スウェーディッシュ・エルクハウンドで菊川道路工事

September 12 [Tue], 2017, 21:41
インプラント治療を希望する代表例として、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいといったケースです。

例えば、ブリッジ治療をするためには義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。

インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯のみに働きかける治療と言えます。

他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいと考えている患者さんには、インプラント治療を優先して良いでしょう。

インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなのでほとんどの患者さんは、手術後、人工物を入れられた違和感を感じています。

腫れが引いた頃には慣れてきますので、変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるようにひたすら辛抱が大事です。

十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。

指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。

入れ歯で食べることに抵抗がある、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にも適用されるのがインプラント治療です。

チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから人工歯をつける治療で、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を要求する方に向いています。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:雄大
読者になる
2017年09月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる