プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:xejbvmggqznmbx
読者になる
2010年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる
新監督ブランが、仏協会との契約書にサイン / 2010年06月27日(日)
 フランス『レキップ』紙が26日、フランス代表の次期監督に内定していた元ボルドー監督のローラン・ブランが、フランスサッカー協会との契約書に正式にサインしたと報じた。就任式はまだだが、これで事実上、ブランがフランス代表の新監督となったことになる。契約は2年で、さらに2年延長のオプション付き。当面の目標はウクライナとポーランド共催で行われるユーロ(欧州選手権)2012の本戦出場権獲得だ。

 1998年ワールドカップ(W杯)と2000年ユーロを制したフランス代表の要だったブランは、いままで以上に、「強いフランス復活」の期待を背負っている。W杯南アフリカ大会でのフランス代表の失態で、現在、協会の体制変革もさけばれているため、今後の予定はまだ正式決定していないが、ブランの就任式と仕事開始の時期は7月上旬と見られている。ブランの初仕事は8月11日のノルウェーとの親善試合で、最初の公式戦は9月3日に予定されたユーロ予選の対ベラルーシ戦の予定だ。

 一方、やはり26日、08年ユーロ敗退時の代表監督候補の筆頭で、昨季はマルセイユ監督としてフランスチャンピオンとなったディディエ・デシャンが、リバプールからオファーを受けたというニュースが流れた。リバプールは、ベニテス元監督がモリーニョの後釜としてインテルに移ったあと、後任者を探していた。

 マルセイユ会長のダシエ氏は「確かにリバプールの理事であるクリスチャン・パースロー氏から電話を受けた」と認めたが、デシャン本人はうわさに過熱する時間を与えず、同日の昼前に、来るシーズンに他クラブに移るつもりはないことを明言した。
「わたしはマルセイユで気持ちよく働いている。わたしは一発屋ではなく、監督たるものはある程度の持続期間の中で、展望を持って仕事をしなければいけない。それが、わたしが望んでいることだ」

 デシャンの契約はいまのところ11年までで、クラブは現在、契約更新のためデシャンと交渉中だという。03年にモナコを率いてチャンピオンズリーグ決勝を行きを成し遂げたデシャンは、就任初年度に18年間無冠だったマルセイユにトロフィーをもたらし、監督しての手腕を確証して見せていた。

-Kayako Kimura from France-

【6月27日1時44分配信 スポーツナビ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100627-00000000-spnavi-socc
 
   
Posted at 03:49/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!