猫 避妊手術 拘束具。

August 29 [Mon], 2011, 22:16
できるならば、したくなかったしかし、毎週週末になると発情してしまい苦しそうだったので、泣く泣く避妊手術を受けさせましたしかしながら人間のように安静にしてくれるわけもなく手術翌日から走り回る元気なのはいいんだけども手術の痕が痛々しい、というか傷口を思いっきり舐める※画像血ぃ出るヤン泣けるヤンかわいそうヤンというわけで試行錯誤して※画像。素敵ヤン感動するヤンしかしこれではトイレがうまくできないそこから、考えぬき至った結果が※画像天ぷらソバ仕様以外にイイ。これならトイレもいけるし傷口を舐めれない苦しいだろうけど、せめて抜糸するまでは、我慢していただきたいさすがに血ぃ出てるのを見ると気を失いそうになるほど悲しい早くはずしてあげたい、しかしながらうううううう見てられない包帯で帰ってきた時の様子。けなげヤン泣けるヤン
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:xdnw9q6gvt
読者になる
2011年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/xdnw9q6gvt/index1_0.rdf