老化が引き起こす症状や病気”頚椎症”

February 20 [Wed], 2013, 1:51
50才代に突入すると、今まで普通にできていたことが急にできなくなることがあります。老化は見える老化と見えない老化がありますが、見えない老化対策はとてもやっかいですね。白髪が増えたら白髪染め、老眼になったら老眼鏡と対策ができるのですが、なんとなく身体がだるいとか、食が進まなくなったとかの症状は、単なる老化なのか、病気なのかわからず、病院へ行くのも迷ってしまいがちです。

関節や骨の異常も、目に見えるようで見えないものですよね。四十肩や五十肩という症状があります。急に肩に痛みが走って、上に手を上げられなくなるのです。昨日まではなんでもなかったのに、今日起きたら突然腕が上がらなくなっています。私の周りにも、そんな肩の痛みを訴える人が大勢いますが、病院へ行かなくてもシップや軽い運動などで自然に治ってしまう人もいます。しかし、中には、頚椎症という病気だという人もいます。

頚椎症は、首の骨の一部が変形してしまうことで、神経や血管に影響をし、肩や腕に痛みやしびれが発生する病気です。ケガによることもあるそうですが、老化による骨の変形であることも多いそうです。四十肩や五十肩と同じような症状なのに、頚椎症はとても深刻です。自然に治るというものではありませんから、通院して根気良く治療を続ける必要があります。ひどい場合には、手術をしなければいけません。

痛みや症状は人それぞれですから、早めに病院で診てもらうのがよいですね。老化によっておこる症状のうち、目で判断できないものはたくさんあります。年は取りたくないものですが、避けて通れることではありませんから、日頃から、健康を意識して過ごすことが大切ですね。私は、白髪や老眼が現われたら、身体の内部にも多くの老化現象が現われていると思うようにしています。そして、それらの対策のために、食生活に気をつけたり、運動をしたりするようにしています。年をとったら、ちょっとしたことでも変化に気をつけて、気になったらすぐに病院で診てもらいましょう。


頚椎症のリハビリ

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:xdrgg222
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/xdrgg222/index1_0.rdf