一期一会。

August 31 [Wed], 2011, 1:01
残暑お見舞い申し上げます。涼しい日が続いた分余計にぶり返した暑さが身に堪えますね。母の手術からヶ月が過ぎ、当の本人はかなり元気になりました。元気になった分私ら夫婦に対しての小言っーか文句っーか憎まれ口が増えまして、元気になるのも考えものだなと真剣に悩んだりしたりなんかしてそんな中、四国は香川の従弟が叔母さんを連れて我が家にお見舞いと言いますか母の様子を見に来たのですが、何と外国人の女性も一緒だったんですよ。うちに外国の方が来るなんて初めての事で嬉しいやらちょっと緊張するやら従弟は専業農家をやっていまして彼女はそこで働いているインドネシアからの研修生。ご両親は二人とも学校の先生をやっておりレストランや農場まで経営しているとか。小さい頃から日本の漫画やアニメを観て育ち日本への憧れを強く抱いていたそうです。大学では日本語を勉強し、今回の農業研修の為に四国の方言まで学んだと言うから驚きです多民族国家のインドネシアは宗教も様々で彼女はイスラム教徒だそうです。イスラムといえば今はラマダンの真っ最中。お菓子やお茶なんて口にしてもらえるのかななんて思って差し出すと普通にパクパク何でも従弟がラマダン禁止令を出しているとか。ただでさえ暑苦しい月、しかも太陽が照りける野外での農作業するのに断食なんて無謀以外の何物でもないですからね。実際ラマダンをやらなくても日本の夏の暑さは赤道直下のインドネシア並みに厳しくその上湿気が酷いので倒れそうになる事が度々あるとか。従弟も大変で、豚を食べる事が出来ない禁じられている彼女の為におやに出すお菓子もポークエキスが使われていないかどうか神経質になったり、日本人特有のこのくらいでええでという曖昧さを理解してくれないとか思わず吹き出してしまうような苦労話がてんこ盛り。途中保育園から帰ってきた小さな怪獣こと我が息子望実が乱入して大賑わい母がこんなに笑ったのって何年ぶりかな時間ほどの滞在でしたが忘れることの出来ない良い思い出となりました。彼女この後ヶ月程で研修を終え帰国するそうなんです。インドネシアに帰っても頑張って欲しいなぁ言われなくても頑張るだろうけど望実もいか海外に出て自分磨きしてくれるだろうかその前に父ちゃんが頑張ってうんと稼がなきゃだね
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:xe0wmdoyjm
読者になる
2011年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/xe0wmdoyjm/index1_0.rdf