハハ!!

そんな訳で、去年初参加したFUJI ROCK。
あれからもう1年です。
よし。これからFUJI前に私の去年のFUJI模様を振り返って、勝手に自分の中で盛り上がりたいと思います。

頭チリチリワクワクテカテカ 

2007年07月13日(金) 18時19分
どうもこんばんは。初頂上、いや初登場の者です。名乗るほどの名前もございませんがとりあえずお付き合い下さいませ。嫌な方はアクセルさんのでっかい写真でも見て気分を落ち着かせて下さい。
そこ、鬱陶しいとか言うと引きこもるから優しくしてお願いだから。座右の銘は他力本願ですが緊張しすぎて「他力」という言葉を「やり気」と打ち間違えました。手がアル中さんみたいに震えておりますが、それはきっと今週末に控えたガンズ・アンド・ローゼスのライブが近いからだ。そうだそうだ。

長かった。4月にチケットをウキウキでとってから約2ヶ月。長かった。いや、14年に比べたらそうでもなかった。


某ヨーガクプラス(伏せてないぞ)にアクセルさん来日の動画、といいますか成田に到着直後の動画がアップされておりましたが、アクセルひとっことも喋らずのっしのっし歩きながら(多分)缶ビールを開けて外は明るいのにカメラ回っているのにあおっていらっしった。

どう見てもおっ●んだ。●93だ。どうしよう。幕張メッセがもの凄く不安になってきた。機嫌悪くなったらどうしよう。なんて今から不安がっとるビビリです。

ガンズ。イヤ凄い。6月のね、公演なんだけどね。

最初からやる気が‥やる気というか機嫌これ悪いんでないのか‥‥

ものっそいテンション低くて聴いているだけなのにスピーカーの前で正座し直しました。
メッセ大丈夫か、自分。モッシュに混ざって正座している奴がいたら私だと思って頂ければ間違いございません。いっそのこと「サムライ!!ハラキリ!!」と言ってもらえるくらいの姿勢で行きたいと思います。乞うご期待。


ちなみに友人に「ガンズ前座はムックだってさ」と言うと、「なんであのもさもさが前座?頭チリチリつながり?」という素晴らしい返答が返ってきたというオチで締めくくらせて頂きます。てかそっちのムックはアクセルさんが知らないだろう。
おあとがよろしいようで。ではまた。

(コーンヘッドM)

こんにちは 

2007年06月23日(土) 20時51分
はじめまして!XEPHYRに入らせてもらってから約一週間たったムラサキです。よろしくおねがいします。
さいきんあった出来事といえば、赤坂DIAMOND MOONに初めて行って来ました、いやあ、ずっと気になっていたんですけど、ちょっと遠いし。でもやっと行って来ました、
ダイアモンドムーン!!!E.YAZAWAの店!!!限定オフィシャルグッツ!!!
‘‘‘でも、、、実は、、、ぜんぜん歌知らないんだよね。でもいいじゃん!!!タオル欲しいし、、、
というわけで行ってきました、まずお店に着くと細長く薄暗い廊下があり、(横にはガラスに刻まれたYAZAWA年表)ドでかい扉お開けると1階にバーがあります、平日の夕方だったこともあり、ガラガラでした。我々は、ひとまず2階のグッツ売り場へ、、、イやあ、ありました、いいものだらけ、たとえばYAZAWAジッポー、YAZAWAマイクスタンド型ボールペン、YAZAWAツアートラックラジコン、YAZAWAワイン、後、もちろんT-シャツ、タオルもあります、僕はYAZAWAガチャポン2回(キーホルダーとストラップ)そして、なにより胸に★のマークのT-シャツ(通称ヒビヤ)GET!!!タオルは次回にということで、あきらめました。
そして1階に降りてビール(もちろん、プレミアムモルツ)で乾杯しました。お酒もおつまみも安くておいしかったです。目の前には、大きなスクリーンがあり、たぶん貴重だと思われる70年代のTVライブ(日比谷のリハーサルといってた)や、去年の武道館などが流れてました。見ていて思いましたがけっこう知ってるモンデスネ、YAZAWAの歌、のっちゃいましたよ、まじで、3時間クギズケ、、、
というわけで最近の出来事でした、でもほんとおもしろいので、いってみてくださいね

はじめまして 

2007年04月10日(火) 20時43分


こんばんは、初投稿のタイソンです。
最近、
ジョン・バトラー・トリオの「GRAND NATIONAL」が
発売されました。
前作の「SUNRISE OVER SEA」ですっかりあの
心地よい雰囲気にやられてしまって、
こりゃ買わないかんぜよ、と意気揚々と
レコード屋にむかって買ったのは弱気に輸入盤。
やっぱり安いし、輸入盤セールだったしさ。

今回も前作と同じく、というよりは
ジョンさんの基本路線として地球を守ろう、自分を見直そう、愛を感じるのさ、
は変わってないんですが、すこしサウンドから泥が落ちたように思いました。
一曲目の「BETTER THAN」から弾きまくりでスピード感がありながら
リズミカルなメロディーで耳の中が美味しいことになります。
サーフ系として扱われていることが多いJ・B・T、
ちょっとそっち系はあんまりなんだよねぇーな人でも、
こいつらは緊張感もあるし、ゆるゆる過ぎずですから大丈夫ですよ。
タブラや、ディジリドゥの音も確か入ってましたな。

地元のオーストラリアではもの凄い人気らしいです。
今年もフジロックに出演決定!


SCISSOR SISTERS@ZEPP TOKYO 

2007年04月04日(水) 16時22分
ごぶさたしておりました。綾です。
書こう書こうと思って丸2ヶ月ですか〜では、微妙に古い話を…

私の今年最初のライブは1月25日、ZEPP東京でありましたSCISSOR SISTERS(シザー・シスターズ)でございました〜
(ちなみに去年の最初はフランツ。何かかぶってる。)
去年FUJIで見てみようと思っていたんですが、KULA SHAKER(クーラ・シェイカー)をレッドで見て力尽きましたので単独は行ってみようかな、と。



何と言いますか、普通に面白かったです。笑った。踊った。
よくある表現で「巨大なダンスフロアに変身」って言われますが、まさにそれ。
ステージには大量のピンクのチューリップが飾ってあり、花の香りが充満してて、ジェイクは特注だろうディズニーキャラクター柄の白いスーツで、アナはゴールドの煌びやかなドレスを着て踊りまくるもんだから、何だか別世界に引き込まれたような錯覚に陥り、そりゃーこっちも踊りたくなるってもんだ〜(笑)
他の観客も何かいつも行くようなライブとは様子が違う。いやに原色のピタっとしたのを着ている人が多数。始まる前から楽しませてもらいました(笑)あと外国人の方が多かった。
途中少しダレたとこもあったけど、ほぼ全編ダンシン、ダンシン♪

NME Awards 2007 

2007年02月01日(木) 3時10分
2月ですね。
何だかんだで今年初書きの綾です。
大変遅くなりましたが今年もよろしくお願いします。

さて、今年もこれから色々な賞の発表の季節ですね。
そこで目に付いた"NME Awards 2007"のノミネート発表の話題を…

今年もまず目に付いたのはOasisノミネート!

Oasisは今年も最優秀ブリティッシュ・バンドにノミネートです♪
去年もノミネートしてたんですが(他4部門ノミネート)最優秀ビデオで『The Importance Of Being Idle』が受賞しただけだったけど、今年はどうかな〜
今年は1部門だけみたいですね。そっか、そっか。

他、最優秀ブリティッシュ・バンドにノミネートされているのが…
Arctic Monkeys、Baby Shambles、Kasabian、Muse。
去年受賞のArctic Monkeysが今年も獲るんでしょかね?Museかな?

あ、Oasisか。そっかそっか♪

ジザメリ復活!! 

2007年01月25日(木) 15時55分


久しぶりのゼファー・ブログ更新です。

リード兄弟の確執により、1999年のツアー以降解散状態となっていたジーザス&メリー・チェインが今年4月に行われるコーチェラ・フェスティバルで再結成することになったようです。
一昨日からこのニュースを聞いてから取り乱している7cmです。

これは私にとって今年1番の事件かもしれないです。
2年前にリード兄弟の妹、リンダ・リードがシスター・ヴァニラとしてデビュー。
そのデビュー・アルバムにリード兄弟が全面参加し、ジザメリ復活の期待をしたものの、実は全面参加をしたといってもジム/ウィリアム兄弟はほぼ顔を合わせることもなかったらしく、曲もリンダ+ジム、リンダ+ウィリアムでの共作となっていて、曲自体もジム/ウィリアム兄弟それぞれ、「STONED AND DETHRONED」路線、「MUNKI」路線と方向性もバラバラで落胆しました。
とどめはリンダがインタビューで「いまだに兄弟仲は良くなく、ジザメリ再結成も多分ない」と発言。完全に再結成をあきらめていただけに今回のニュースには驚きました。

兄弟仲が心配ですが、後はどんなライヴをやってくれるかが本当に楽しみです。ないとは思いますが来日公演に期待です。あったとしても兄弟どっちかがいなくなってたりして…。でも、こんな心配が出来るだけで非常に幸せです。

7cm☆

ザ・モンキーレンチ 

2006年12月24日(日) 20時45分



7cmです。

今日の1枚はマッドハニーのマークとスティーヴが結成したプロジェクト、モンキーレンチが2000年に発表した2ndアルバム「Electric Children」のご紹介です。1992年に1stをリリースしてから8年ぶりの再始動で、マッドハニーがゴタゴタして活動休止の時期だっただけに待望のアルバムでした。モンキーレンチではマッドハニー以上にガレージパンク色が強く、マークもスティーヴも単純に楽しんでいるといった印象です。この2ndアルバムは1stよりもさらにガレージ色が強く、1曲目の「Solar Revelations」から小細工なしのロックンロールを聴かせてくれます。

来日時のロフトでのライブも本当にかっこよかったです。マッドハニーもしばらく来日していないので来年こそはぜひ来日してください!



7cm☆

ザ・スクリューズ 

2006年12月23日(土) 20時45分




7cmです。

最近よく聴くCDは元ゴーリーズ、現ダートボムズのギターボーカル、ミックコリンズが1999年に結成したザ・スクリューズです。
ミックコリンズ以外のメンバーも物凄く、ギターは元レッドアンツのテリウォール、元ジョニーハッシュのマーティームーアがドラム、ダンブラウンがベースというガレージ好きには堪らないメンツ!この1stアルバムを出してしばらくしてから来日公演も行ったが、このときは確かメンバーが2人変わっていたはず。その後、2ndアルバムを出したがカヴァーアルバムだったのでこの1stアルバムは超貴重です。

内容はミックの得意なブルース、ガレージ、パンクを凝縮したようなギターに黒人独特のドス声ボーカルでとにかくスゴイ!この前後のダートボムズでのミックは少し精彩を欠いているような気もしますが、このアルバムではミック節全開でオススメの1枚です。

7cm☆

初めてのヘヴィメタル 

2006年12月15日(金) 0時12分
お久しぶりです、綾です。
師走は本当に忙しいですね。
言い訳はいいとしまして〜…

私は本当に最近までジャンルとしてHM/HR、メタル系の音楽は自らは全く聴かなかったんです。聴かないし、知らないし、興味もないってな感じで…;

しかし!最近、ひとりに興味を持ってしまいました。
それはメタルファンなら知らない人はいないヴォーカリスト。

グラハム・ボネット!!!!
お恥ずかしいことに最近まで存在すら知らなかったです。
仕事でちょっと調べ物をしてたらちょこちょこ出てきたんです、グラハムが。
最初は『…ん?何かおかしな人がおる…』と興味を持ち少しずつ調べていくと、何とも生き様がかっこいい男…いや、漢だ!と感動し、火がつき、その日の仕事帰りにレインボウの『Down To Earth』と、アルカトラスの『Alcatrazz』を買い聴いてみるとこれまた物凄い声をしとる!と感動。
超新参グラハムファンのいっちょあがりです(笑)