プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:xdpceuqaqnoabl
読者になる
2010年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
『YouTube』、開発者向け Blog で Flash 支持を表明 / 2010年07月02日(金)
Google の『YouTube』部門は6月29日、Web 開発者を対象とする公式 Blog 記事で、Adobe Systems の『Flash』を強く支持する姿勢を明らかにした。策定が進んでいる HTML5 規格については、まだ Adobe の『Flash』プラットフォームに十分取って代われるものになっていないと主張している。

Google のソフトウェア エンジニア、John Harding 氏はこの記事で次のように述べている。「われわれはかなり以前から、HTML5 の取り組みと <video> タグに大きな期待をかけてきた。今では、YouTube の動画のほとんどが HTML5 プレーヤーで再生できるようになっている。この作業を通じて分かったのは、<video> タグがオープン スタンダードに向けた大きな一歩であるとは言え、動画配信においては Adobe の Flash プラットフォームが重要な役割を担い続けるだろうということだ」

HTML5 の <video> タグが動画ファイルの扱いをブラウザに任せるのに対し、Flash には YouTube が効率の良い動画再生表示のために必要とする精度がある、と Harding 氏は語っている。

また同氏はほかにもいくつか例を挙げて、なぜ YouTube が HTML5 よりも Flash を支持するのかを説明した。

たとえば、アプリケーション コードとリソースを安全で効率のよい1つのパッケージにまとめられる『Flash Player』は、外部の Web サイトに YouTube の動画を埋め込む際に重要な役割を果たしてきたという。

さらに、Hading 氏は Flash がすぐれている点として高精細動画のフルスクリーン表示を挙げ、次のように説明している。「Flash Player には、ハードウェア アクセラレーションを利用したフルスクリーン表示を可能にする多彩で安全な制御機能がある。ほとんどのブラウザにはフルスクリーン モードがあるが、JavaScript で起動させたり、(動画再生プレーヤーのように) ページの一部分に表示された動画を画面全体に拡大することはできない。このところ、『WebKit』がフルスクリーン モード対応に向けていくらか前進を見せているが、まだ動画再生 (特に、コンテンツを動画に重ねて表示し続ける場合) に利用するには不十分だ」

【7月2日11時41分配信 japan.internet.com
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100702-00000007-inet-sci
 
   
Posted at 12:47/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!