衝撃的な一夜。 

April 04 [Sun], 2010, 1:08
3月26日。
お互い予定が合わなくて1ヶ月ぶりのデェト。
どきどき。
仕事終って急いで来たから、ホワイトデーのお返し忘れたとか。笑
インド料理食べたこと無いって言うから、カリーを食べに行きました。
カレーが大好きらしく、超嬉しそうな笑顔。
中学生の時にトロを食べて、こんな美味いものが此の世にあるのかと思った以来の感動だそうで。
ちょっと…もう!なにそれ可愛いよ!

そのあと近くの夜景が綺麗なバーでまったり。

バーを出たのは夜中で終電間近。
駅に向かう途中、何度もキス。

飴が食べたいと云うので、彼はコンビニで飴と煙草を買う。
フランボワーズキャンディ。
一緒に食べる。
食べながらキスして来て、「交換♪」って。可愛い。
解合うキス。溶合うキャンディ。
今日のキスはフランボワーズキャンディの味。
忘れられない。
きっとその飴を食べる度に思い出す。

帰りたくないというので朝まで一緒。
手つきとか、触り方が、慣れてないなっていうのは思ってたけど
私は舐めるのが好きで、
アレを舐めてあげた時、顔を手で覆って女の子みたいに恥ずかしがられて
ちょっと不思議に思った。そして、それはいいんだけど
いざ挿れてしばらくしてから、急にパニックを起こして中断。
「ごめんなさいごめんなさい」
「どうしたの?」
「なんかもうわかんないけど空気壊してごめんなさい」
「人との壁が壊れるのが怖かったんだね」
「そうです、まさにそれです、さすがMちゃん」

過去の恋愛のトラウマや家族間のトラウマを語り出す彼。
彼の両親は離婚していて
子供の頃、離婚する前に険悪な状態で、母親が拒絶をしているのに父親が無理矢理求めている場面を目撃していて、悲鳴を聞いているという。
それにより、セックスに対しての罪悪感が刷り込まれ、
自分の正常な性的衝動も汚らわしいものだと無意識が思い込む。
人との距離を縮められず、心を結べない彼は、まず体を結ぶことで依存しようとしたが
実際にセックスを行った時にパニックを起こした。
今までは精神面でも物質的にもコミュニケーションが取れず、(精神病的な相手と遠距離恋愛など)さらに性的な行為を拒絶する女性ばかりに惹かれていた。
それにより父親への嫌悪感を行動化をしていた。
彼の無意識というかインナーチャイルドは性的な欲求を拒否され、傷つくことで今まで安定していたわけです。
そして語り終えた後、
「俺、初めてなんです。」
「え、なにが?」
「セックスが」
(まさか。…全く初めて!?)
「…え?うそ。ホントに?え?」
「はい」
あちゃーって感じでした。
達してないけど、筆おろししちゃったんだね。

私は衝撃を受けました。
バンドマンで、そこそこ格好良くて、遊んでそうなのに
こんな子が居るもんなんだと。。
いっぱいハグして、一緒にお風呂に入って、一緒に寝ました。
何とも云えない妙な背徳感に包まれて家路に着いたのでした。

ちなみに、ブログのタイトルはこの日のキスから取りました。
色んな意味で、とても印象的で忘れられない日です。

にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ
にほんブログ村

遅めのバレンタイン。 

April 03 [Sat], 2010, 5:04
2月21日。2回目のデェト。

ランチした後、店を出たら
手を繋いできて
あ、可愛いなって思って。

マカロン食べたこと無いって言ってたから
途中、ラデュレのマカロンを買ったの。

記念にプリクラ撮って

昼下がりの広場でくっついて日向ぼっこしながら
おやつにマカロンを食べて、行き交う人々を見てぼんやり。

日が落ちて来て
誰もいなくなった広場で
「そんなに顔近かったら、キスしたくなります。。。」
「ふふっ…いいよ」
って言って ちゅ。
…そのままいっぱいちゅう。

寒くなって来たから移動して、買い物して
ご飯食べにお気に入りのバーへ。

バレンタインにお菓子作ってあげるって約束をしてて
予定が合わなくて遅くなったけど
クランベリーチョコクッキーとくるみのブラウニーをあげました。
すごい喜んでくれて、嬉しかったなぁ。

お酒も入って会話も弾み、帰るには時間があったので
カラオケに行き、
まぁ歌う気にはならず、ちゅうしていちゃいちゃして…
盛り上がったところで
プルルルルル…と10分前の電話が鳴り(笑

帰る前に
「あぁ…こんなことになるなんて思わなかった…」
と顔を両手で押さえてまるで乙女のような台詞を。。

ていうか、言うことがいちいち可愛くってキュンってなっちゃうの。
なんでも新鮮…なんか甘酸っぱくて、高校生みたいでいいな。
ずっと年上の大人とばかり付き合って、学生の頃にそういう経験をしてないからかな。

ライブ。 

April 03 [Sat], 2010, 4:58
数日後、梅田でライブがあり、良かったら来てというので
久々にライブハウスに行ってみました。
なんか久しぶり過ぎて新鮮。
まぁまぁ格好良かったかな。
ちょっと顔見ただけで、忙しそうなので早々においとましました。

はじめまして。 

April 03 [Sat], 2010, 3:40
2月3日。はじめまして。

まぁネットで知り合った訳で、数日メールのやり取りをして電話で朝まで話して…
3日はお互い休みで、彼は夜はスタジオ、私はレッスンがあったので
昼から遊ぶことにしました。

パークスでランチして、服屋さんを見て、買い物に付き合ってもらって
そのあとカラオケ。
意外に歌がうまくていい声で萌えた。さすがバンドマン。
ガゼとかディルとかいっぱい歌ってくれて。
そのあとクレープ食べて、電車に乗るまで見送ってくれてバイバイ。
この日は普通に楽しかった。

帰って、
貴方のこと気に入ったから、これからも傍に居てほしいなってメールしたら
嬉しいです、俺も〜って内容が返って来たので るん♪でした。

出会い。 

April 01 [Thu], 2010, 20:35
1月末。
忘れていたペット募集のネットの書き込みにメールが来た。
ペット募集って一体なに…って感じですが、
愛でる対象物としてのペット。です。

前彼と別れて、しばらく恋愛はもういい、でも寂しいから誰か傍に置いておきたい。
そんな気持ちでした。

彼はそんな書き込みにメールをくれた訳ですが、
どうやら単に恋人募集だと思われたようで、そのようなお返事でした。
きちんとした文章で書かれていたので、普段なら返さないけど
返してみたんですね。
恋人ではなく、ペットを探している。
理解しがたい世界かもしれないけど、
それでもよければお返事下さいと。

でも折角のご縁だからという返事があって、写メ交換して、やりとりが始まり。。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:xchatx
読者になる
2010年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる