甘い甘い恋をしましょう。 

2008年02月18日(月) 19時55分
君の意志の強さの程度など
熟知している。

それでも信じているよ。

まだ、あいつのこと切ってない現実や、
冷たい言葉と眼差しは別として。

誰に恋するのかな。
俺よりも無条件で優しくする男か
それとも、お前の好きなそれに良く似ている男か…
なんで、お前の本名をいくつもの客が知っているのか。
そんなものなのか?キャバ嬢とは。
嫌だと言った記憶がある。
俺がどう思っても受け入れてもらえないものなのね。

あれ、おかしいな。
なんで矛盾してしまうんだろう。
信じているのに。

どうしたら笑ってくれるかな。
顔上げてくれるのかな。

お前にとって俺が一番なんだと思っていいのかこれで。

ブログを始めてみる 

2008年02月11日(月) 11時07分
彼女がキャバ嬢になって2ヶ月。
不安で仕方なかった。
信用することはできた。
それでも不安だった。
素直で正直なはずの彼女が
ごまかすことを覚えた。
嘘をつくのが下手だから
何をごまかしているのかわかってしまう。
知らなかったら幸せなこともあった。

悩みすぎて円形脱毛がひどくなった。
今も日々大きくなっている。
それでも仕方ないのです。

ただ、客とかだけじゃなく、
始めてから、他の男と仲良くなっていくのが嫌だった。
彼女が風俗のスカウトから買ってもらったらしい傘を折ってしまった。
悪いとは思った。
だけどそれすらダメだった。
彼女はショックを受けていたけど、
ありえなかった。



けれど、彼女の生活は厳しく、
キャバをやっていかないといけないくらいだった。

だから、俺が必死で働いて、彼女を早く引っ越させることにした。
早い話が同棲して
楽にさせてあげたいのだ。

このブログにはそれまでの日常と、自分の考えを書こうと思う。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:xdjfx
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像 (・ε・`o)
» 甘い甘い恋をしましょう。 (2008年02月19日)
Yapme!一覧
読者になる