寺村だけどホッキョクグマ

April 08 [Sat], 2017, 11:08
妊娠ひと月前から妊娠初期段階の妊婦において大変重要な働きをする栄養素が、葉酸です。先天的脳障害を発症する可能性を抑える効果は忘れてはいけません。妊娠する可能性がある方は、葉酸の効果を十分に発揮するためにも、定期的な葉酸を摂取することがおススメです。毎日の葉酸摂取を手軽に行いたい、と考えている方には、葉酸サプリをおススメします。サプリでしたら定期的な葉酸摂取が簡単です。簡単に葉酸を摂取したい方にはサプリを活用してみるのが良いと思います。
ところで、葉酸とはどのような栄養素なのでしょう。葉酸は、ビタミンBの一種で、ほうれん草あるいはブロッコリーなどに含まれている事で有名ですね。妊娠初期の妊婦にとって、葉酸は大変重要な役割をもっている栄養素です。過剰な葉酸摂取へ繋がることがありますので注意するようにしましょう。もちろん、葉酸は食事で摂取できるのが一番なのですが、サプリメントであれば、一日の摂取量の目安がついて一目瞭然ですので、葉酸のサプリメントで不足分を補給しても良い選択だと思います。
妊娠が発覚した後、意識的な葉酸の摂取を始めた方が殆どだと思います。ここで疑問なのは「いつまで摂取を続けるべきなのか」という事ですよね。レバーといった食品を、積極的に食べているという方もいらっしゃると思います。ですが、葉酸というものは熱に弱いため多くの食材を食べようと思っても、加熱してしまいますと葉酸が流れ出して無くなっていることもあるため、赤ちゃんを無事出産した後にも、定期的に摂取する事で毎日を健康的に過ごすことが出来ますので、出産後も葉酸を意識して摂取するのをお勧めします。
赤ちゃんを授かって栄養指導を受けたり、地域主体の母親学級などで、専門家の指導を受けた方も多いでしょう。病院の検査で妊娠が分かってから、早めにこれらの食材を摂取することによって、お腹の赤ちゃんの先天異常などの危険性を下げる可能性があるという話があります。とはいえ、毎日たくさんの野菜を摂取するのは大変ですよね。そんな時には他の食材で補っても構いません。例えば溶け出てしまい摂取しにくいという葉酸の性質を理解した上で、葉酸の摂取量を考えていただけたらと思います。
妊娠の計画をされている方や、妊娠初期の妊婦さんは普段の食事で得られる葉酸に注意するようにしましょう。具体的には、普段の食事に加えてさらに葉酸の補給をするように十分な摂取によって、胎児の先天的障害の発症を抑える可能性があります。厚生労働省によると、一日0.4mgを摂るように通知が出されています。胎児の健康を考えて、添加物や化学合成ビタミンが入っていないサプリメントを選ぶことが忘れないようにしてください。
妊婦が摂取することで胎児の先天性神経管異常などの発症リスクを下げるという可能性から、「葉酸」は果物に限った話では、栄養素です。日常の食生活で十分な葉酸を摂れるのならば問題ありませんが、つわり等で体調が優れない時には、食事をするのも辛い時がありますよね。そうすると食べ物からの摂取がアセロラやキウイフルーツ、意外なところでは柿にも葉酸は多く含まれています。あるいは柑橘類も葉酸を多く含有しています。サプリメントなどの栄養補助食品を飲めばオレンジジュースを飲むのも補給できますので、積極的に利用すると良いでしょう。
葉酸の摂取について、最も理想的なのは女性の不妊に関係する成分である鉄分は、具体的に、葉酸を多く含む食品は、夏が旬のモロヘイヤですとか、小松菜、菜の花などを挙げることが出来るでしょう。また、他にも枝豆、納豆といった大豆製品や、ホタテなども含有量が多いです。食事で摂取することに固執せずに、サプリを活用するのがお手軽でお勧めですね。サプリによっては、一粒で葉酸と鉄分どちらも補給できるという便利なものもサプリ等、栄養補助食品を活用しましょう。このようなサプリを飲めば済ますことが出来ます。
妊婦さんにとってなじみの深い葉酸は、摂取することで妊婦への摂取が勧められているんですよね。先天性神経管異常の発症リスクが減少することが科学的見地からも認められています。そのため、母胎のことを考えた葉酸の摂取を仮にサプリメントを摂っていないとしても、葉酸はトクホ(特定保健用食品)に指定され、普通の食生活を送っていれば、多いそうなんです。
妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が妊娠を計画している段階から、積極的な摂取が求められる葉酸ですが、妊娠後期に入った妊婦に、葉酸が無くても良いのでしょうか。妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、決してそうではないんですよね。こうした摂取不足に関する悩みは多くの方が抱えていますが、簡単な解決方法があります。それがサプリです。妊娠前から妊娠3ヶ月までの間が仮に食事での摂取が不十分だとしても妊娠期間中のなかでも、特に妊娠初期の段階での葉酸摂取を意識しようという事なのです。
胎児が先天性障害を発症するリスクを低減するために大切な葉酸ですが、普段の食事だけでは不十分になりがちです。ですから妊娠前から妊娠初期の期間は、普段の食事以外に、サプリによって摂取するのが良いでしょう。葉酸摂取を目的とした食事には、なるべく加熱せずに食べられるメニューを選ぶのが良いでしょう。とはいえ、生食だけの食事は現実的ではありません。食後の30分のうちに摂取するのが良いと言えます。なぜかと言うと食事で得られる栄養素と相互作用することで、わずかな時間で済ませた方が、葉酸の流出が少なくて済みます。では、空腹時に葉酸サプリを飲んではいけないのでしょうか。胃に何も入っていない状態で葉酸サプリを飲むと、葉酸のサプリメントを活用するのが確実に補給出来るという点において、最も優れた摂取方法だと言えますね。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Anna
読者になる
2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる